2017年3月のライブ情報

「トキメキ ワルツ」
〜三人の音が芽吹いて絡みあって思わず踊ってしまいそうな春の宵〜
<日時>
2017年3月25日(土)
19時スタート
投げ銭制(+席料500円)
<出演>
磯部舞子(ヴァイオリン、他)
http://isobemaiko.com/#pagetop
熊坂路得子(アコーディオン、他)
http://rutsuko.main.jp/
みっち。(うた、踊り、ギター、他)
https://www.facebook.com/mitcharuturan/posts
<会場>
Cafe Muriwuiカフェ ムリウイ
〒157-0072 世田谷区祖師谷4-1-22-3F
Open: 12pm-9pm(火休)
ライブのない日は6pmまで

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

みっち。の日々

1月29日
吐き気がして何も食べられず。

2月5日
浜松へ。
東京→浜松まではこだま号。
大雨。
浜松駅からエスケリータまでバス。
バスはほとんど乗らないから苦手。
しかも、
バスで行ったことがなかったので、
ちゃんと到着するのか?
緊張感で乗車した。
エスケリータの最寄りのバス停で降りたら、
顔なじみの方々がいて、
一緒にお店まで行って頂けて助かった。
弟達のトリオの演奏は気持ちいい。
みんなを元気にさせる音楽だと思う。
全部のツアーについて行きたいくらい!
帰りのタクシーの中で、
ガチャピンさんのメロディアスなベースが心地よかったなぁ…
とか、
大地くんのドラムはきゃあーっ!って感じだったなぁ…
とか、
弟が高い声で歌っていた新曲よかったなぁ…
とか、
エスケリータのひろしとマダムは相変わらず面白いなぁ…
とか、
今日の出来事を反芻した。

2月6日
浜松から横浜へ。
ぷらっとこだまは、
途中下車出来ないとは知らなかった。
アタシのチェックミスなんだけど…
新横浜駅で降りようとしたら、
駅員さんに、
ここで降りたいなら
浜松からここまでの乗車代を頂くことになりますが、、、
と言われた。
その声がとても意地悪に聴こえて怖かった。
アタシはまた新横浜駅から新幹線に乗り、
品川駅で京浜東北線に乗り換えて
石川町に向かった。
30分以上の遅刻。
Kさんはアタシをじっと待っていてくれた。
イデホフ宅で15日の打ち合わせ。
企画室の伊藤さんに描いて頂いた
立ち位置の図を参考にした。
ほうすけくんは小さいドラムセットを叩くんじゃないんだね。
今回のイベントでギターを弾く人はいないんだね。
Kさんはヴァイオリンを弾きながら歌ったり、
生ピアノも使うらしい。
Kさんはイデホフに
「HONZIさんが演奏しているのを生で観たことがないんです。」
と話していた。
「ヴァイオリンを弾きながら歌ってる人の動画があるよ。」と
知り合いに教えてもらったのが、
高円寺のペンギンハウスで「ガティーラ・ガータ」を
演奏してる動画で、
それを観て衝撃を受けたと言っていた。
今までのイベントは、
HONZIとライブしたり、レコーディングしたり
した方に
出演して頂いた。
今回、初めてHONZIが亡くなった後に
HONZIの音楽を知った方に出演して頂く。
これは凄いことだ!!!
帰りの電車の中でもKさんと話した。
満員の電車の中で話してるアタシとKさんを
遠くから観たような気がした。

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

みっち。の日々

1月22日
かっちゃんが亡くなった。
お姉さんが電話をしてきてくれた。
お姉さんが
すみません、すみませんと何回も言った。
かっちゃんの声を思い出した。

1月25日
るっちゃん宅で2月15日のリハーサルをさせて頂く。
熊坂ママとお話しするのは楽しい!
まず、ママとお話ししてから
るっちゃんとリハーサル。
今回、「灰の記憶」を初めて歌う。
HONZIとまったく同じに歌うつもりはないが、
楽曲に込められでいるスピリットを
自分に反映させたい。
この曲、Kさんにベースで参加して頂けたら
いいなぁと思う。
ダメ元で訊いてみよう!

1月27日
まず、ららん藤岡を目指して
特産品コーナーでおやきを購入。
その後、喫茶「虫の音」を目指す。
赤城山は一つの山ではなく、
いくつかの山が合わさって
赤城山なんだと
サトチエさんが教えてくれた。
チーズケーキとチャイを頂いて、
「赤城山中腹」と書き初めをさせて頂いて、
心地良い時間だった。
アンダーソンさんにナビゲートして頂いて
「水星」を目指す。
軽くサウンドチェックしてから、
valoに向かう。
valoのお母さんもお嬢さんも
優しい笑顔で迎えてくれた。
前橋もホームタウンっぽくなってきた。
かべっこちゃんも
わざわざ会いに来てくれた!
あけちゃんのウクレレ弾き語りは可愛かった。
アンダーソンさんの歌は
アタシのカラダにずいぶん染み付いてきて、
歌えるようになってきた。
「四万十川」ではうっかりコーラスしてしまった。
自分の演奏もみんなの笑顔に支えられて
良い感じだったと思う。
光ることも出来たし、
アルバムも買って頂いたし、
とても楽しかった!
やっぱり、「水星」はパワースポットだ!

1月28日
あまみっけ。の日に行った。
島に行っても会えない友達や、
ご遠方から来ていた懐かしい方、
初めてお会いした方、
よく会える方々の笑顔にも…
ホールの中でもロビーでも
たくさん会えた。
楽屋でタクミさんが
屋仁川にいる時みたいに酔っ払ってて
可笑しかった。
しかし、
あの場所に弟がいないのが残念だった。

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

みっち。の日々

1月9日
ナタヨーガの研鑽会。
坂下先生のヨーガをやるようになって
呼吸は「吸う」と「吐く」だけでないことを
実感出来るようになってきた。
頭でわかっていたことが、
やっとカラダでもわかるようになってきた。
まず、日常生活で
美しい立ち振る舞いをしたい。

1月12日
振り付けの最終チェック。
足の動きと呼吸のタイミングが合うと、
かっこよく動けるんだなぁ…
今さら気付くの?と
自問自答する。
今さらでも気付いてよかった。
1ミリちょっとでも
進化出来ますように…

1月14日
奄美空港で知らない女性2人に出迎えられた。
「みっち。さん、菅原弘明さん」
とプラカードを掲げていた。
メキシコ空港以来の待遇。
初対面の菅原弘明さんと彼女達の車に乗って
一気に古仁屋へ向かう。
古仁屋のRIKKIのお母さんのお店でごはん。
途中で徳之島出身のHiROさんも合流。
全て初対面。
しかし、泊まる場所は、
「たんぽぽやぁ」だった。
また、祝さんに会えたらいいなと
思ってたけど、
こんなに早く会えるとは思わなかった。
夕方、はたさとみちゃんと青木薫さんが
たんぽぽやぁに来てくれた。
夜、RIKKIが名瀬から戻ってきて、
RIKKIの妹さんと子供達も来て、
明日のライブの流れを決めながら、
リハーサルをした。
HiROさんの振り付けは流石で
アタシは怖気付いた。
でも、子供達と一緒に踊るのが
楽しかったので、気持ちが上がった。

1月15日
RIKKIのライブ@アシビ
築地俊造さんに会えた。
凄い方と聞いていたので、
アシビに入って来られた時は
かなり緊張したけれど、
お話ししてみたら、
お茶目なおじさまで
お話しするのがとても楽しかった。
幸田さんの読み聞かせと、
菅原さんの演奏でRIKKIの歌、
築地さんとRIKKIの島唄コーナー、
HiROさんとアタシが踊りで参加したり、
盛りだくさんで
他にはない楽しいライブになった。
HiROさんとアタシで踊る場面も
入れて頂いた。
ホンモノの踊り手のHiROさんの呼吸を感じながら、
合わせていってみたが、
いい感じになったか、どうか…
アタシにとっては、
刺激的な瞬間だったが、

1月16日
朝、体調が悪くなってしまい
みなさんに心配をかけてしまった。
美味しいものを食べ過ぎたせいか…
昼過ぎ、自家用船で、
古仁屋から加計呂麻島へ向かう。
老人ホーム「加計呂麻園」の慰問に
参加させて頂いた。
演奏するホールに入ると、
11月に出会ったばかりの「5マイル」のりえちゃん、
ジローさん夫妻、
友達になった子供達の顔があって
うれしくて泣きそうになった。
どんな場所でも
RIKKIの生歌と菅原さんの演奏は素晴らしい。
RIKKIのMCも素晴らしい。
今日も、ともきくん(RIKKIの甥)と
「さんごのうみのなかまたち」と
「けんむん」を踊った。
最後にRIKKIが三線で「ワイド節」を歌った。
その時、職員の男性が
闘牛になって踊り出した。
わぁ〜おもしろい〜!って思ってたら、
カラダが動き出してしまい、
そのお兄さんと一緒に踊ってしまった。
加計呂麻島の滞在は
僅かな時間だったけど、
とっても楽しかった。
体調もすっかり良くなった。
古仁屋へ戻る船の上で、
大きな大きな虹を見た。

1月21日
四ツ谷ホメリで仰天トリオのライブ。
「仰天トリオ」と命名したのは、
店主のアルジーヌだが、
ぴったりなネーミングだと思う。
何が起きるかわからないライブをしてしまうアタシ達!
それは、路得子ちゃん、田島さんの秘めたるパワーがあればこそ!
アタシは乗っかってるだけだ!
前回は、母に紅白まんじゅうを作ってもらった。
今回は、年の始めということで
紅白餅を作ってもらって
お餅付きのライブにした。
ライブに来たお客さんに美味しく召し上がって頂けるように
今回もいろいろ研究してくれたみたいだ。
肝心の「仰天トリオ」のライブ、
今回も良い時間になったと自負している。
さらなるパワーを発信するために、
今年は喜界島(田島さんのルーツ)に
三人で行くことに決めた!

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

2017年 2月のライブ情報

ライブ
「タンバリン博士とみっち。女史の秘蜜講座」
<日時>
2017年2月19日(日)
open 18:30 start 19:00
<ご予約>
3500円(秘蜜ドリンク付)
※30名様限定
※小学生以下 2500円(秘蜜ドリンク付)
乳幼児の参加不可
☆ライブの中にタンバリン演奏のレッスンが含まれています。
☆「秘蜜ドリンク」はミツバチに林檎ジュースを与えて生まれた「第三のみつ」を使用した温かい飲み物です。
<出演>
タンバリン博士~田島 隆~
(タンバリン、ギター、他)
みっち。女史(うた、踊り、ギター、鍵盤ハーモニカ、他)
<お問い合わせ・ご予約>
電話→090-8857-4547(イマイ)
メール→mitch_geek@yahoo.co.jp
<会場>
tea Roma(テ・ロマ)
〒368-0072
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4261-11
電話 0494-23-3412
◎営業時間◎
11:30〜21:00(日曜日は19:00まで)
火曜休
☆駐車場あります。
☆お酒や軽食もご用意しています。

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

みっち。の日々

12月24日
今日から母の仕事の手伝い。
パン屋から届いたクリスマスケーキの配達。
配達先のおじさん、
おばさんに喜んでもらいたいから
今年もサンタになった。
衣装が劣化してきたので、
来年は新しいのを買わなきゃ。
帰宅して、急いで喪服に着替えて
お世話になったおばちゃんの告別式。
おばちゃんの声が聞けなくなるのはさびしい。
おばちゃんにもサンタ姿を見てほしかった。

12月25日
午後から逍遥瞑想会へ。
ラサヴァッドを一人で8分間やらせて頂いた。
これを続けているおかげで、
無音で動くのも怖くない。
坂下先生の隙がなく、強靭な動きは
刺激になる。
不動でも躍動しているカラダになりたい。
精進!!!

12月26日
夜、tugumiに協力して頂いて
振り付けの動きを録画した。
録画した動画を
RIKKKにすぐに送りたかったけど、
なめらかに動けてない部分や、
型が上手く出来てない部分が
気になったので、
送らなかった。
帰宅後も何回か動いてみる。
寒いのに汗だくになる。

12月27日
今日から慣れない早起きが始まった。
しばらく音楽を忘れなくてはならない。
しかし、
振り付けのことが気になっているらしい。
トイレに座った時も
気付くと動きを考えている。
夕方、忙しい中、tugumiが
「マグノリア」を配達してくれた。
待ってくれてる人がたくさんいるから、
早速、発送を始めた。
年内に何部送れるかな?
とにかく、大晦日まで天気が良いみたい。

1月1日
神棚の掃除をして、
飾り付けをして
やっと終わった…
さっき花火が鳴った。
結局、紅白は観られなかった。
お風呂に入って早く起きられたら、
初詣に行こう。
母が怪我なく餅付きを終了出来たことに
感謝。
手伝って頂いたKさん、
Tさん夫婦にも感謝。
新しい年が始まった。

1月3日
以前、
ずいぶん年が離れている男友達(既婚)に
結婚なんかしない方がいいよーって
言われたことがあった。
今日は、
ずいぶん年が離れている男性(別居中)に
結婚っていいですよーって言われた。

1月7日
「HONZI LOVE CONNECTION 9」の
チラシ配りと
マグノリア配り。
帰りにとても気になっていた
即興パフォーマンスを観た。
照明の使い方はとても参考になったけど、
残念ながら面白くなかった。
せっかく来て楽しめないのは
悔しかったので久しぶりにワインを飲んだ。
飲んだら、頭と気持ちがさらに冷めた。
そして、パフォーマンスにしても
歌や演奏だけのライブにしても
ご一緒して頂いている方々に恵まれていることを
思い出した。
今までご一緒して頂いた方々は、
演奏そのものだけでなく、
人間そのものに魅力があった。
そして、その方々は一緒に演っている人だけじゃなく、
観ている人達とも一緒に楽しもうとしていた。
そのことを何回も心の中で噛み締めた。
いつか、一人で即興のパフォーマンスをしてみたい。
…しなくてはならないと思った。

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

みっち。の日々

12月15日
直美ちゃんのランチを食べに
homeへ。
写真で見た感じだと
川の近く?一軒家?
どんな場所なのか?
実際は小さくて居心地良いお店で
直美ちゃんの優しい味のランチと
マッチしていた。
その後、吉祥寺でチラシ配り。
マンダラ2の中野店長さんにも会いに行く。
その足で、代官山に向かい、
晴れ豆で太陽バンドのライブを観る。
畑さん、伊賀さん、大地くんの三人編成は、
演奏も見た目もオシャレで楽しい。
ライブが終わった後、
郁子さんにも会えた。
島店長にもやっと会えた。

12月16日
23日のミニライブのリハーサル。
まーくんこと、
新井政輝さんのピアノ演奏に感嘆した。
特に、路得子ちゃんの「悲しみ」に
アタシが詩をつけた
「月夜に咲いた音」は、
初見で頂点に立ってしまったような演奏だった。
歌いながら泣きそうになった。

12月17日
来年2月のライブで、
「秘蜜」を使ったホットドリンクを
アタシのライブで使いたいと思っている。
今日はその相談をしに
MAPLE BASEに行った。
この何日間は
秩父の方と打ち合わせが多い。

12月19日
RIKKIの歌に合わせて
動いているせいか、
頭の中にRIKKIの歌が住みついてる。
もっと動きをなんとかしたい。
振り付けっていうのは
振りがない部分(間の取り方)が
かなり重要なことがわかった。
そして、どんな場合でも、
歌も演奏も文章も
それに刻まれているリズムを
素直に感じることが重要だと思った。

12月21日
今日も都内で
HONZI LOVE CONNECTION 9のチラシ配り。
東京は世知辛いと思ってたけど、
どちらのお店もチラシを快く受け入れて頂いている。
夜、恵比寿でスカパラのライブを観る。
フレームスの伊勢くんに会えた。
終演後、楽屋に挨拶に行ったら、
メンバーのみなさんのほとんどが
上半身ハダカで少し恥ずかしかった。
まあ、ライブ中にスーツ姿であんだけ動いたら
相当な汗だろうし、
ハダカになりたい気持ちはよくわかるけど。

12月23日
小鹿野町のモトグリーンGのミニライブに参加。
アタシと新井さんの演奏の前に、
清水悠さんのギター教室の小学生が演奏した。
純粋な音だった。
時に、一生懸命はかっこ悪いとされる場合もあるけど、
一生懸命でいいんだ!と思った。
二人の瞳がキラキラしてたのもよかった。
アタシの演奏時間は、
新井さんと二人だけでする予定だったけど、
清水悠さん、陽さん兄弟にも
何曲か加わって頂いて
とても楽しい演奏になったと思う。
今年はライブやイベントで、
秩父や秩父近郊に在住の方と
ご一緒させて頂く機会が多かった。
来年もまた新しい出会いがありそうだ。

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

みっち。の日々

11月27日
午後から身繕いクラスに参加。
動作は
一つ一つのポーズが
つながったものだけど、
ポーズとポーズをつなげて
動作にするのは、
なかなか難しい。
その動作を美しくするには、
呼吸を整える必要がある。
「からだの中心は丹田。」
「地球の中心は自分。」
と思った。

11月30日
四ツ谷の「エルアルボル」で、
カフェ・イ・アルテの小さなOB会。
Mちゃんの見た目も
弾丸のような話し方も
一緒に働いていた頃と
全く変わらない様子を拝見して、
失礼だと思いつつも
何回も大笑いしてしまった。
楽しい時間だったけど、
Aが亡くなったことを
報告するのは悲しかった。
亡くなった人と
電話で話せたらいいのに…って
うっかり呟いてしまった。
バカみたい、アタシ…

12月2日、3日
Hちゃんのお店のお手伝い。
今年は狂ったような忙しさだった。
大祭が土曜日に当たり、
曳山祭がユネスコ登録されたせいだろう。
2日は座って賄いを食べられたけど、
3日はKさんに差し入れして頂いた
焼き饅頭を立ったまま食べた。
お祭り騒ぎというけど、
ほんとにお祭り騒ぎだった。

12月7日
朝、とんでもない依頼を受ける。
出来るかどうかわからないけど、
引き受けてしまった。
アタシを思い出してくれたRに感謝。
夕方、
11日のライブに使うものを
新宿で買い物してから、
Cherry'Sのライブへ。
グワーン ガガガ
グランメランメララランって
富樫さんみたいに弾けたらなぁ…
弾きたい!!!
武藤さんの歌、好き。
寒い時期に聴くと
あたたかい気持ちになる。

12月10日
明日のライブの準備。
キラキラシルバーの紙を
丸く切り抜き、
千枚通しで小さな穴を空けて
オカダヤで買った
銀の糸を差し込む。
何を歌うか、一応考える。
「黒い雨」を歌いたいのは何故だろう?
アカペラでも大丈夫そう。
もし、歌うタイミングがあったら
歌うことにしよう。
21時過ぎにスティーヴさん着。

12月11日
お昼、
前から行きたかったお蕎麦屋さん(いんなみ)
にスティーヴさんと行った。
とても繁盛していた。
14時過ぎ、tea Romaへ。
14時半、Rちゃん着。
15時、イデホフ、ハルコちゃん着。
ゆったりサウンドチェックして
早目にリハが終了出来た。
スティーヴさんとのセッションは、
最高に楽しかった。
歌いたいなぁと思ってた歌が歌えたし、
スティーヴさんがアタシの中にある
忘れかけたリズムを引き出してくれた。
また新しい自分に会えた。

| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

みっち。2017年1月のライブ

「仰天トリオのひらけ〜!2017!」
2017年、幸運に恵まれたいみなさん‼︎
集まれ〜!!!
仰天トリオのすっごく楽しい演奏のシャワー!
あの曲でぐるぐる回る幸福感!
幸せになるお餅を贈呈!
ご来場頂いた方だけに2017年の道が開く…
なんてね〜!
<日時>1月21日(土)
open 19:00 start 19:30
<出演>
みっち。(うた、踊り、ギター、etc)
熊坂路得子(アコーディオン)
田島 隆~タンバリン博士~(タンバリン、etc)
<料金>
2800円(幸運のお餅付き)+2オーダー
<会場>
小さな喫茶店 ホメリ
東京都新宿区三栄町25-33 Bow2F
TEL&FAX 03-6320-0790
(日・祝休)
<ご予約>
homeri.yotsuya@gmail.com
お名前、ご予約人数、ご連絡先を明記の上、
お申し込み下さい。

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

みっち。の日々

11月10日
日暮里から成田までが
予想以上に速かった。
「特急」なのに、
特急料金はナシだった。
とっても得した気分。
雪が降りそうなくらい寒いのに
ホテルのエントランスに
白人の半袖ダディがいた。
ホテルの近くのイオンモールで
一人寂しくうどんを食べる。
明日からしばらく半袖天国だ。
気温差10℃以上か…

11月11日
約束の時間よりも早く着いてしまい、
待ち合わせ場所で
ぼぉーっと待っていたら、
遠くからふらふら歩いてくる
石川さんを発見した。
午前中に会う石川さんは
いつも幽霊みたいだ。
アタシが真正面に立って、
石川さん!って
手を振っても気付かない時もある。
成田から奄美までは約3時間のフライト。
昨日の真冬の寒さから、
一気に夏に逆戻り。
18時20分から、
ディ!ウェイブ!の夕方フレンドに出演。
アタシ、石川さん、デイジー、
さとみちゃん、薫さん。
そして、スティーヴさんも出演した。
陽子ちゃんの、のどかな喋り方がいい。
そのペースに乗せられて
うっかりペラペラ話してしまった。
くびったけツアーの第一日目はススムーチョ。
お客さんは立ち見が出るくらい満杯。
最初、デイジーのショウ、
(デイジーのショウは非常にウケていた。)
次にサーモン&ガーリック、
(約束したとおり、白いランニング着用)
そして、さとみちゃん、薫さんの演奏、
(アタシと石川さんも二曲加わる。)
最後にアタシと石川さんが順繰りで、
三曲ずつメインで歌ったり、
演奏したりしていった。
アタシの曲にさとみちゃんや、
スティーヴさんにも参加して頂いた。
石川さんの「オンリーユー」を伴奏した時はかなり緊張した。
あとは「台風まつり」みたいですごく楽しかった!
弟にも会えた。

11月12日
アタシの運転で名瀬から古仁屋に向かう。
石川さんの男性的勘で、
宿泊する民宿をすぐに発見。
民宿の女将さんは、
とてもかわいいステキな方で
いっぺんで好きになってしまった。
女将さんが、お餅を作ったり、
コーヒーを入れてくれたりした。
親戚のお家に来たみたいだった。
ライブする「ばんめしや ぽっち」も
昔から知ってるような気がした。
古仁屋は二度目なのに
自分の故郷に帰ってきたみたいだった。
ライブは最高に楽しかった。
赤ちゃんから大人まで幅広い年齢層。
生音で出来たし、床張りだし、楽しめた。
ライブ中に面白いことがあった。
赤ちゃんと一緒に踊ったこと。
ライブの真っ最中、自分のオリジナル曲を
歌いたいと発言した人がいて、
歌ってもらったこと。
そのオリジナル曲は、
一緒に来ていた娘さんが赤ちゃんの時に
子守唄で歌っていたらしい。
とても良い歌だった。

11月13日
古仁屋から加計呂麻島へ。
加計呂麻島の港は、
ハーフマラソンに参加した人達で溢れていた。
岡山にいる維摩ちゃんに
「奄美に行くなら加計呂麻の5マイルに行きなよー!」と
何回も言われてたけど、
行くだけでなくライブまでするなんて!
「5マイル」は夢の中みたいな場所だった。
デイジーと石川さんは、
虹色のハンモックに乗って揺れていた。
アタシはブランコで遊んだ。
ライブ前に子供達と遊んだ。
伊子茂ウクレレーズの演奏も夢みたいだった。
ライブしたホールの
音の響きが柔らかかった。
アタシ達がライブした時は、
子供達がはしゃいでぐるぐる回ってたりして
やり難い瞬間もあったけど、
その中で何を歌うか、演るかを
試されているような気がした。
マイクを使って強制的に聴かせるやり方は
アタシは好きではない。
聴いてもらえる環境は、
自分が創り出さなくてはならない。

11月14日
朝起きた時、無性に歌いたくなった。
その感じを言葉にするのは難しいけど、
歌いたいというより、
歌わなきゃいけない。に近い。
でも、その時に歌わなくては
いけないものが降りてこなかった。
とても広いお部屋だったので、
海を見ながらナタヨーガの一流れを楽しんだ。
成田から熟睡出来てないけど、
からだはリラックスしてると感じた。
午後、加計呂麻島から古仁屋へ。
古仁屋からはアタシの運転で名瀬へ。
夜、島の友達三人と食事。

11月15日
奄美→成田のフライト時間は2時間で
行く時よりも短い。
成田でデイジーとバイバイして、
成田→東京まで石川さんとバスで行って、
東京駅構内でバイバイした。
石川さんとのツアーはとても楽しかった。
石川さんの普段を知らない人が
「ライブじゃない時ってどんな感じなんですか?」
と訊いてくるけど、
今回もアタシの話をたくさん聞いて頂いたし、
地図を見てすぐに目的地まで連れて行ってくれたし、
アタシの好きなパンも発見してくれたし、
とても頼れる男だった。
またご一緒して頂きたい。
また二人でライブしたい。

11月19日
また新しいライブの日程が決まった。
ライブをすればするほど、
ライブの数は増えていく。
有難いことだけど、
一つ一つのライブが
ただの一過性のものにならないように
丁寧にライブしたい。
それが今の自分のやりたいこと。

11月20日
HONZIのイベントの出演者の表記の確認。
情報公開日、
チケット予約と販売開始をいつからにするか?

11月24日
今朝早くから雪が降って、
うっすら積もった。
Aが亡くなった。
まだ50歳。
働いていたお店の研修旅行で
メキシコに行った時、
彼がボディガードをしてくれた。
アタシ達が帰国した後に
交通事故に遭ってしまった。
そして、車椅子生活になった。
不自由な体でも自分の仕事を持ったり、
活動的に過ごしていたらしいけど…
彼はメキシコ人の友達の弟。
メキシコ人の友達のファミリアには、
家族のように大切にしてもらった。
パパもママももうこっちの世界にはいない。
でも、あの抱きしめられた時の
暖かい感じがアタシの肌に残っている。
メキシコに行きたくなった。

11月25日
マナちゃんと阿里山カフェでランチ。
所沢でバイバイして、
アタシは新宿に移動して、
12月11日に使う紙を買ったり、
来年のスケジュール帳を買ったり…。
(スケジュール帳を選ぶのにかなり時間がかかってしまった。
なかなか好みのはないもんだなぁと思う。)
新宿から恵比寿に向かう途中、
新宿で立ち寄ったカフェに、
買ったものを忘れたと気付いて
焦って戻った。
そのまま、忘れ物が残っていてよかった。
しかし、グッドラックヘイワライブに遅刻。
卓ちゃんが楽しそうに演奏してて
こっちまで楽しくなった。

11月26日
加川良さんのライブに行った。
(場所はホンキートンク)
詩人からもらった
加川良 with TE-CHILIのアルバムは
今でもよく聴いている。
その中の「冬の星座」が好きだ。
ライブアルバムの音源は、
亡くなった藤井裕さんが、
ゴリ押しのベースを弾いていて
有山じゅんじさんがエレキギター、
ロジャーさんがドラムで
骨太な楽曲になっているけれど、
今夜の「冬の星座」は、
加川さんの柔らかいギター演奏と声で
また違う雰囲気で素敵だった。
ライブ中に
「冬の星座」を歌ってほしいなぁ…
絶対、歌ってほしいなぁ…
聴きたいなぁ…と
祈るように観客席で聴いていたら、
涙の跡を辿って行けば〜と
歌い始めたからビックリした。
生で聴けてうれしかった。
ライブが終わった後、
ファンのみなさんとのやり取りの中で、
加川さんが、
今、アタシが一番知りたかったことを
お話しされていて
涙が溢れそうになった。
でも、泣いてしまったら、
きっと、その場がおかしな雰囲気になるから、
必死でこらえた。

| | コメント (0)

«みっち。の日々