「仰天トリオ」の仰天・喜界・奄美ツアー!

第一夜・喜界島
Funky station SABANI
http://sabani.amamin.jp/
12月16日(土)
open19:00 start 20:00
前売り予約 2000円(1ドリンク付)
当日 2500円(1ドリンク付)
ゲスト;長島稔

第ニ夜・奄美大島
ミショランバー・ススムーチョ
http://blog.livedoor.jp/mucyo200641/?_f=jp
12月17日(日)
open 17:30 start 18:30
前売り予約 2800円(ドリンク別)
当日 3300円(ドリンク別)
※中学生以下1000円(ドリンク別)
未就学児童無料(保護者同伴に限る)
ゲスト;ふやよみ

第三夜・奄美大島
西平酒造・蔵ふと村酒造ホール
https://www.kana-sango.jp/home
12月18日(月)
open 19:00 start 19:30
前売り予約 3300円(1ドリンク付)
当日 3800円(1ドリンク付)
※中学生以下 1500円(1ドリンク付)
未就学児童 無料(保護者同伴に限る)
ゲスト;西平せれな

☆ライブにご来場頂いた全ての皆様に「仰天ステッカー」プレゼント!!!

◎ライブのご予約とお問い合わせ
gyotentrio@gmail.com
※ご予約の方は件名を「仰天ライブ」として、ご希望の日程、お名前、人数、ご連絡先を明記の上、送信して下さい。

「仰天トリオ」メンバー
みっち。
(踊り、うた、鍵盤ハーモニカ、ピアノ、etc)
http://aruturan.cocolog-nifty.com/blog/
1999年より即興のダンス・パフォーマンスを開始。現在は、踊るだけではなく、歌ったり、自作曲をピアノや鍵盤ハーモニカで演奏をしたり、その時、その場で感じたものを自在に表現するライヴを続けている。
ハシケン(シンガーソングライター)の実姉。
※2016年5月、初めてのフルアルバム「はじまりのはじまり」をリリースした。

熊坂路得子
(アコーディオン)
http://rutsuko.main.jp/
6歳よりピアノを始め、18歳の時に師の演奏に魅せられ、アコーディオンと出会った。
短大に在学中、学校行事や個展等で演奏を始める。卒業後演奏活動に入り、現在では、ソロ、バンド活動、サポート演奏の他、ブライダルでの演奏、シャンソニエ、ライヴハウスなど、都内、埼玉県を中心として、多岐に渡るジャンルで様々なセッションに参加。

田島 隆~タンバリン博士~
(タンバリン、ギター)
http://www.tazy.jp/
世界各国のタンバリンやフレームドラムを演奏する日本で唯一のタンバリン専門の演奏家。幼少期より鍵盤楽器をはじめ管・弦・打そのほとんどの楽器を習得し、作曲も行う。独自の奏法や数々のオリジナル楽器を製作するなど、タンバリンやフレームドラムを使い、今までに無い方法論で音楽を表現する。
毎年ドイツにて行われるフレームドラムフェスティバル「タンブリ・ムンディ」へ招待され、コンサート、レクチャーを行う。

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

みっち。の日々

11月19日、20日
深夜、バスで京都に向かって
朝、6時前に京都駅に着いた。
寝たような寝てないような
でも、頭はキンキンに冴えていた。
まだ薄暗い街を歩きたくなって
あてもなく歩いた。
東本願寺が見えたので、
中に入ろうと思ったら、
まだ門が開いてなかった。
だから、また歩いた。
歩き続けた。
パーカーハウスロールの前も通った。
看板をなでて、中島さんによろしく!と
声をかけた。
どんどん歩いてたら、
お腹がすいてきたので、
マクドナルドに入った。
やたらペコペコと頭を下げるオトコ。
文句を言って返金を迫るオトコ。
そういうお客さん達にも
丁寧に接客する外国人のアルバイト。
そんな光景を観ながら
ベーコンを外して
エッグとチーズだけ挟まったマフィンを食べた。
京都駅に戻って、
京都タワーの地下にある銭湯に入った。
銭湯は大売り出しの会場に迷い込んだみたいに
とても混み合っていた。
荷物や着替えを入れるボックスの前にいくと
隣りのボックスを開けている人のお尻が
目の前にあってとても困った。
それでも、なんとかハダカになって浴室に入って、
カラダを洗って、湯船に入ると
京都に着いたんだ…と実感した。
湯船から上がった頃は
落ち着いた雰囲気だった。
ロビーで熱りを冷まして京都駅前に向かう。
バス停はどこも長蛇の列。
特に銀閣寺方面に行くバス停は凄い人だった。
とにかく、バスに乗り込んで
銀閣寺に向かった。
バス停からgorey cafeまで
ナビを設定したけど、とても簡単に到着した。
お休みの店内で、
idehofとharukoちゃんと話してたら、
彩月さんも到着した。
harukoちゃんに作ってもらったパスタを食べてから、
久しぶりの録音作業が始まった。
まず、彩月さんに
「マンマ」のベーシックな音源を聴いて頂きながら、
三線の音を録音して頂いた。
楽器だけ演奏する人と
歌も楽器も演奏する人では、
同じ楽器を演奏した時、
ハッキリした違いがあると思った。
彩月さんは、女心を歌うように
三線の演奏をしてくれた。
それがとてもうれしかった。
帰りの新幹線の時間が
だんだんと迫ってきてドキドキしたけど、
idehofがやりたいことを
上手にくみ取ってくれて
新しく歌う部分もいい感じに録音出来た。

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

みっち。の日々

11月5日
ホンキートンクで、
中川五郎さんと二人夜会。
アタシは一人で演奏したり、
マスターと二人で演奏したり。
緊張したけど、良い緊張感だったと思う。
今夜は五郎さんのパワーに圧倒された。
椎の木のトーキングブルースは、
20分くらいだったのか?
とにかく、凄い…
壮絶な演奏だった。
しかも、ギター1本で歌う…
五郎さん、かっこよかった。
最後の最後に
五郎さんと二人で「生活の柄」をやった。
うちの父や渡さんが微笑んでいるような気がした。

11月8日
国立の地球屋に行った。
ガチャピンさんはちょっと久しぶり。
ミチロウさんとは、数年振り?
ミチロウさんの歌を聴くと
自分の中にある一部分に会ったような気分になる。
ガチャピンさんも同じような気分になるらしい。
帰り間際、ミチロウさんに
「ミチロウさんの歌で踊りたい。」と言ったら、
「いいよ。」と言ってくれた。
実現させたい。

11月11日
清水悠さんのギター教室の発表会に遊びに行く。
生徒さんの演奏を観るだけでなく、
悠さんや生徒さんのギター演奏で
「オブラディオブラダ」を歌ったり、
悠さんと二人で
「真っ赤なごちそう」を演奏した。
生徒さん達の演奏は、
しっとりとしていて
気持ちよくアタシの耳に響いた。
一年振りに会ったRちゃんが
大人っぽくなっていて
なんだか恥ずかしかった。

11月12日
知り合いのギャラリーのお手伝い。
少し寒かったけど、
素敵なお客様とお話ししたり、
展示してあった本を読んだり、
とても良い時間だった。
お手伝いしながら、
休息させて頂いた感じがした。

11月15日
阿佐ヶ谷にあるハーネスで、
石川さんと角森さんとアタシの3人でライブ。
ソロコーナーは、
それぞれの特徴が出てよかったと思う。
アタシはおもちゃのアコーディオンで二曲と
おもちゃのピアノで二曲歌った。
セッションは、
観て頂いた方以上にアタシ達の方が
楽しかったような気がした。
新曲「チキンラーメンの歌」も作った。
ライブする直前に、
石川さんに
「秋の風」を歌ってほしいんだけど…
と言ったら、
おー、いいね!歌うよ!って快諾して頂いて、セッションの時、歌ってくれた。
アタシはピアニカを吹いた。
ツリーはチンチンを作った。
それから、今日は、
久しぶりに渡瀬さんに会えて、
渡瀬さんの美しいおっぱいにも会えた。

11月16日
昨日、渡瀬さんと鎌田さんに教えて頂いた
双葉双一さんを検索する。
確かに美しい方で、
独特な世界の音楽だった。
最近は歌ってないらしい。
いつかライブが観たい。

11月18日
スターパインズカフェ内で、
伊藤さんとHONZIイベントの打ち合わせ。
2日間の開催ということもあって
いつもよりかなり出演者が多くなりそうだ。
吉祥寺から渋谷へ。
シアターコクーンで「24番地の桜の園」を観劇。
著名な俳優さんの中に
太田さん、Alan、種ちゃんもいて、
誇らしいようなくすぐったいような…
そんな気持ちになった。
途中から、そんなことはすっかり忘れ、
お芝居の中に引き込まれていった。
今日、わかったのは、
セリフがない時、存在感がある人が
素晴らしい役者だということだ。
立っているだけで、
その場所が変わるというか…
それは、演奏する人も同じで、
音を出してない部分で、
その人の全てがわかってしまう、
見えてしまう…
そんな気がした。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

みっち。の日々

10月10日
昨夜の余韻を残しつつ、
ベチコ、るっちゃんと
待望の「入船」に行って
山クルミ蕎麦を食す。
舞茸の天ぷらも食べた!
秩父神社で参拝した後、
お二人を飯能まで送って行った。

10月11日
河村さんのアルバムが届いた。
拝聴する前にジャケットや
内ジャケットを舐め回すように眺めた。
感慨深かった。
内容も河村さんが自ら書いたライナーノーツも
とても濃厚だ。
河村さんのアルバムが完成して
自分のことのようにうれしい。
ほんとうにうれしい。

10月12日
11月5日の打ち合わせとリハーサルを
ホンキートンクで
ホンキートンクのマスターとした。
マスターには、2.3曲だったら
一緒にやってもいいよって言われてたけど、
思っていた以上に
アタシのCDを聴いて頂いていて
曲をご存知だったので、
6曲ご一緒して頂くことにした。
「みっち。のLive JAM」でご一緒した
「セクシィ」はもちろんやる!

10月20日
キチムで開催された
「ものすごく縄文でありえないほどインド」
というイベントに参加した。
縄文とインドの共通点についてを
お話しして下さるトークイベントだった。
こじ付けっぽいところも面白く、
また学術的な内容もあって面白かった。
予約した縄文インド弁当は、
ずっしりと重たかったけど、
ゴボウ、ピーナッツ、里芋が入っていて、
カレーと味噌をミックスした良いお味で、
とても美味しくて完食してしまった。
そのイベントの帰り、Kさんに会う。
自分のバンドのリハーサルの後、
わざわざ時間を作ってくれたようだった。
Kさんに来年のHONZI LOVE CONNECTIONにの
ことをお話しした。
ちょうどツアー中になるらしい。
でも、遊びに行けたら行きたいと言ってくれた。

10月22日
午後から逍遥瞑想のクラスに参加した。
ナタヨーガが生活の一部になって久しい。
とくにこの特別クラスは、
自分にとって大切な時間である。
基本クラスの中のウォーミングアップで
やっている8の字の動きを
ナタランガ(揺り+振り+舞)の中で
意識しながら動くというのは、
とてもよかった。
お腹の奥から声を出していく
富士山観想も充実した時間だった。
最後のラサヴァットは
以前よりも軽やかにリズミカルに
とても楽しめた。

10月23日
昨日まで大雨だったから
ライブ出来ないかもしれないと不安だった。
しかし、台風一過で晴れ!!!
伊勢くんと英理さんと3人でホメリでライブ。
月曜日なのに、満員御礼。
以前、ホメリにコーヒーを飲みに行った時、
店主・アルジーヌとだらだら話していて、
いつか伊勢くんとホメリでライブしたいなぁ
と言ったら、
アルジーヌが
実現したらすごくうれしい!!!
と言ってくれた。
それがほんとうに実現したのだ。
小西英理さんの演奏は、
ほんとうに素晴らしくて
ライブをご一緒するよりも
お客さんとして聴いていたいくらいだった。
伊勢くんは、
スカフレームスの時とは
かなり違う甘い雰囲気の曲を選んで歌った。
アタシは、
ただのレゲエ好きだった頃によく聴いていた
アルトン・エリスの「Breaking up」を
カリンバを鳴らしながら歌ったりもした。
とっても楽しい時間だった。

10月26日
清水悠さんと
悠さんのギター教室の発表会で一緒に演奏する
曲をリハーサル。
一曲は、アタシの曲で、
もう一曲はビートルズの曲のカバーをする。
ギター教室の子供達が一緒に踊ってくれますように!

10月28日
また台風の影響で雨。
15時過ぎ、キチムへ。
南椌椌さんの展覧会に行った。
椌椌さんが創った雲知さんの表情は
とても豊か。
心が晴れ晴れした。
椌椌さんの表情もとても豊か。
笑顔は最高!
初めてお会いした方に
ツーショットの写真を撮って頂いた。
とてもいい写真!うれしい!
夜もまたキチムへ。
太陽バンドと卓史くんのライブを観た。
畑さん(太陽バンド)は、
卓史くんと二人だと自由な感じで、
また濃密な感じにもなって、
とても色気があるライブだった。
また二人の編成でやってほしいな。

10月29日
まんまるまつりに行った。
会場のみどりの村は、
小鹿野町の奥にあって、
広い土地に建物が三棟建っていて、
アスレチックの遊具も点在していた。
天気が良かったら、
芝生の上で開催されたらしいけど、
大雨だったので、
坂を登ったところにある二階建ての建物で開催されていた。
十輪寺ファミリーに会ったり、
高野くん親子に会ったり、
知らない方に声をかけて頂いたり、
たくさんの方に会ってお話しした。
悪天候にも関わらず、
たくさんの方が集まっていた。
アタシは「おりっこ」の体験をした。
予想してたよりも時間がかかったけど、
かわいい色合いのコースターが完成して満足。

10月30日
夜、ホンキートンクで
マスターと2回目のリハーサル。
マスターは
ヴァイオリン、ギター、アイリッシュリコーダーを使って
ご一緒してくれるようだ。
先日のリハよりもいい感じ!
アタシももっといい感じで歌えるように
準備しなくては!

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

みっち。の日々

9月25日
マグノリア 第八号用の撮影を
ゲストハウス・錦でさせて頂いた。
錦の建物自体も不思議だが、
錦のまわりの環境も不思議。
時間がないような…
どこにいるかわからないような…
そんな感覚が生まれる。
オーナーの立川さんに
いろいろとご協力頂いた。
どんな写真になっているか?
楽しみだ。

9月27日
「HONZIのために」
@下北沢の無寸草とづづ
お客さんは少なかったけど、
良いイベントになった。
「ピーヒャララ」、「いらいら」が
Alanとアタシの
新しいレパートリーになった。
HONZIのことも、
月の庭のマサルさんのことも思い出した。
お客さんが
急に踊り出してビックリした。
ビックリしたけど、うれしかった!!!

10月4日
十五夜。
早く起きて、母の手伝い。
Aおじさん夫婦にも
月見だんご作りをご協力頂いた。
さっき、月が見えた。

10月5日
泰山堂cafeで
みっち。のLive JAMの収録。
ゲストは清水悠さん。
ギターの音も声も気持ち良く響いた。
先日、打ち合わせした時に
音合わせを一回しただけだったけど、
とても良い感じにセッション出来た。
悠さんの演奏は柔らかく伸び伸びしている。
収録が終わった後、ママと万里ちゃんに
珈琲を淹れて頂いた。
美味しかった。

10月6日
路得子ちゃんのお家で、
9日のリハーサルと
喜界島、奄美大島の打ち合わせ、
HONZI LOVE CONNECTIONの打ち合わせ。
るっちゃんお手製の焼き立てクッキー、
とても美味しかった!
るっちゃんママに頂いた茹で落花生も
とても美味しかった!
リハーサルもちゃんとやった!
とりあえず、9日楽しみ!

10月7日
ふれあい長瀞フェスタへ行った。
長瀞に向かう途中で、
お腹が痛くなってしまい、
何度かコンビニに立ち寄って、
10分遅刻で風の丘に到着した。
風の丘からは
みんなで車に乗り込んで、
わいわい言いながら
フェスタ会場まで向かった。
会場に着くとすぐに出番だった。
よくわからないまま、
長瀞おんどを歌って、
またすぐに会場から風の丘に戻った。
長瀞おんどはいい感じで歌えたし、
ふーさんが作ってくれたおうどんは
とっても美味しかったし、
お腹の痛いのも治ったし、よかった。

10月9日
べちことるっちゃんとアタシの三人のライブは、
今日で2回目。
とても良いトリオだと思う。
アタシは女性と一緒にライブするのは
苦手だ。
(これは過去の経験がそう感じさせるのかもしれない。)
でも、二人は別で、
むしろ、いつも一緒にライブしたい。
ベチコにもるっちゃんにも熱い魂を感じる。
アタシもあの感じでライブしていきたい。
不安だった「月のうさぎ」は、
ベチコが譜面にしてきてくれて、
とても良い感じで歌えた。
他の曲も良い感じだったと思う。
またタイミングが合ったら
三人でライブしたい。
良いお誕生日になった。

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

みっち。の日々

帯状疱疹の日々

火曜日のヨーガのレッスンに行った時に
もうすでに右腹にポツポツ出来ていた。
その翌日は、
四ツ谷、渋谷、吉祥寺と移動して
未明に帰宅して
お昼過ぎから、「マグノリア」の撮影。
撮影の合間、とてもカラダが痛かった。
8日の朝、右腹を確認したら
発疹が広がっていたので、
「これって帯状疱疹?」って
母に見せたら、
「絶対そう!早く病院に行った方がいいよ!」と言われた。
病院でポツポツを見せたら、
ほんとに帯状疱疹だった。
9日、10日はカラダが痛いだけでなく、
薬が強すぎて吐き気がするので、
ほんとうに困った。
リンゴやぶどうを少し食べて
なんとか薬を飲んだ。
カラダも痛かった。
でも、一番痛かったのは
「もう若くないんだから、気をつけてよ!」と
母に言われたことだ。
13日。
朝、起きてすぐに
ひと流れ動いてみたら、
鍬のポーズは辛かったけれど、
他はなんとかなりそうだったので、
夜、ヨーガのレッスンを受けた。
14日。
みっち。のLive JAMの打ち合わせを
tea Romaで。
今回のゲストはギタリストの清水悠さん。
まだ30歳?!
落ち着いた雰囲気の方。
セッションする曲を一回合わせた。
録音してもよかったかも。
とてもいい感じだった。
歌っている時間は、
カラダの痛みは感じなかった。
帰宅してから、チラシを描く準備。
浩司くんとツリーの顔を試し描きする。
早目に寝ようと思っていたのに
25時過ぎになってしまった。
19日。
Alanの家で27日のリハーサル。
「ぴーひゃらら」と「いらいら」を
演奏することにして、
アレンジを考えて、練習した。
終わった後、ルドと遊んだ。
パソコンのゲームを教えてくれたけど、
アタシは上手く操作出来なかった。
ルドは素早くて的確だった。
20時過ぎてしまったが、
和久井さんが主催する上映会に行った。
23日。
一橋学園のローリングビーンズへ。
とても良い雰囲気のお店。
河村さんのホームグラウンド。
お客さんがアタシ達の演奏と一緒に揺れているのが見えた。
休憩時間に
「みっち。さんの生歌が聴けてよかった。」
と言われてうれしかった。
河村さんのアルバム楽しみ。
24日。
カラダの痛みがずいぶん楽になった。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

みっち。の日々

9月4日
久しぶりのRちゃんと
いつものFちゃんとマジョラムに行った。
まだ、夏野菜のカレーがあってよかった。
泰山堂カフェにも行った。
気のおけない2人と
たわいない話をするのは楽しい。
久しぶりに心の底から笑った。
その後、ゲストハウス「錦」へ。
どんなところか、行きたいと思いつつ、
なかなか行けなかった場所。
奥様のYちゃんとは
よくお話しするけど、
オーナーの立川さんとは初めてお話しした。
立川さんは、
「秩父」のこの先をどうしたら良いか、
未来図のようなものを
しっかりイメージしていた。
アタシのように秩父で生まれた人は、
地元のことについて客観視が出来ないので、
この先をどうしたら良いか?
わからないところが多い。
立川さんのように、
いろいろな方の話をしっかり受け止めて、
かつ、自分の考えをしっかり持っている方は
なかなかいない。
素晴らしいと思った。
「マグノリア」について
高く評価して頂いてることも
とてもうれしかった。
「錦」の建物は面白い造りだった。
まわりの住宅も
なつかしい文化住宅で、
タイムスリップしたみたいな感じ。
いつか「錦」で
立川さんと一緒にイベントをしたい。

9月6日
ホメリに行く。
仰天トリオの名付け親のアルジーヌに
仰天ステッカーをお渡しして、
10/23の伊勢くんと英理さんと一緒の
ライブのチラシを預かってもらった。
もしかしたら、郵送すれば、
お互いに楽なのかもしれないけど、
アルジーヌと話したかったし、
ホメリのチーズケーキも食べたかったのだ。
短い時間だったけど、
アルジーヌと会えてうれしかった。
渋谷に移動して、サラヴァ東京へ。
ソワレさんと初めてお話しした。
とてもスマートな方だった。
イデホフだけでなく、
西やん、スティーヴさん、大地くん…
共通の知り合いも多いみたい。
HONZI LOVE CONNECTIONに
ずっと出演したかったと言って頂いて
うれしかった。
渋谷から吉祥寺に移動して
スターパインズカフェへ。
スカパラのライブは、
大きな会場でしか観たことがない。
今日は間近で観るメンバー全員の表情を
たくさん楽しんだ。
特に、加藤さんの動きに注目した。
もし、アタシがエレキギターを弾くなら、
あんな風に絶対動きたい!マネしたい!
欣ちゃんのドラムもかっこよかった!
ライブの後、欣ちゃんと加藤さんといろいろ話した。
その後、マンダラ2へ。
中野店長と2月のイベントの打ち合わせ。
店長にはいつも細かい部分まで心配して頂いている。
とても有難い!
ライブもイベントも、
滅多に会わないメンバーと
同じ時間を過ごすことが出来るなら、
刺激的で面白いものになるはずだ。
HONZIはジャンルを超えて活動してきたから、
その可能性は毎回ある。
彼女の創った音楽はとても面白い。
それ以上に彼女の活動歴は面白くて、
とても興味深い。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

みっち。の日々

8月24日
寄居の川の博物館に行った。
駐車場に車をとめて
外に出た時、暑くて倒れそうになった。
「神になったオオカミ」の展示で
一番興味深かったのは、
宝登山神社も三峰神社も
毎月決まった日に
オオカミのためにご飯を炊いて
お供えしていることだ。
そのお供えする様子を映像で観た。
儀式だった。
お面を創る井野さんも言ってたけど、
儀式はアタシがやるパフォーマンスと似てる。
…似てるというか、イコールだ。

10月25日
カツラを被って
ギターとおもちゃアコーディオンを弾いた。
ギターを肩にかけるのが難しかった。
(アコーディオンは平気だった。)
普段、首の後ろに髪がかからないから、
カツラを被ると首の後ろに
毛布がかかってるみたいで暑い。
カツラを被って躍ってみたら、
いつもよりオンナになった。
髪の毛は衣装だと誰かが言ってたけど、
ほんとにそうだと思った。
「百合子先生山羊連れて」も歌った。
「乳のみほせ」も歌ってしまった。
自分勝手にだいたいの流れは決めでたけど、
結局、その時にやりたいことをやって
感じ合いながら進めた。
見た目だけでなく、
田島さんとアタシは双子のようだったと思う。

8月31日
明日から新しい月だと思うと
焦ってしまい、
フェイント気味のメールを何通か送信した。
考え過ぎは良くないし、
別に変なお願いをするわけでもなく、
ただ、自分に自信がないだけ…と
気付いたら馬鹿らしくなったせいもある。
とにかく、メールした。
良いお返事が着たらうれしい。

9月2日
前橋でライブ。
「水星」に行く前に
valo kioskiに行ったら、
店内の様子が変わっていて
valoのお母さんがいなかった。
恐る恐るお店の方に訊いたら、
お母さんを連れて来て頂いた。
お会い出来てよかった。
valoのお母さんは、
ライブにも来てくれた。
かべっこちゃんの新しい歌は
彼女のハスキーな声を生かしてて、
とてもよかった。
ペンギンとシロクマさんは
夜聴いても爽やかな音だった。
音を出した途端、
その場の雰囲気を変えるのは、
アタシも目指すところだ。
ライブが終わった後、
マスターの特製パスタを頂いた。
今日のためだけのパスタは、
基本的にはジェノベーゼとおっしゃっていたけど、
ドライトマトが入っていたり、
海老がのっかっていたり、
素晴らしい味だった。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

みっち。のライブ情報〜11月〜

「浩司×ツリー×みっち。のトリプルビーム!!!」
それぞれのソロコーナーあり、
三人でセッションしたり、
ハチャメチャでグラッチェな夜になりそうです〜!!!
<日時>
11月15日(水)
open 19:00 start 19:30
<出演>
石川浩司(うた、ギター、パーカッション)
角森隆浩(うた、ウクレレ)
みっち。(うた、ギター、踊り、etc)
<料金>
前売り予約 2800円+ドリンクオーダー
当日 3000円+ドリンクオーダー
<会場>
ライブ&バー・ハーネス
東京都杉並区阿佐谷南2-18-9 ゴールドビル阿佐ヶ谷B1
(阿佐ヶ谷駅南口下車、徒歩2分)
TEL 03 6454 6277

| | コメント (0)

みっち。の日々

8月9日
暑い日だった。
homeでランチ。
直美ちゃんのヘルシーなメニューと
美味しいパンの組み合わせ。
味噌入りのカンパーニュと
フォカッチャが美味しかった。
椌椌さんご夫婦に会う。
相変わらず素敵だった。
帰りの電車の中で
桜木紫乃の「裸の華」を読み終えた。
面白い小説だった。
桜木さんが描く女性像に共感することが多い。

8月11日
友達のお店のヘルプ。
彼女のお店にいると、
なかなか会えないタイプの方に会える。
毎回、あまり役に立たないお手伝いだけど、
今回も楽しい時間だった。

8月16日
朝から悲しいお知らせ。
信じられないお知らせ。
ほんとなのか?と思って、
Tちゃんに電話した。
会いたい人にもう会えない。

8月17日
渋谷に行った。
伊勢くんと英理さんのライブを観た。
田口さんにも会った。
来年、伊勢くん、英理さんとライブ出来そう。
うれしい。
頭の中に正一さんの笑顔がずっといる。

8月18日
田島さんとライブする時、
「百合子先生、山羊連れて」を
歌いたくなり、
にゅーさんに頂いたCD-Rを何回か聴いて
歌詞を聞き取った。
早速、ギターで試しでみたけど、
上手くいかない。
どうしたらいいんだ?
歌詞の中に
「時を待たずに死んだ人」っていうのがあって
それを声にする度に
正一さんやマサルさんが
アタシの目の前に出てきそうだった。
この前、「奄美の子守唄」を
中学生の時の教科書の中に見つけた。
この曲はピアニカでやっでみようと思う。
やりたいことを
どんどんやっていこうと思う。

8月19日
なぎらさんと漣くんのライブに行った。
ホンキートンクに着いた時、
雨がとんでもなく降っていて、
傘が役に立たず、ビショビショ。
でも、漣くんの姿を見たら
そんなのどうでもよくなった。
なぎらさんと漣くんが歌う渡さんの歌は格別で、
特別な夜だった。
お二人のお話しも面白かったし、
渡さんに会った時のことを思い出した。
渡さんもアタシ達と一緒に聴いていたような気がする。

8月22日
10月9日のライブのチラシ配り。
10月以降のライブの連絡のやり取り。
連絡のやり取りが一番時間がかかる。
連絡取れなくて、
事がスムーズに進まないと
イライラすることもある。
チラシ配りは、苦手だったけれど、
今はそうでもなくなった。
ただ、有名な人達は、
自分でチラシなんか配らないんだろうな…
と思いついてしまうと、凹む。
アタシはライブをやめるまで、
チラシを配り続けるのだろうな…
それだったとしても、
自分がやりたいことが続けられていたらいい!いいのだ!!!

| | コメント (0)

«みっち。の日々