みっち。のライブ情報〜10月、11月〜

「Que Rico Suave」
スカフレームスの伊勢浩和と小西英理のセットが
ついにホメリに登場〜!
甘い歌声と耳触りのよいビートを楽しむ夜!
…さて、みっち。はどう絡むのか???お楽しみに!!!
<日時>
10月23日(月)
open 19:00 start 19:30
<料金>2500円+2オーダー
<出演>
伊勢浩和-THE SKA FLAMES-(うた)
with 小西英理(ピアノ、アコーディオン)
みっち。(うた、ギター、ピアニカ、踊り)
<会場>
小さな喫茶店 homeri(四谷三丁目)
〒160-0008 東京都 新宿区三栄町25-33 Bowビル2F
TEL 03 6320 0790

「浩司×ツリー×みっち。のトリプルビーム!!!」
それぞれのソロコーナーあり、
三人でセッションしたり、
ハチャメチャでグラッチェな夜になりそうです〜!!!
<日時>
11月15日(水)
open 19:00 start 19:30
<出演>
石川浩司(うた、ギター、パーカッション)
角森隆浩(うた、ウクレレ)
みっち。(うた、ギター、踊り、etc)
<料金>
前売り予約 2800円+ドリンクオーダー
当日 3000円+ドリンクオーダー
<会場>
ライブ&バー・ハーネス
東京都杉並区阿佐谷南2-18-9 ゴールドビル阿佐ヶ谷B1
(阿佐ヶ谷駅南口下車、徒歩2分)
TEL 03 6454 6277

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

みっち。の日々

9月25日
マグノリア 第八号用の撮影を
ゲストハウス・錦でさせて頂いた。
錦の建物自体も不思議だが、
錦のまわりの環境も不思議。
時間がないような…
どこにいるかわからないような…
そんな感覚が生まれる。
オーナーの立川さんに
いろいろとご協力頂いた。
どんな写真になっているか?
楽しみだ。

9月27日
「HONZIのために」
@下北沢の無寸草とづづ
お客さんは少なかったけど、
良いイベントになった。
「ピーヒャララ」、「いらいら」が
Alanとアタシの
新しいレパートリーになった。
HONZIのことも、
月の庭のマサルさんのことも思い出した。
お客さんが
急に踊り出してビックリした。
ビックリしたけど、うれしかった!!!

10月4日
十五夜。
早く起きて、母の手伝い。
Aおじさん夫婦にも
月見だんご作りをご協力頂いた。
さっき、月が見えた。

10月5日
泰山堂cafeで
みっち。のLive JAMの収録。
ゲストは清水悠さん。
ギターの音も声も気持ち良く響いた。
先日、打ち合わせした時に
音合わせを一回しただけだったけど、
とても良い感じにセッション出来た。
悠さんの演奏は柔らかく伸び伸びしている。
収録が終わった後、ママと万里ちゃんに
珈琲を淹れて頂いた。
美味しかった。

10月6日
路得子ちゃんのお家で、
9日のリハーサルと
喜界島、奄美大島の打ち合わせ、
HONZI LOVE CONNECTIONの打ち合わせ。
るっちゃんお手製の焼き立てクッキー、
とても美味しかった!
るっちゃんママに頂いた茹で落花生も
とても美味しかった!
リハーサルもちゃんとやった!
とりあえず、9日楽しみ!

10月7日
ふれあい長瀞フェスタへ行った。
長瀞に向かう途中で、
お腹が痛くなってしまい、
何度かコンビニに立ち寄って、
10分遅刻で風の丘に到着した。
風の丘からは
みんなで車に乗り込んで、
わいわい言いながら
フェスタ会場まで向かった。
会場に着くとすぐに出番だった。
よくわからないまま、
長瀞おんどを歌って、
またすぐに会場から風の丘に戻った。
長瀞おんどはいい感じで歌えたし、
ふーさんが作ってくれたおうどんは
とっても美味しかったし、
お腹の痛いのも治ったし、よかった。

10月9日
べちことるっちゃんとアタシの三人のライブは、
今日で2回目。
とても良いトリオだと思う。
アタシは女性と一緒にライブするのは
苦手だ。
(これは過去の経験がそう感じさせるのかもしれない。)
でも、二人は別で、
むしろ、いつも一緒にライブしたい。
ベチコにもるっちゃんにも熱い魂を感じる。
アタシもあの感じでライブしていきたい。
不安だった「月のうさぎ」は、
ベチコが譜面にしてきてくれて、
とても良い感じで歌えた。
他の曲も良い感じだったと思う。
またタイミングが合ったら
三人でライブしたい。
良いお誕生日になった。

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

みっち。の日々

帯状疱疹の日々

火曜日のヨーガのレッスンに行った時に
もうすでに右腹にポツポツ出来ていた。
その翌日は、
四ツ谷、渋谷、吉祥寺と移動して
未明に帰宅して
お昼過ぎから、「マグノリア」の撮影。
撮影の合間、とてもカラダが痛かった。
8日の朝、右腹を確認したら
発疹が広がっていたので、
「これって帯状疱疹?」って
母に見せたら、
「絶対そう!早く病院に行った方がいいよ!」と言われた。
病院でポツポツを見せたら、
ほんとに帯状疱疹だった。
9日、10日はカラダが痛いだけでなく、
薬が強すぎて吐き気がするので、
ほんとうに困った。
リンゴやぶどうを少し食べて
なんとか薬を飲んだ。
カラダも痛かった。
でも、一番痛かったのは
「もう若くないんだから、気をつけてよ!」と
母に言われたことだ。
13日。
朝、起きてすぐに
ひと流れ動いてみたら、
鍬のポーズは辛かったけれど、
他はなんとかなりそうだったので、
夜、ヨーガのレッスンを受けた。
14日。
みっち。のLive JAMの打ち合わせを
tea Romaで。
今回のゲストはギタリストの清水悠さん。
まだ30歳?!
落ち着いた雰囲気の方。
セッションする曲を一回合わせた。
録音してもよかったかも。
とてもいい感じだった。
歌っている時間は、
カラダの痛みは感じなかった。
帰宅してから、チラシを描く準備。
浩司くんとツリーの顔を試し描きする。
早目に寝ようと思っていたのに
25時過ぎになってしまった。
19日。
Alanの家で27日のリハーサル。
「ぴーひゃらら」と「いらいら」を
演奏することにして、
アレンジを考えて、練習した。
終わった後、ルドと遊んだ。
パソコンのゲームを教えてくれたけど、
アタシは上手く操作出来なかった。
ルドは素早くて的確だった。
20時過ぎてしまったが、
和久井さんが主催する上映会に行った。
23日。
一橋学園のローリングビーンズへ。
とても良い雰囲気のお店。
河村さんのホームグラウンド。
お客さんがアタシ達の演奏と一緒に揺れているのが見えた。
休憩時間に
「みっち。さんの生歌が聴けてよかった。」
と言われてうれしかった。
河村さんのアルバム楽しみ。
24日。
カラダの痛みがずいぶん楽になった。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

みっち。の日々

9月4日
久しぶりのRちゃんと
いつものFちゃんとマジョラムに行った。
まだ、夏野菜のカレーがあってよかった。
泰山堂カフェにも行った。
気のおけない2人と
たわいない話をするのは楽しい。
久しぶりに心の底から笑った。
その後、ゲストハウス「錦」へ。
どんなところか、行きたいと思いつつ、
なかなか行けなかった場所。
奥様のYちゃんとは
よくお話しするけど、
オーナーの立川さんとは初めてお話しした。
立川さんは、
「秩父」のこの先をどうしたら良いか、
未来図のようなものを
しっかりイメージしていた。
アタシのように秩父で生まれた人は、
地元のことについて客観視が出来ないので、
この先をどうしたら良いか?
わからないところが多い。
立川さんのように、
いろいろな方の話をしっかり受け止めて、
かつ、自分の考えをしっかり持っている方は
なかなかいない。
素晴らしいと思った。
「マグノリア」について
高く評価して頂いてることも
とてもうれしかった。
「錦」の建物は面白い造りだった。
まわりの住宅も
なつかしい文化住宅で、
タイムスリップしたみたいな感じ。
いつか「錦」で
立川さんと一緒にイベントをしたい。

9月6日
ホメリに行く。
仰天トリオの名付け親のアルジーヌに
仰天ステッカーをお渡しして、
10/23の伊勢くんと英理さんと一緒の
ライブのチラシを預かってもらった。
もしかしたら、郵送すれば、
お互いに楽なのかもしれないけど、
アルジーヌと話したかったし、
ホメリのチーズケーキも食べたかったのだ。
短い時間だったけど、
アルジーヌと会えてうれしかった。
渋谷に移動して、サラヴァ東京へ。
ソワレさんと初めてお話しした。
とてもスマートな方だった。
イデホフだけでなく、
西やん、スティーヴさん、大地くん…
共通の知り合いも多いみたい。
HONZI LOVE CONNECTIONに
ずっと出演したかったと言って頂いて
うれしかった。
渋谷から吉祥寺に移動して
スターパインズカフェへ。
スカパラのライブは、
大きな会場でしか観たことがない。
今日は間近で観るメンバー全員の表情を
たくさん楽しんだ。
特に、加藤さんの動きに注目した。
もし、アタシがエレキギターを弾くなら、
あんな風に絶対動きたい!マネしたい!
欣ちゃんのドラムもかっこよかった!
ライブの後、欣ちゃんと加藤さんといろいろ話した。
その後、マンダラ2へ。
中野店長と2月のイベントの打ち合わせ。
店長にはいつも細かい部分まで心配して頂いている。
とても有難い!
ライブもイベントも、
滅多に会わないメンバーと
同じ時間を過ごすことが出来るなら、
刺激的で面白いものになるはずだ。
HONZIはジャンルを超えて活動してきたから、
その可能性は毎回ある。
彼女の創った音楽はとても面白い。
それ以上に彼女の活動歴は面白くて、
とても興味深い。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

みっち。の日々

8月24日
寄居の川の博物館に行った。
駐車場に車をとめて
外に出た時、暑くて倒れそうになった。
「神になったオオカミ」の展示で
一番興味深かったのは、
宝登山神社も三峰神社も
毎月決まった日に
オオカミのためにご飯を炊いて
お供えしていることだ。
そのお供えする様子を映像で観た。
儀式だった。
お面を創る井野さんも言ってたけど、
儀式はアタシがやるパフォーマンスと似てる。
…似てるというか、イコールだ。

10月25日
カツラを被って
ギターとおもちゃアコーディオンを弾いた。
ギターを肩にかけるのが難しかった。
(アコーディオンは平気だった。)
普段、首の後ろに髪がかからないから、
カツラを被ると首の後ろに
毛布がかかってるみたいで暑い。
カツラを被って躍ってみたら、
いつもよりオンナになった。
髪の毛は衣装だと誰かが言ってたけど、
ほんとにそうだと思った。
「百合子先生山羊連れて」も歌った。
「乳のみほせ」も歌ってしまった。
自分勝手にだいたいの流れは決めでたけど、
結局、その時にやりたいことをやって
感じ合いながら進めた。
見た目だけでなく、
田島さんとアタシは双子のようだったと思う。

8月31日
明日から新しい月だと思うと
焦ってしまい、
フェイント気味のメールを何通か送信した。
考え過ぎは良くないし、
別に変なお願いをするわけでもなく、
ただ、自分に自信がないだけ…と
気付いたら馬鹿らしくなったせいもある。
とにかく、メールした。
良いお返事が着たらうれしい。

9月2日
前橋でライブ。
「水星」に行く前に
valo kioskiに行ったら、
店内の様子が変わっていて
valoのお母さんがいなかった。
恐る恐るお店の方に訊いたら、
お母さんを連れて来て頂いた。
お会い出来てよかった。
valoのお母さんは、
ライブにも来てくれた。
かべっこちゃんの新しい歌は
彼女のハスキーな声を生かしてて、
とてもよかった。
ペンギンとシロクマさんは
夜聴いても爽やかな音だった。
音を出した途端、
その場の雰囲気を変えるのは、
アタシも目指すところだ。
ライブが終わった後、
マスターの特製パスタを頂いた。
今日のためだけのパスタは、
基本的にはジェノベーゼとおっしゃっていたけど、
ドライトマトが入っていたり、
海老がのっかっていたり、
素晴らしい味だった。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

みっち。の日々

8月9日
暑い日だった。
homeでランチ。
直美ちゃんのヘルシーなメニューと
美味しいパンの組み合わせ。
味噌入りのカンパーニュと
フォカッチャが美味しかった。
椌椌さんご夫婦に会う。
相変わらず素敵だった。
帰りの電車の中で
桜木紫乃の「裸の華」を読み終えた。
面白い小説だった。
桜木さんが描く女性像に共感することが多い。

8月11日
友達のお店のヘルプ。
彼女のお店にいると、
なかなか会えないタイプの方に会える。
毎回、あまり役に立たないお手伝いだけど、
今回も楽しい時間だった。

8月16日
朝から悲しいお知らせ。
信じられないお知らせ。
ほんとなのか?と思って、
Tちゃんに電話した。
会いたい人にもう会えない。

8月17日
渋谷に行った。
伊勢くんと英理さんのライブを観た。
田口さんにも会った。
来年、伊勢くん、英理さんとライブ出来そう。
うれしい。
頭の中に正一さんの笑顔がずっといる。

8月18日
田島さんとライブする時、
「百合子先生、山羊連れて」を
歌いたくなり、
にゅーさんに頂いたCD-Rを何回か聴いて
歌詞を聞き取った。
早速、ギターで試しでみたけど、
上手くいかない。
どうしたらいいんだ?
歌詞の中に
「時を待たずに死んだ人」っていうのがあって
それを声にする度に
正一さんやマサルさんが
アタシの目の前に出てきそうだった。
この前、「奄美の子守唄」を
中学生の時の教科書の中に見つけた。
この曲はピアニカでやっでみようと思う。
やりたいことを
どんどんやっていこうと思う。

8月19日
なぎらさんと漣くんのライブに行った。
ホンキートンクに着いた時、
雨がとんでもなく降っていて、
傘が役に立たず、ビショビショ。
でも、漣くんの姿を見たら
そんなのどうでもよくなった。
なぎらさんと漣くんが歌う渡さんの歌は格別で、
特別な夜だった。
お二人のお話しも面白かったし、
渡さんに会った時のことを思い出した。
渡さんもアタシ達と一緒に聴いていたような気がする。

8月22日
10月9日のライブのチラシ配り。
10月以降のライブの連絡のやり取り。
連絡のやり取りが一番時間がかかる。
連絡取れなくて、
事がスムーズに進まないと
イライラすることもある。
チラシ配りは、苦手だったけれど、
今はそうでもなくなった。
ただ、有名な人達は、
自分でチラシなんか配らないんだろうな…
と思いついてしまうと、凹む。
アタシはライブをやめるまで、
チラシを配り続けるのだろうな…
それだったとしても、
自分がやりたいことが続けられていたらいい!いいのだ!!!

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

みっち。の日々

8月4日
Y町役場に行った。
先月のライブ終演後、
良いお話しをして頂いたけど、
正直なところ、話半分に聞いていた。
(それは、良い話が良い話ではなかったことがある
自分の経験が原因だと思う。)
しかし、役場に伺って、
Tさんとお話ししたり、
職員の方数名をご紹介頂いて、
ライブをする具体的な場所を何ヶ所も
提示して頂くと、
自分のグレーな心持ちが恥ずかしかった。
やる気は見えないが、態度に映る。
今日、お話ししたみなさん、
お一人お一人の熱を感じた。
タイミングがバッチリ合う時に
楽しいイベントをやりたいと強く願う。

8月5日
8月27日に使うウィッグを
新宿のオカダヤに探しに行く。
バッチリなものが見つかったけど、
残念ながら在庫切れ。
その後、祖師ヶ谷大蔵のムリウイへ。
卵サンドとホットチャイを頂きながら、
ムリウイのお母さんと楽しい時間を過ごす。
お母さんと知り合えて良かった。
年を重ねることが怖くなくなった。
嫌なことがあっても
お母さんと話してると元気になれる。
祖師ヶ谷大蔵から乃木坂へ。
ジャコメッティ展を鑑賞。
対象物の本当の姿を必死で観ようとしていた
ジャコメッティさん。
「歩く人」大好きだ。
ジャコメッティさんか創った彫刻のまわりに
見えない風景を感じた。
乃木坂から南千住へ。
「言問通り」の文字を見つけると
懐かしい気持ちになった。
織家さんの家があった場所に近いはず…
時々、彼女の声が聞こえてくる。
今日も聞こえたような気がした。
山谷には初めて行った。
夏祭りの会場の公園の入り口に
おじさん達がたむろしてて、
その雰囲気がジャマイカみたいだった。
公園からスカイツリーが見えた。
屋台で買ったパイナップル酒(50円)を
呑みながら中川五郎さんの演奏を楽しんだ。
ステージ前で、
アクロバティックに踊るおじさんがいた。
凄かった。
真似したいと思った。

8月6日
雨が降らなくてよかった。
夕方からミュージックパークの野外音楽堂に行った。
HIP'Sの親衛隊のみなさんの仲間に入れて頂いて
ピクニックみたいなお祭りみたいな楽しい時間を過ごした。
ラジオの収録の時に会ったみなさん、
弟とバンドをやっていた人、
tea Romaのライブに来て頂いた人のダンナさん…
たくさん声をかけてもらった。
美しい月が見えた時、
完治郎さんがソロで歌っていて
とてもステキだった。

8月8日
「みっち。のLive JAM」の第3回目の公開日。
改めて聴いてみたら、
テンションが上がり過ぎたのか、
早口なってしまって、
何について話してるのか?
わかりにくい部分が多くあった。
その場の雰囲気に乗って喋るのは
悪くない。
でも、聴いている人に
自分の言いたいことが伝わらなかったら
元も子もない。
セッションした音源については、
よしきくんや、Goesonさんに協力して頂いたので
とても良い感じだった。
番組の編集も良い感じで、
番組が終わってから
すぐにオマケのセッション音源が始まる流れは
局長のアイディア。
しんちゃんの歌、いい!さすがだ!
たくさんの方に聴いて頂けますように!

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

みっち。の日々

7月25日
昨晩、何度も
送ろうか、送らないでよそうかって
送ったメールの返信があった。
ほっとしたような、
送った相手に申し訳ないような、
そんな気持ち。
時々、自分のことがわからない。
アタシは強いのだろうか?
アタシは臆病なんだろうか?
そして、いつも男のヒトの大きな優しさを
有り難く思ったり、
羨ましく思ったりする。

7月27日
窪美澄の本を読んでいる。
続けて三冊だ。
三冊目をもうすぐ読み終わってしまう。
さびしい。
今、読んでいる本は、
自分の心に空いた何かを埋めるために
オンナをひっかけて
ヤリまくっているオトコと、
オトコと一度付き合ったことがあるけど、
ヤッタことがないオンナの話だ。
結婚したことがないアタシが、
決めつけるのはへんだけど、
結婚まで到達するのは、
タイミングの積み重ねの結果だ。
好きでもそこまでいかないのは、
全てにおいて、
お互いのタイミングが合わなかっんだと思う。
そういうことを何回か経験したっけ…
さっき、読みかけの本を置いた時、
思い出した。

7月29日
ひぐらしストアの演奏会に行った。
やっとハルくんに会えた。
前までは、アタシの顔を見ると
「みっち。ーーー!!!」って
やって来てくれたけど、
大人になったのかな?
うれしそうにほほえんでくれたけど、
あの勢いがなくて
ちょっとさびしかった。
ハルくんの空想の楽譜たちは、
どれもステキで凄かった。
なんというか、
スケールが大きかった。
素晴らしい演奏をした清水兄弟以上の音が
譜面から聴こえていた。
ドン・チェリーのEternal Rhythmのような音だった。

7月31日
倉庫の片付け。
ソウルカッターが創ってくれた18年前の
ポスターを発見する。
きちんと保管してなかったけど、
色褪せてなかった。
そのポスターは、
お父さんが取っておいてくれたみたい。
午後、井野っちに会いに行く。
和久井さんと映像を撮影したり、
tsugumiとマグノリアの撮影をしたり、
お世話になった場所。
もうあの場所には行けないし、
井野っちも引っ越ししてしまう。
アタシは感傷的にならないように用心して、
明るく振舞って、
またね、バイバイと言ってきた。




| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

みっち。の日々

7月17日
大谷夫妻と石川さんは
朝早くに秩父を出発したらしい。
朝はまだ食欲がなかった。
午前中から郡さん、カヨさんと
アタシんち→木亭→ふるさと会館→友人宅→蕎麦屋→泰山堂と回った。
郡さんは、思っていたよりも
たくさんお話しをする方で、
面白い方だった。
カヨさんは結婚する前よりも
可愛らしくなったと思った。
素敵なご夫婦と楽しい時間を
ご一緒出来てうれしかった。
体調もだいたい元に戻った。

7月18日
夜、ヨーガのレッスンへ。
何日かしっかり食べられなかったからか、
カラダが軽く感じた。
逆立ちするのは怖かったけど、
いつもより真っ直ぐ出来た。

7月21日
阿佐ヶ谷に行く途中、
阿里山カフェで食事。
気温が高いせいか、
テラスで食事するのはアタシだけだった。
冷房は苦手だ。
特にお店や電車の冷房は苦手。
早目に阿佐ヶ谷に着いたけど、
ハーネスが見つからず、
10分以上さまよった。
今日はお客さんは少なかったけど、
充実したライブだった。
ハーネスの鎌田さんに
アタシの歌と向き合って頂けたことが
なによりうれしかった。
角森さんの歌は、
相変わらずハチャメチャで楽しかった。
セッション出来てうれしかった。
また一緒に出来ますように。
ハーネスでも出来ますように。

7月23日
今日も窪美澄の本を読んでいる。
三冊目の本は家族の在り方に書かれている。
窪さんの文章の描写の方法が
アタシの日常の観察の仕方と似ているみたいで、
読んでいて体にスッと入ってくる。
そう…
まるで自分みたい…と
思わせることが重要なのだ。
アタシみたいに…
そう思う人がたくさんいるからベストセラーになる。

7月24日
河村さんのアルバムのレコーディングに参加した。
ピアニカで二曲参加した。
河村さんの要望にどこまで応えられるのか…
昨夜は不安で眠れなかった。
しかし、
実際にレコーディングが始まったら楽しかった。
ほんとに楽しかった。
レコーディングの様子を撮影しに
和田ちゃんも来た。
それもよかったんだと思う。
帰りの電車の中で
今日のレコーディングの時間を反芻した。
今日はショックなこともあった。
そのことも何度も何度も考えた。
対人関係で悩むことは良くある。
それは、人が好きだからということもあるかもしれない。
人に興味がなかったら
対人関係で悩んだり、
友達の発言や行動でショックを受けることはないはずだ。
結局、何度も何度も考えて、
その方に正直な気持ちをメールで伝えることにした。
その方は大きい気持ちの方だから、
アタシの想いはきちんと受け止めるだろうし、
今までのお付き合いが帳消しになったとしても
後悔しないと覚悟した。

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

みっち。×タンバリン博士 DUO @カフェムリウイ

「双子のように」
見えない糸でつながれたように。
小さな音や小さな動きも。
聴き逃さず、見逃さず。
夏の終わりに
タンバリン博士とみっち。が
濃厚な瞬間瞬間を重ねていきます。
双子のように。
<日時>8月27日(日) 18:30スタート
<料金>投げ銭(+席料 500円)
<出演>
田島 隆~タンバリン博士~
(タンバリン、ギター、etc)
みっち。
(踊り、うた、ギター、ピアニカ、etc)
<会場>
カフェムリウイ
世田谷区祖師谷4-1-22-3F
Open: 12pm-9pm (火休)

| | コメント (0)

«みっち。の日々