「小平でヘッドスタンド!」〜浩司とみっち。の新作発表会〜

最近、アタシの心に降りてきたものを
歌ににして演奏します。
当日、石川さんと二人で即興で作ったりもする⁈
今までで最も刺激的なライブになりそうです!

2018年5月25日(金)
open 19:00 start 19:30
<出演>
石川浩司(うた、ギター、パーカッション)
みっち。(うた、ギター、踊り、etc)
<料金>
2500円+1オーダー
<会場>
COFFEE&MUSIC ローリングビーンズ
〒187-0045
東京都小平市学園西町1-16-14
※西武多摩湖線「一橋学園駅」南口より国分寺方面に歩いて徒歩3分
<ライブのお問い合わせ・ご予約>
rollingbeans67@gmail.com
mitch_geek@yahoo.co.jp

※ご予約の方は、件名を「5月25日ライブ」として、
お名前、人数、ご連絡先を明記の上お申し込み下さい。
※万が一ご予約をキャンセルされる場合は
必ずご連絡をお願いします。
☆小さなお店なのでご予約をお勧めします!

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

みっち。の日々

4月2日
昨夜の双葉双一さんの演奏と
佇まいを思い出す。
長野まで行ってよかった。
アタシもアタシしか出来ないライブをやりたい。
ネオンホールにもまた行きたい。

4月5日
伊勢くん、英理さんとホメリでライブ。
お客さんは少なかったけど、
とても良い時間になった。
三人で出した音や踊りを
ライブに来た皆さんが
いい感じで受け取ってくれて
それをまたアタシ達に返してくれた。
ホメリでしか出来ないライブってある!

4月6日
夜、tea Romaで
みっち。のLive JAMの
補足のトーク部分を収録。

4月7日
写真家・内藤忠行氏と秩父を散策。
まず、坂下先生のところに行って、
高野くんが働いている武甲酒造、
泰山堂カフェから
友人達がお花見をしていた羊山公園へ。
その後、荒川村の清雲寺へ。
しだれ桜が咲いている木もあったけど、
メインの老木の桜はまったく残っていなくて、
枝も短くなっていてさびしい感じだった。
最後にtea Romaに行った。
内藤氏と話していると、たくさん刺激をもらう。
カラスの糞の写真が面白かった。
連続で見るとダンスみたい。
アタシがこれからやっていきたいことは何だろう?
やりたいことにガッツリ向き合いたい。

4月8日
築地俊造さんの追悼ライブに行った。
RIKKIが誘ってくれたおかげで、
アタシは築地さんと同じステージに立てた。
お話しすることも出来た。
築地さんの映像が流れた時、涙が溢れた。

4月18日
十輪寺で「たよなひて」と花まつりのリハーサル。
五十嵐さんが用意してくれたインド式カレーが
とても美味しかった。
今日は体調が悪くて、
リハーサル行けるかな?と思ってたけど、
カレーを頂いて、みんなと演奏して、
リハが終わった後、
五十嵐さんの娘のももちゃんとふざけ遊んでいたら、
元気になった。

4月22日
tea Roma5周年記念ライブの日。
Alanと種ちゃんを迎えに行ったら、
西武秩父駅がごった返していた。
いつもなら、tea Romaまで5分くらいなのに
30分もかかってしまった。
チガ地団駄とのライブはとても楽しかった。
もっともっと演奏したいくらい楽しかった。
オーナーの今井さんもうれしそうでよかった。
and、
ボブ錦のために作った新しい化粧まわし、
サイズが合っていてほっとした。

4月25日
山梨までドライブ。
農カフェhakariでランチして、
パモニルパフに行って、
パンテーブルに行って、
マネキン堂に行った。
たえちゃん、リュウタくん、ルイくん、
陽子さんに会えてよかった。
人に会って話すのはいい!
電話もメールもダメだ。
今年は山梨にたくさん行こうと思う。

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

みっち。の日々

3月18日
アレハンドラさんと
オーナーのお墓まいりに行った。
やっと行けた。
不思議な感じがしたのは、
そのお寺がうちのお寺と同じ名前だったこと。
同じ名前はいくらでもあるかもしれないけど、
縁を感じた。
カフェ・イ・アルテのOBと
また一緒に行こうと思う。

3月19日
一年振りのピアノの調律。
調律が終わった後、
ただ、和音をパーンと弾いただけでも
とても気持ちよかった。
音がキラキラしてる。

3月28日
月のうさぎの10周年ライブ。
太鼓の高野くんと
ヴァイオリンの太田さんと。
太田さんは広島から帰京した足で
秩父にいらっしゃった。
しかも、アタシと高野くんの予想よりも早く
到着…ビックリした。
リハーサルもしっかりやって
三人でいろいろお話しも出来て
ライブをした。
とても楽しかった。
オーナーの大畑さんも
お客さんも楽しんで頂けたみたいだった。
※今日、初めてテイラーを弾いた。
まだ、一体化出来てないので、
もっと何とかしなくては!!!
一人で演奏するライブが
もっとたくさん出来るように
切磋琢磨しなくては!!!

4月1日
前々日、体調を崩したので
半分諦めていたが、
結局、長野にいる。
どうしても双葉さんが観たいのだ。
初めて来た場所だからなのか、
ここまでは思ったよりも遠かった。
ネオンホールは、
大地くん達がライブした時に行きたかったお店た。
どんなお店なんだろう?
グーグルマップで調べたら、
善光寺にも近そうだ。
とにかく歩いてみよう。
初めての場所はワクワクする。

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

みっち。の日々

3月3日
ホメリで仰天トリオライブ。
田島さんとるっちゃんと一緒のライブは
不安な要素が全くなく、
楽しみだけ待っているが、
今日は不安が一つだけあった。
ホメリ近くの駐車場が見つかるか、
どうかである。
見つかったのだ!!!
目指していたコインパーキング、
最後の一台だった!
しかも、その直後、
早い時間にも関わらず、
二人のお客さんに会えた。
幸先が良かった。
この流れが
今日のお客さん総立ちライブにつながったんだと思う。
みんなぐるぐる回ってくれたし、
アタシ達以上に楽しそうだった。
アルジーヌも楽しかったみたい。
ハマー作の特製ひし餅を
アルジーヌが急遽用意してくれた
お雛様セットに飾ったことも
とてもよかった。
こんな凄い日はなかなかない!

3月4日
今日は仰天トリオの秩父ライブ。
今日はシルバー世代が多かったので、
「マジックフィンガー」で
ぐるぐる回って頂くのは無理だと思っていたが、
半分以上のお客さんがぐるぐる回った。
達成感!!!
るっちゃん、田島さんとの
次のライブは決まってないが、
またすぐにでもライブしたい。

3月10日
発酵醸造未来フォーラムに参加。
坂本大三郎さんのトークと
山川冬樹さんのパフォーマンスが目的。
それと、王子に行ったことがなかったというのも
アタシの参加したい気持ちを駆り立てた。
大三郎さん以外の方のお話しも面白く、
会場はなかなかは入れない建物だったし、
知っている人は一人もいなかったし、
久しぶりにワクワクした。
山川さんがパフォーマンスした地下室は
とても冷んやりしていて
蛍光灯が薄暗く光っていた。
その中で山川さんは
イギルを弾きながらホーミーをしていた。
途中でオデコを叩いたり、
息を止めて、心臓をバクバクさせて、
電球を光らせたり、
シンバルを爪先で鳴らしたり、
かっこよくてセクシーだった。
山川さんのパフォーマンスが終わった後、
一階に戻ったら大三郎さんに会えた。
アタシの顔を覚えて頂いていたみたいでうれしかった。
その後、2回目の山川さんのパフォーマンスも観てしまう。
流れはだいたい同じだったけど、
2回目もとてもかっこよかった。
セクシー大事!!!

3月12日
まず、御茶ノ水で探す。
予算は2万円。
そう決めていた。
2万円のギターでも
まあまあ音は響いた。
しかし、10万円を超えるものを
試奏させてもらうと、
そちらの方が良いわけで…
店員の兄さん方が言うとおり、
ギターの材質が違っていたのだ。
「よく考えてまた来ます。」と
いろんなお店で言った。
吉祥寺に行く前に
今日は買うのやめとこうかな?
と思ったけれど、
前に行ったことがある渋谷の楽器屋さんに
行ってみることにした。
そのお店でも試奏させてもらった。
接客してくれた店員さんはギタリストで、
アタシの選んだギターで、
いろんな曲を演奏してくれた。
そして、他のお店の店員さんと同じく、
高いギターの方が材質が良くて
響き方も違うと説明してくれた。
「これが欲しいんですけど、
自分の予算をかなり超えていて…」
と言ったら、
値引きしてくれると言った。
しかも、アタシが思っていた以上にだ。
もしかしたら、
彼の作戦だったかもしれないけど、
重いギターは嫌だ、
小さいギターがいい、
音が良く響くのがいい、
という条件をしっかり聞いてくれて、
わからないことがあったら、
いつでも来て下さい。と言ってくれて、
ギター買ってよかったと思った。
そして、夕食食べてから
今までずっと弾いてしまった。
気付いたら3時間…。

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

みっち。の日々

2月18日
「たよなひて」のアルバム発売記念ライブにゲスト出演。
アタシは一人で、
和菓子屋の娘のうた、
百合子先生山羊つれて、
工場の屋根で鳩が鳴く、
月夜に咲いた音、
お犬様を歌った。
その後、
「真黒毛ぼっくす」の大槻さん達に
混ぜて頂いたり、
「たよなひて」でピアニカを吹いたりした。
大槻さんの歌は素敵だった。
酔っ払ってフラフラで残念な瞬間もあったけど。
アタシはやりたい放題。
大槻さんにチューしたり、
いきなりドラム叩いたり、
シラフの酔いどれだった。
五十嵐さん夫婦+よーちゃん+たえこさん=たよなひては、
マイペースでとても良い感じ。

2月23日
今、奄美にいるのが不思議だ。
秩父から羽田までが長かった。
品川で京急線に乗り換える時、
母がJRのホームに降りていこうとしたので、
「お母さん!こっちだよー!」って
大声で叫んだのは恥ずかしかったけど、
その声が母に届いたのにビックリもした。
とにかく、無事に奄美に着いてよかった。

2月24日
けんいちの50歳の誕生日。
中村瑞希ちゃんが歌った後、
けんいちと二人でステージに上がった瞬間、
とても恥ずかしかった。
けんいちと
「和菓子屋の娘のうた」と「よるのおさんぽ」を
演奏した。
楽しかった。
ライブの途中で、母とアシビを抜け出して、
ホテルに戻る。
結局、アシビには戻らないで、
グリーンストアーに買い物に行って
今、戻ってきたところ。
終演後のお誕生会は盛り上がったのかしら?

2月25日
朝、酷い雨。
ハシケントリオの最後の最後の
「ワイド節」から踊りで参加した。
「ワイド節」が始まると
もう会えない人を思い出したり、
過ぎた時間が蘇ってきたり、
目の前にいるみんなの高揚した顔や、
遠くに憲吾の顔が見えたり、
とにかく、勝手にカラダが動いた。

2月26日
母を連れて古仁屋までドライブ。
突然、訪問したのにもかかわらず、
RIKKIのお母さん、妹の裕香ちゃんが、
普通に迎え入れてくれて、
お昼ご飯をふるまってくれた。
ものすごく美味しくて
いつもの倍くらい食べてしまった。
その後、たんぽぽやぁに寄った。
ちえみちゃんは、
「はじまりのはじまり」をかけながら、
お掃除をしていた。
古仁屋港周辺を散策してから名瀬に戻る。
夜は、弟と「みっち。のLive JAM」の収録。
河村さん、ベチコにも一曲参加して頂いた。
収録はアーマイナープロジェクトの北郷さん、萩原さん、
アシビのスタッフのみなさんにご協力して頂き、
アシビで演奏もトークも録音させて頂いた。
とても有難かった。
島のみなさんにはお世話になりっぱなしだ。

2月27日
午前中、正一さんのお墓まいり。
たくやさんに墓地までの行き方を聞いて、
和仁さんに書いてもらった地図を見ながら
向かった。
正一さんのお墓はクリスチャン墓地の中にあった。
静寂した時間。
春の風を感じた。
正一さんにまた会いたい。
いつか会えるのかな?
空港に向かう途中、麦の実に寄って
母が好きなよもぎあんぱんや、
秩父に戻ってから食べるパンを買って、
まだ搭乗まで時間がたっぷりあったので、
龍郷集落に入る。
海が近いので母が喜んでいた。
ソテツ群集の山が怖かった。
西郷さんが住んでいた家にも行ったし、
アタシの秘密の場所に母を案内した。
秘密の場所は菜の花が綺麗に咲いていた。
途中でけんいちが合流して、
空港で見送ってくれた。
久しぶりの奄美。
母は楽しかったんだろうか?

| | コメント (0)

2018年2月23日 (金)

みっち。の日々

2月11日
HONZI LOVE CONNECTIONと同じく
「春が来た!感謝祭‼︎」も10回目。
第一回目は、父もまだこちら側にいたのだ。
毎年元気なおばあちゃん達がやって来て
母が作ったお赤飯やお餅や、
すあまや、黄味しぐれを
たくさん買ってくれる。
そして、アタシが作る福引きを
楽しんで帰ってくれる。
しかし、今回は残念なことがあった。
ずっと来て頂いていたKさんが、
数日前に急に亡くなってしまったのだ。
Kさんはお赤飯を自分の家族の分と
お友達にプレゼントする分を
予約していたらしい。
…おばちゃん、
もう会えないんだね。

2月14日
13時から
RIKKIと富樫さんでリハーサル。
途中から太田さんが参加して
三人でリハーサルして頂いた。
16時にAlanも来て、
HONZIのお兄さんも来て、
みんなで、
「ガティーラ・ガータ」のリハーサル。
富樫さんのピアノ、ファンキー!
今までにない「ガティーラ・ガータ」‼︎
しかも、アタシが歌って、
RIKKIにコーラスして頂くなんて!!!
その後、「雨で洗われた丸い月」を
アタシ、Alan、太田さん、HONZIのお兄さんと。
HONZIのお兄さんの大輔さんは、
二曲共、アタシの隣りで
チェロを弾いていて、
その音が聴こえてくると、
初めて聴いたのに懐かしい気持ちというか、
心が和むというか、
とにかく、ありがとう。と思った。
大輔さんに会えてよかったし、
大輔さんと演奏出来てうれしかった。
HONZIはいろいろ経験させてくれる。

2月15日
あらかじめ、決まっていた編成も
イベントだけの特別な編成だったけど、
トップバッターのトモくんの時間から
想定外のことが次々と起きた。
出演して頂いた方のほとんどが
譜面がなくても
すぐに演奏出来る方ばかりだったので、
一人で演奏するはずの方が、
5人編成になったり、
3人編成のはずが4人編成になったり、
HONZIのイベントらしい夜になった。
アタシは、
Alanと熊谷太輔さんと三人で
「小人の行進」、「海老痛」、
「DE LA SIESTA」をやった。
その後、本地大輔さん、熊谷太輔さんと
「じゃれあい」を演奏した。
(ソワレさんも「じゃれあい」を歌った。
とても素敵だった。)
そして、Alanと太田さんにも入って頂いて
「雨で洗われた丸い月」を歌った。
何度も泣きそうになったけど、
なんとか大丈夫だった。
でも、本編の最後に、
本地大輔さんと大輔さんの奥様が
HONZIのために演奏されている時は、
ステージの横でたくさん泣いた。
悲しいとか淋しいとか…
そういうだけではなく
感謝の気持ちも含まれていた涙かもしれない。
アンコールに
「ガティーラ・ガータ」をみんなでやった。
終演後、HONZIのお母さんとお話しした。
楽しんで頂けたみたいでよかった。

2月16日
MANDA-LA2に到着すると
熊坂ファミリーがもうサウンドチェックをしていた。
ほうすけくんはカウンターのところで宿題をやっていた。
「HONZI LOVE CONNECTION」は
ほうすけくんの成長の記録でもある。
今日のメンバーももの凄かった。
アタシは、河村さん、譲さん、るっちゃん、
ベチコ、大地くんの編成で、
歌わせで頂いたりした。
「灰の記憶」もその編成で歌ったのだが、
みんなの集中感が凄くて、
アタシは歌いながら、
違う世界に一気に跳んだ。
今日の本編最後の「ザペファラ」は
特別な編成で演奏して頂いた。
Alan、るっちゃん、スパン子ちゃんの
アコーディオン三台に、
河村さんがギター、コントラバスは熊ちゃん、
ほうすけくんと大地くんでツインドラム、
ヴァイオリンは、もちろん、ベチコ!!!
圧巻のパフォーマンスだった!!!
今日はヨタロウさん、映美ちゃん、
Abuさん、葉子さんも参加して頂いて、
もの凄く熱い時間になった。
ホテルに戻ってもう数時間…
まだ頭も体も興奮している。
眠らないままで秩父に帰る?

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

みっち。の日々

2月8日

HONZIのことをよく知らなかったから、
HONZI LOVE CONNECTIONを
続けられたんだと思う。
「続けてくれてありがとう。」
と言ってくれる人もいるし、
「まだ続けてたんだ?」
と言う人もいるし、
「亡くなった人は早く休ませた方がいい。」と、言われたこともあった。

HONZIと一緒に一度だけライブしたことがある。
彼女の凛とした感じを思い出す。
優しい歌声を思い出す。
今はもうない、「月の庭」でのこと。

イベントを始めた当初は、
アタシは歌っていなかった。
熊坂義人くんとスパン子ちゃんの「福」が演奏する時、
踊ったり、パフォーマンスしたり、
白崎映美ちゃんが歌った時、
踊ったりした。
アタシ以外は、
ライブやレコーディングの経験がたくさんある方ばかりだった。
忙しいリクオさんに、
セッション用の譜面を作って頂いたり、
HONZIと仲が良かったミュージシャンの方に
連絡して頂いたりもした。
良原リエちゃん、欣ちゃんにも
連絡を取って頂いた。
HONZIのおかげで
会えない場所にいる方に会うことが出来た。
そのお一人がスズキコージさん。
第1回目のフライヤーの絵は、
スズキコージさんに描いて頂いた。
しかも、
「ガイコツの女の子がヴァイオリンを弾いている絵を描いて頂けませんか?」と
図々しくリクエストした。
そしたら、
「ああ…それいいね~。」って
すぐにラフを描いてくれた。
コージさんのアトリエは、メキシコのものがたくさんあって、
懐かしい気持ちになったっけ。

大雪で秩父から出られなくて、
主催者なのにイベントに参加出来なかった回もあった。
時々、あの惨めな気持ちを思い出す。
あの日の会場はキチムだった。
出演者のみなさんにも、
キチムの奈々さんにもご迷惑をかけた。

大阪でイベントをやったこともあった。
HONZIの音楽は、
会場のムジカジャポニカにとても良く合っていた。
弟とキリングフロアのライブに遊びに行った時、
「HONZIさんのイベントは大阪でやらないんですか?」と訊かれて
開催することにしたのだった。
この時、マルタニカズさんの前で、
ドキドキしながら、「DE LA SIESTA」を歌った。
HONZIもオリジナルとまったく違う雰囲気にして
「DE LA SIESTA」を演奏してたけど、
アタシはさらに違う雰囲気で演奏するので、
原作者のマルタニさんに怒られるかも…と
内心ハラハラだった。

何回目かの時、
ヨタロウさんに
「これからのHONZI LOVE CONNECTIONに必要な人が来るから!」
と言われて
終演後に紹介されたのがベチコだった。

…10回も続くといろんなことがある。

今日はこれから16日の方のリハーサル。
るつこちゃん、ベチコ、河村さん、大地くんと
初めて歌うHONZIの曲をやる。
そこに譲さんも加わる‼︎
楽しみだ。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

みっち。の日々

1月13日
ホンキートンクで、
さよならカンパニーを迎えて
「みっち。のLive JAM」の収録。
「サーカス団と点灯夫」を歌わせて頂いた。
この曲で何度か踊ったことがある。
その時に観た風景と、
改めて詩をカラダに入れて歌った時の風景は、
少し違っていた。
「狐火」はアタシは声と鈴やタンバリン、ピアニカで参加して、
「おばけのワルツ」はピアニカで参加した。
「サーカス団と点灯夫」は、
ホンキートンクのマスターにも
ヴァイオリンで参加して頂いた。
さよならカンパニーの音楽が好きだ。
たくさんライブやってほしいと思うし、
また一緒にライブしてほしい。

1月17日
今年初めてのライブは、
伊勢くん、英理さん、スティーヴさんと
代官山WGTで。
WGTは予想以上に広くて
予想以上にオシャレなお店だった。
前回、伊勢くん、英理さんと三人でやった曲以外の
初めてセッションする曲も少なくなかったけど、
何度も4人でライブしてるみたいに
息がぴったりだった。
それは、伊勢くん、英理さん、スティーヴさんが、
大きなステージにも立ってらっしゃるし、
いろいろな方とライブされてるからだと思う。
とにかく、
アタシに合わせて頂いてるからなんだよな。
今日はもっと自分に出来ることがあったような気がして…
その気持ちを次のライブにつなげればいいのか…

1月21日
綾瀬のナチュラルカフェ・コンポステラでライブ。
お店に行く前に入ったお店で、
サンドイッチをこぼしながら食べていたら、
隣りの席のマダムに
「これをお使いになったらいかが?」と
紙ナプキンを渡された。
びっくりしたけど、とてもうれしくて
今日は良いライブになる気がした。
河村さん、ベチコ、るっちゃんと一緒のライブは、
ほんとうに楽しかった!
お店の良い雰囲気と
来て頂いたお客さんの良い雰囲気も合わさって
さらに楽しくライブした。
マスターもマスターの奥様も素敵だったし、
マスターと自分は聞いてきた音楽が一緒だったし、
コンポステラは居心地の良いお店だったなぁ…
また、ふらっと行ってみたい!

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

みっち。の日々

12月22日
tsugumiとトモちゃん、
二人のお友達のヒロミさんと
郡さん、カヨさんご夫妻の小平新文化住宅の
蓄音機鑑賞会と建物見学会に参加した。
ヒロミさんのご両親は喜界島出身ということで、
電車の中でもランチしてる時も
喜界島の話で盛り上がった。
オンナ4人だから、賑やか。
そして、アタシ以外はお着物着用だから
艶やか。
郡さんの蓄音機鑑賞会は、
夢の中にいるみたいだった。
CDで聴く薄っぺらな音ではなく、
壮大な世界観の音。
産まれたばかりの赤ちゃんの耳で聴いたような感じがした。
建物見学は、
こんなとこまで見せていいの?的な時間だった。
氷を使う冷蔵庫を初めて見た。
おトイレの壁は白いタイルでピカピカ。
カヨさんの書斎は、
一日中居ても飽きないくらいの
本がたくさん並んでいて、ガラス窓から見える空が
時間ごとに変化していく…
とにかく、素敵だった。

12月24日
サンタになってクリスマスケーキの配達。
目の悪いおじさんが、
「おっ!おねぇちゃん、かっこいいね!」と
今年も言ってくれた。
よかった!!!

1月8日
年末の疲れが一気に出たらしく
昨日はどうにもならなかった。
水分も摂れないのは辛い。
朝、少しふらふらしてたけど、
吐き気がなかったので、
ナタヨーガの研鑽会に参加した。
いつもと同じように、
ポーズもシーケンスも出来て、
お昼ごはんもみなさんと同じように食べた。
ただ、口数が少なかったかもしれない。
もっとみなさんとお話ししたかった。

1月9日
小鹿野の十輪寺へ。
「たよなひて」のどの曲にピアニカで参加するかの
打ち合わせをする。
ちょっと合わせてみようということになり、
五十嵐夫妻に演奏してもらって、
ピアニカを吹いた。
いい感じで出来そうな予感。

1月12日
「HONZI LOVE CONNECTION 10」の打ち合わせを
曼荼羅企画室の伊藤さんとした。
伊藤さんはアタシの足りないところを補ってくれるので、
ほんとうに有難い。
伊藤さんにサポートして頂けるから、
毎回、イベントが無事に終了する。
吉祥寺から池袋に移動して、
HONZIのお兄さんの大輔さんと、
イベントの打ち合わせ。
打ち合わせしたお店は、おしゃれなveganのレストランだった。
カラダに良くて美味しいものを頂きながら、
大輔さんといろいろ話した。
ご一緒させて頂く曲の確認をしたり、
今までどんな思いでHONZIのイベントを続けてきたかも
お話しさせて頂いた。
それから、
RIKKIのライブで奄美大島に行った時、
RIKKIのお母さんや妹にHONZIのことを知らないと思って話したら、
「ほんぢはお店の二階に長いこと泊まってたことあるよー。」
と言われて驚いた話もした。
帰り際、大輔さんが
「妹とみっち。は寄り添いながら旅を続けてるみたいだね。」
と言った。
大輔さんとアタシが話したり、
肩を並べて歩いてるところを見て、
HONZIがイタズラっぼく笑ってるような気がした。

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

みっち。の日々

12月10日
tea Romaで
河村さんのアルバムリリース記念ライブ。
我那覇美奈ちゃんも来てくれてうれしかった!!!
美奈ちゃん、初秩父!
お客さんもたくさん来たし、
盛り上がったし、よかった!!!
アタシは歌ったり、踊ったり、
ピアニカ吹いたり、
自由にさせて頂いて
ほんとに楽しかった!!!
河村さん、アルバムリリース心からおめでとう!!!

12月15日
奄美に夕方着。
途中、ジェラート食べたり、
ビック2に寄ったりして、
名瀬にはずいぶん遅く着いた。
夕ごはんは、
宿泊先の隣りにあるチキチキバンバン。
お好み焼きも湯豆腐も美味しかった。
お店に貼って頂いていたチラシと実物(アタシ達)を
お店の外国人スタッフが見比べてた。
…苦笑。

12月16日
ついに喜界島に着いた!
長島稔さんに美味しい喫茶店、
喜界島資料館、
眺めの良い場所(雨で景色はほとんど見えなかったけど)、
平らな山やまっすぐな道。
タジーの親戚のお家とおじさん。
そして、天降神社…
車でいろいろ連れて行って頂いた。
雨が降るのは予想してたけど、
まさかこんなに降るとは思わなかった。
特に天降神社を参拝した時と、
タジーのおじいちゃんのお墓詣りをした時は、
もの凄い大降りだった。
そして、サバニでのライブ。
稔さんのステージに乱入もした。
ヘッドランプ持って来てよかった。
アタシ達のことを全く知らないお客さんが、
真剣にライブを観てくれたこと、
楽しんで頂けたこと、
そして、サバニの栄さん、ミミさんに
会えたこと。
稔さんの優しさ。
胸がいっぱいになる。
タジーとるっちゃんと一緒に来れてよかった。

12月17日
昼の便で喜界島から奄美に戻る。
フライト時間はあっけなかった。
行く時よりもっと速かった。
途中、島豆腐屋さんでランチを食べて
名瀬に向かった。
今日はススムーチョでライブ。
家族連れの方が多かった。
弟も来た。
ふやよみのお二人の柔らかな演奏、
さとみちゃんの声、好きだ。
最初にふやよみに演奏して頂いて、
アタシ達がやって、
最後に一緒にやって、
お客さんも巻き込んで
ぐるぐる回って楽しかった。
途中、マイクから音が出なくなったりもしたけど、
仰天トリオメンバーなら何とかなるし、
アクシデントを良い方向に変えられる!
それにしても、
今日もお日様に会えないのは残念だった。

12月18日
12時からあまみエフエムに出演。
三人で「晴れ男のマーチ」を演奏したり、
楽しく出演出来たと思う。
今日は仰天ツアーの最終日でもあり、
新月の日なので、スタートでもある。
さっき、蔵の中で歌った時、
夢の中で歌っているような感じがした。
リハの前に、RIKKIの妹やお母さんが、
突然来てくれたことも関係してるかな?
まだ、演奏する順番が考えられない。

12月19日
喜界島も奄美の二本のライブも
お客さん集めは大変だったけど、
ライブの内容は濃かったと思う。
昨夜の酒蔵の柔らかい空気と
自分の声や自分達の音が
まだ、カラダにまとわりついている。
せれなちゃん達とあの場所で一緒にライブ出来てよかった。
「百合子先生、山羊つれて」も
歌ってよかったと思う。
正一さんが聴いていると信じて歌った。
それから、アタシが即興で歌い始めた時、
せれなちゃんが吹いたフルートの音…
ほんとうにうれしかった。
朝、お世話になったホテルを出て、
島豆腐屋に寄って、夢くれないに向かったけど、
お休みだったので、
道沿いの大きなレストランでランチ。
田島さんは伊丹行きの飛行機だったから、
空港まで見送って、
その後、るつこちゃんと原はぶ屋さんに行ってショウを観覧。
ピュアなるっちゃんは、
原はぶ屋のお父さんのペースにすっかり嵌められていた。
アタシも一番最初に観た時はそうだったような…
レンタカーを返す前にガソリンを入れる時、
よく聴こえないラジオから、
稔さんの「けらじみかんの歌」が流れてきて、
るっちゃんと狂ったようにゲラゲラ笑った。
しかも、その時、
なかなか会えなかったお日様が顔を出したから、
お腹がよじれるくらい笑った。
このツアー中、そんなことが何度もあって、
二人でゲラゲラ笑ってると、
田島さんが、その度に
「どーしたん?どーしたん?」って言ってたことを
またるっちゃんと思い出して、
笑い続けた。

| | コメント (0)

«みっち。の日々