2017年3月のライブ情報

「トキメキ ワルツ」
〜三人の音が芽吹いて絡みあって思わず踊ってしまいそうな春の宵〜
<日時>
2017年3月25日(土)
19時スタート
投げ銭制(+席料500円)
<出演>
磯部舞子(ヴァイオリン、他)
http://isobemaiko.com/#pagetop
熊坂路得子(アコーディオン、他)
http://rutsuko.main.jp/
みっち。(うた、踊り、ギター、他)
https://www.facebook.com/mitcharuturan/posts
<会場>
Cafe Muriwuiカフェ ムリウイ
〒157-0072 世田谷区祖師谷4-1-22-3F
Open: 12pm-9pm(火休)
ライブのない日は6pmまで

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

みっち。の日々

3月7日
お昼過ぎ、昨日のリハで
舞子ちゃんに提案して頂いた
アレンジを復習した。
ちょっとしたこと
(今回の場合はある一部分のギターの弾き方)
で、素敵になる。
ちょっとしたことが大切だ。
舞子ちゃん、ありがとう。
夜、ナタヨーガへ。
今日のレッスンはとても気持ちよかった。
気温が上がってきたことで、
呼吸がしやすくなったせいもあるのかしら?
毎回同じ流れをやることで、
自分のカラダの様子がわかる。
ヨーガは特別なものではなく、
顔を洗ったり、歯磨きしたりするのと
同じようになってきた。

3月9日
昨日、何気なく弾いていたメロディが
引っかかったので
ヴォイスレコーダーに録っておいた。
それと、先月の「秘蜜」ライブ前に
スラスラ出て来た文字?詩?が
歌になりそうな気がする。
録音した方は、ほんわかしてて、
文字の方は、あからさまにエロで、
とんでもなく両極端である。

3月10日
マリちゃんと阿里山カフェでランチ。
春の限定メニューのサンドイッチが
見た目も味も素晴らしかった。
ほんとに美味しかった。
カフェのスタッフの方が
いつも笑顔で迎えてくれる。
それが一番うれしい。
帰りに泰山堂カフェに立ち寄ったら、
tsugumiもいて、大岡さんもいて、
マリちゃんとアタシも揃ったので、
「We are Magnolia!」だった。
アタシがそう言ったら、
大岡さんのご主人は、
「なんだぁ?!それ〜?!」って言いながら
怪訝そうな顔をしたけど、
アタシ達4人は盛り上がった。
オンナっていいなぁと思った。

3月11日
あの時からこの日は緊張感がある。
被害に遭ったわけでもないし、
あの時以前と
ほとんど変わらない生活を送っているが、
あの時以降
会えなくなってしまった人がいる。
母と夕ごはんを食べてから、
この前、ヴォイスレコーダーに
残したメロディを聴いてたら、
スススススと詩が出て来た。
その文字をノートに書きとめていったら
あっという間に歌になって
なんでだかわからないけど、泣いた。
自分の中にあった言えないことが
歌に変わったからなんだろうか?
とにかく、自分の中のどこかに
つっかえていたものが取れて
泣いた気がしたのだ。

3月13日
「HONZI LOVE CONNECTION 9」のうちの
「雨で洗われた丸い月」を公開した。
それをKさんにも連絡したら、
今からラジオのパーソナリティをしますから
よかったら聞いて下さい。
とメールが着た。
知っている人が公共の電波で話すのは不思議で、
しかも、エッチな話題だったから
さらに不思議な気がした。
しかも、Kさん独特の話し方と
頭の切り替えの速さで、
まったく下品に聞こえないという…
凄いなぁと思った。

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

みっち。の日々

2月28日
今月、やり終えた感満載。
一ヶ月が短いのに
浜松行ったり、実家の売り出しがあったり、
ほんぢのイベントがあったり、
みっち。女史になったり、
尼崎にも行った。
たくさんの人に会った。
話した内容はよく覚えているのに
誰と話したかを
忘れている場合が多いなぁと思った。

3月3日
急に思い立って、
早川さんと坂本さんのライブに行く。
今日は泣いた、泣けた。
早川さんの歌がとても染みた。
大好きな曲「純愛」は歌って頂けなかったけど、
「暮らし」は聴けた。
演奏が始まった途端、
アタシの中にあるスクリーンに
歌の中の物語が映し出される。
早川さんは、
早川さんしか歌えない歌だけを
歌っているんだなぁ…
と実感するとまた涙が溢れた。
坂本さんの演奏も素晴らしかった。
時々、坂本さんの出す音が、
ほんぢと佐久間さんの音を
引き連れてくる瞬間があった。
それも涙を誘った。
そういえば、
渋谷に行く前にカフェ・ムリウイに行ったら
児嶋さおりさんに会えた。
児嶋さんも今西さんも
綺麗でキラキラしてた。
ムリウイのお母さんも元気に
キラキラしててうれしかった。

3月4日
「秩父の人びと展」に行った。
初めて入るお店だったし、
知っている人は
笹久保くんとたつみさんくらいしか
いないと思って
緊張しながら入店したら、
泰山堂カフェのママや、
PNBのなおちゃんや、
清野くん夫妻、櫻井さんも来ていた。
笹久保くんの演奏を久しぶりに聴いた。
彼の出す音は艶っぽい。
イルマさんの歌も久しぶりに聴けた。
素朴な手作り楽器を素朴に鳴らしながら、
感情を声にしたような歌唱法。
面白くて怖い感じ。
いつだったか…
イルマさんがその歌い方について
「ドウカ シチャッタヨウナ ウタイカタ デショ?」
と言ってたことを思い出した。
最近、秩父に移住された方が
フランス語の詩を朗読したり、
たつみさんが作った曲を
笹久保くんが演奏したり、
(たつみさんの曲はとても繊細だった。
それぞれ色の異なる細い光が集まってきたような…そんな曲だった。)
北海道から来た歌い手の方の演奏もあった。
その方の演奏を聴いていると、
今じゃないどこかに連れてかれる気がした。
最後にサンポーニャの青木さんと
笹久保さんが演奏した。
青木さんの演奏、とても素晴らしかった。
スタジオ・ジョイの山口さんのPAも素晴らしかった。
地元の方の作品(写真、絵など)に囲まれて演奏を聴けたのもよかった。
今夜のようなイベントを地元で観られるのはうれしい。
続けていってほしい。

3月6日
25日のリハを新宿のカラオケで。
(カラオケは、カラオケをしに行ったことがなく、
何回かライブのリハをしに行ったことしかない。)
今日のお部屋は広くて快適だった。
共有スペース(廊下)に
ベチコとるっちゃんの壮大な演奏が漏れていると思うと
なんだかワクワクした。
昨年9月にやった「ワルツ」を
今回、アタシはピアニカで演奏したり、
河村さんの曲を河村さん無しでやったり、
ほんぢの曲を初めて3人でやるのもある。
ベチコ×るつこの演奏で踊るのも楽しそう!
その後、
里香ちゃんの写真展を観るために六本木へ。
彼女の写真は
静かに呼吸してるようで、
ずっと観ていると
写真の中の風景と一緒に生きている感じがした。

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

みっち。の日々

2月24日
弟の誕生日。
弟の小さい時の写真を探した。
けんいちは
今と違って小さかったなぁと思った。
弟は小さい頃、
足の付け根の骨が細く、
上手く歩けないことがあった。
アタシは生まれた時から
健康優良児だったが、
弟は細くて小さかった。
それが、あんなに大きくなるなんて!
母におんぶしてる赤ちゃんの頃の弟。
母と一緒に写っているヨチヨチ歩きの弟。
確かにあんな姿だった…
それにしても
母の若い頃の写真を見るのは
こそばゆかった。
自分と似てるから。

2月25日
大阪と思っていたら兵庫県で、
JR尼崎駅だと思っていたら、
阪神尼崎駅だった。
詩人の実家がある場所だった。
「アルバイト」の歌の舞台だった。
一ヶ月前に決まったライブだったのに
会場にはたくさんお客さんが集まっていた。
10分のサウンドチェックだけで、
ライブは始まった。
RIKKIは読み聞かせをしたり、歌ったり、
先月、奄美大島でライブした時のことや、
自分の日常生活のことを話したりした。
RIKKIは歌も素晴らしいし、
お話しするのも素晴らしいなぁと思った。
ライブが終わった後、
大阪から来てくれた戸上さんと話してたら、
ライブを観てくれたおばちゃん達に
「あんた〜、よかったでぇ〜!
次は一緒に踊ってな!」とか、
「あんた〜、オンナだったんか〜!
アハハハハハ」とか
声をかけてもらってすごくうれしかった。
その後、スナックに二軒連れて行って頂いた。
どっちもお客さんがいっぱいいて、
誰かがカラオケを歌うと一気に盛り上がる。
RIKKIが歌うとさらに盛り上がる。
その感じや、
「年下の男の子」の替え歌をみんなで歌ったり、
スナックのマスターの三線で、
RIKKIが「むちゃ加那」を歌ったりしたのが、
現実感がなくて、
映画の中に入り込んだみたいだった。

2月26日
尼崎から、京都に移動。
今出川という場所に行った。
展覧会のハガキは持っていたが、
駅からスマホのナビに頼った。
ほんとは自力で行きたかったけど、
あまり時間がなかったから仕方ない。
be-京都の入り口から中を覗くと
友稀ちゃんがすぐに気付いてくれた。
小さい頃から変わらない笑顔で迎い入れてくれた。
友稀ちゃんの作品は、
その建物に似合う素晴らしい展示だった。
デッサン力があり、色合いもとても美しかった。
展示の中にアタシに出しそびれた手紙があって、
アタシを泣かした。
友稀ちゃんにも作品にも会えてよかった!
うれしかった!

| | コメント (0)

2017年2月28日 (火)

みっち。の日々

2月17日
15日の余韻がまだまとわりついてる。
きんちゃんにイベントのことや、
Kさんや、なつなちゃんと撮った写真や、
太輔さんが撮った
太輔さんのドラムセットと写っている
ほうすけくん写真を送った。
きんちゃんが、
「ほうすけくん、プロっぽいね!」って
返信してきた。
譲さんもイベントのことを心配してくれてたみたいだ。
みんなに支えられて続いてきたことを
改めて感じた。
夜、19日に演奏する曲の確認。
田島さんにお願いされた
サザエさんの歌は、コードは心配だけど、
歌詞はバッチリ覚えていて
検索する必要がなかった。
(何十年も聴き続けていると勝手に記憶されてしまうらしい。)
当日は自分のキーボードを使うことにした。

2月18日
金髪のカツラが劣化気味。
ヘアースプレーをかけて整えてみたけど、
イマイチパッとせず…
朝起きた時に
ホワイトボードがあったら講座っぽいぞ!
と、今さら思いついて、
すぐに何人かに連絡してみた。
しかし、
完備されている施設は見つかったけど、
貸しては頂けなかった。
もっと早く思い付けばよかったのに!!!

2月19日
ただ歌うだけでも
自分の中にあるものを
必死に引っ張り出さないといけないのに
変身した場合は
それがもっともっと必要だということに
気付いた夜だった。
まあまあなみっち。女史だったと思う。
メイクしてカツラを着けた時、
アタシってなんだろう?と思った。
みっち。女史になって
セクシーな歌を歌うのは楽しかった。
網タイツの脚が好評だった。
男の人はわかりやすいなぁと思った。

2月22日
ホンキートンクで
ちちぶあっぱれでぃおの収録。
Mちゃんと初めてご一緒したわりには、
なかなか良い感じに演奏出来たと思う。
今日からまた新しいことがスタートした。
普段の喋り方と
聴いて頂けるようにお話しするのは
違うけれど、
普段お喋りするように
話せるようになりたいし、
歌えるようにもなりたい。
深夜、「さんごのうみのなかまたち」と
「けんむん」の振り付け確認。
何回もやってたら汗だくになった。

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

みっち。の日々

2月10日
明日の売り出しの準備をした。
まだ父が生きていた頃から始めた
「春が来た!感謝まつり!」も
今回で9回目になる。
HONZIのイベントと同じ回数だ。
母は今年も黄味しぐれ、すあま、
切り餅などがんばって作った。
アタシは飾り付けと福引きの準備。
いつも母のお店に来て頂くお客様や
ご近所さん達に
喜んで頂けますように…

2月11日
親戚のおばちゃん、隣りのおばちゃん、
母の友達にもお手伝いしてもらって
無事に売り出しが終わった。
16時前に完売した。
おばちゃん、おじちゃんのお客様も、
小さな子達も、
アタシの友達もわざわざ来てくれた。
今年もみんなが福引きを喜んでた。
よかった!
母は目と足が疲れたと言ってたけど、
うれしそうな満足そうな顔をしていた。
よかった!

2月13日
「灰の記憶」の歌い方をまだ迷っている。
先月、るっちゃんとリハした音源は
上手く歌おうとしてて良くない。

2月14日
スタジオでまず太輔さんに会って、
次にるっちゃんが来て、
太田さんよりもKさんが先に来た。
凄いメンバーだ。
4人で演奏していたら、
太田さんが入ってきた。
うれしくて飛び上がりそうだった。
このメンバーで演奏するんだ!と
目でも頭でも実感したせいか、
テンションが上がり過ぎて
いつも以上におバカさんなことばかり
言ってしまい
みなさんを失笑させてしまった。
Kさんがベースを演奏する姿を生で観た。
美しかった。
「DE LA SIESTA」の太輔さんのドラム演奏が
イメージ通りでうれしかった。
るっちゃんはいつも以上に熱い音だった。
太田さんの音はやっぱり凄い。
忙しい中、和久井さんも来てくれて
宣伝用の短い動画を撮影してくれた。
有難い!

2月15日
「HONZI LOVE CONNECTION 9」
14時半入り
今回、チケットが動かない時期があって
ハラハラした。
もし、持ち出しになっても
後悔しないような内容にすればいいんだ!
と思ったらふっ切れた。
角森さん、Kさん、
スパンコスモ大福、
カツラマズルカ、
それぞれ違って、それぞれ素晴らしかった。
太田さん×るっちゃん×太輔さんの編成で歌えて幸せだった!
Kさんが参加してくれた
「灰の記憶」、「白い部屋」、
歌ってた記憶がない瞬間があった。
アラン、葉子さん、岩原さんのカツラマズルカに
ご一緒して頂いた「雨で洗われた丸い月」は
歌ってた記憶がない瞬間がもっと多い。
今、これを書きながら、
昨日、Kさんが帰り際、
「丸い月、大好きな曲なので参加出来てほんとにうれしいです、ありがとうございます。」
と言っていたのを思い出した。
今日は、ほうすけくんが、
最後までしっかり起きていて
セッションにも加わってくれた。
HONZIは聴いてたのかな?
良いお誕生日だったのかな?
お客さん、たくさん来て頂いた。
初めて参加したKさん、うれしそうだった。
イデホフもうれしそうだった。
無事に終わってよかった。
企画室の伊藤さん、中野店長には
今日もいろいろお気遣い頂いた。
次は10回目だ!

2月16日
からだが興奮してたせいか
ホテルに帰っても眠れなかった。
一日中、昨日のことを考えた。
夜、ヨーガのレッスンに行った時も
時々、昨日のことが蘇った。
今日みたいのが余韻なのか…
怖いくらいアタシにまとわりついてる。
中にも外側にも。


| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

みっち。の日々

1月29日
吐き気がして何も食べられず。

2月5日
浜松へ。
東京→浜松まではこだま号。
大雨。
浜松駅からエスケリータまでバス。
バスはほとんど乗らないから苦手。
しかも、
バスで行ったことがなかったので、
ちゃんと到着するのか?
緊張感で乗車した。
エスケリータの最寄りのバス停で降りたら、
顔なじみの方々がいて、
一緒にお店まで行って頂けて助かった。
弟達のトリオの演奏は気持ちいい。
みんなを元気にさせる音楽だと思う。
全部のツアーについて行きたいくらい!
帰りのタクシーの中で、
ガチャピンさんのメロディアスなベースが心地よかったなぁ…
とか、
大地くんのドラムはきゃあーっ!って感じだったなぁ…
とか、
弟が高い声で歌っていた新曲よかったなぁ…
とか、
エスケリータのひろしとマダムは相変わらず面白いなぁ…
とか、
今日の出来事を反芻した。

2月6日
浜松から横浜へ。
ぷらっとこだまは、
途中下車出来ないとは知らなかった。
アタシのチェックミスなんだけど…
新横浜駅で降りようとしたら、
駅員さんに、
ここで降りたいなら
浜松からここまでの乗車代を頂くことになりますが、、、
と言われた。
その声がとても意地悪に聴こえて怖かった。
アタシはまた新横浜駅から新幹線に乗り、
品川駅で京浜東北線に乗り換えて
石川町に向かった。
30分以上の遅刻。
Kさんはアタシをじっと待っていてくれた。
イデホフ宅で15日の打ち合わせ。
企画室の伊藤さんに描いて頂いた
立ち位置の図を参考にした。
ほうすけくんは小さいドラムセットを叩くんじゃないんだね。
今回のイベントでギターを弾く人はいないんだね。
Kさんはヴァイオリンを弾きながら歌ったり、
生ピアノも使うらしい。
Kさんはイデホフに
「HONZIさんが演奏しているのを生で観たことがないんです。」
と話していた。
「ヴァイオリンを弾きながら歌ってる人の動画があるよ。」と
知り合いに教えてもらったのが、
高円寺のペンギンハウスで「ガティーラ・ガータ」を
演奏してる動画で、
それを観て衝撃を受けたと言っていた。
今までのイベントは、
HONZIとライブしたり、レコーディングしたり
した方に
出演して頂いた。
今回、初めてHONZIが亡くなった後に
HONZIの音楽を知った方に出演して頂く。
これは凄いことだ!!!
帰りの電車の中でもKさんと話した。
満員の電車の中で話してるアタシとKさんを
遠くから観たような気がした。

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

みっち。の日々

1月22日
かっちゃんが亡くなった。
お姉さんが電話をしてきてくれた。
お姉さんが
すみません、すみませんと何回も言った。
かっちゃんの声を思い出した。

1月25日
るっちゃん宅で2月15日のリハーサルをさせて頂く。
熊坂ママとお話しするのは楽しい!
まず、ママとお話ししてから
るっちゃんとリハーサル。
今回、「灰の記憶」を初めて歌う。
HONZIとまったく同じに歌うつもりはないが、
楽曲に込められでいるスピリットを
自分に反映させたい。
この曲、Kさんにベースで参加して頂けたら
いいなぁと思う。
ダメ元で訊いてみよう!

1月27日
まず、ららん藤岡を目指して
特産品コーナーでおやきを購入。
その後、喫茶「虫の音」を目指す。
赤城山は一つの山ではなく、
いくつかの山が合わさって
赤城山なんだと
サトチエさんが教えてくれた。
チーズケーキとチャイを頂いて、
「赤城山中腹」と書き初めをさせて頂いて、
心地良い時間だった。
アンダーソンさんにナビゲートして頂いて
「水星」を目指す。
軽くサウンドチェックしてから、
valoに向かう。
valoのお母さんもお嬢さんも
優しい笑顔で迎えてくれた。
前橋もホームタウンっぽくなってきた。
かべっこちゃんも
わざわざ会いに来てくれた!
あけちゃんのウクレレ弾き語りは可愛かった。
アンダーソンさんの歌は
アタシのカラダにずいぶん染み付いてきて、
歌えるようになってきた。
「四万十川」ではうっかりコーラスしてしまった。
自分の演奏もみんなの笑顔に支えられて
良い感じだったと思う。
光ることも出来たし、
アルバムも買って頂いたし、
とても楽しかった!
やっぱり、「水星」はパワースポットだ!

1月28日
あまみっけ。の日に行った。
島に行っても会えない友達や、
ご遠方から来ていた懐かしい方、
初めてお会いした方、
よく会える方々の笑顔にも…
ホールの中でもロビーでも
たくさん会えた。
楽屋でタクミさんが
屋仁川にいる時みたいに酔っ払ってて
可笑しかった。
しかし、
あの場所に弟がいないのが残念だった。

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

みっち。の日々

1月9日
ナタヨーガの研鑽会。
坂下先生のヨーガをやるようになって
呼吸は「吸う」と「吐く」だけでないことを
実感出来るようになってきた。
頭でわかっていたことが、
やっとカラダでもわかるようになってきた。
まず、日常生活で
美しい立ち振る舞いをしたい。

1月12日
振り付けの最終チェック。
足の動きと呼吸のタイミングが合うと、
かっこよく動けるんだなぁ…
今さら気付くの?と
自問自答する。
今さらでも気付いてよかった。
1ミリちょっとでも
進化出来ますように…

1月14日
奄美空港で知らない女性2人に出迎えられた。
「みっち。さん、菅原弘明さん」
とプラカードを掲げていた。
メキシコ空港以来の待遇。
初対面の菅原弘明さんと彼女達の車に乗って
一気に古仁屋へ向かう。
古仁屋のRIKKIのお母さんのお店でごはん。
途中で徳之島出身のHiROさんも合流。
全て初対面。
しかし、泊まる場所は、
「たんぽぽやぁ」だった。
また、祝さんに会えたらいいなと
思ってたけど、
こんなに早く会えるとは思わなかった。
夕方、はたさとみちゃんと青木薫さんが
たんぽぽやぁに来てくれた。
夜、RIKKIが名瀬から戻ってきて、
RIKKIの妹さんと子供達も来て、
明日のライブの流れを決めながら、
リハーサルをした。
HiROさんの振り付けは流石で
アタシは怖気付いた。
でも、子供達と一緒に踊るのが
楽しかったので、気持ちが上がった。

1月15日
RIKKIのライブ@アシビ
築地俊造さんに会えた。
凄い方と聞いていたので、
アシビに入って来られた時は
かなり緊張したけれど、
お話ししてみたら、
お茶目なおじさまで
お話しするのがとても楽しかった。
幸田さんの読み聞かせと、
菅原さんの演奏でRIKKIの歌、
築地さんとRIKKIの島唄コーナー、
HiROさんとアタシが踊りで参加したり、
盛りだくさんで
他にはない楽しいライブになった。
HiROさんとアタシで踊る場面も
入れて頂いた。
ホンモノの踊り手のHiROさんの呼吸を感じながら、
合わせていってみたが、
いい感じになったか、どうか…
アタシにとっては、
刺激的な瞬間だったが、

1月16日
朝、体調が悪くなってしまい
みなさんに心配をかけてしまった。
美味しいものを食べ過ぎたせいか…
昼過ぎ、自家用船で、
古仁屋から加計呂麻島へ向かう。
老人ホーム「加計呂麻園」の慰問に
参加させて頂いた。
演奏するホールに入ると、
11月に出会ったばかりの「5マイル」のりえちゃん、
ジローさん夫妻、
友達になった子供達の顔があって
うれしくて泣きそうになった。
どんな場所でも
RIKKIの生歌と菅原さんの演奏は素晴らしい。
RIKKIのMCも素晴らしい。
今日も、ともきくん(RIKKIの甥)と
「さんごのうみのなかまたち」と
「けんむん」を踊った。
最後にRIKKIが三線で「ワイド節」を歌った。
その時、職員の男性が
闘牛になって踊り出した。
わぁ〜おもしろい〜!って思ってたら、
カラダが動き出してしまい、
そのお兄さんと一緒に踊ってしまった。
加計呂麻島の滞在は
僅かな時間だったけど、
とっても楽しかった。
体調もすっかり良くなった。
古仁屋へ戻る船の上で、
大きな大きな虹を見た。

1月21日
四ツ谷ホメリで仰天トリオのライブ。
「仰天トリオ」と命名したのは、
店主のアルジーヌだが、
ぴったりなネーミングだと思う。
何が起きるかわからないライブをしてしまうアタシ達!
それは、路得子ちゃん、田島さんの秘めたるパワーがあればこそ!
アタシは乗っかってるだけだ!
前回は、母に紅白まんじゅうを作ってもらった。
今回は、年の始めということで
紅白餅を作ってもらって
お餅付きのライブにした。
ライブに来たお客さんに美味しく召し上がって頂けるように
今回もいろいろ研究してくれたみたいだ。
肝心の「仰天トリオ」のライブ、
今回も良い時間になったと自負している。
さらなるパワーを発信するために、
今年は喜界島(田島さんのルーツ)に
三人で行くことに決めた!

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

2017年 2月のライブ情報

ライブ
「タンバリン博士とみっち。女史の秘蜜講座」
<日時>
2017年2月19日(日)
open 18:30 start 19:00
<ご予約>
3500円(秘蜜ドリンク付)
※30名様限定
※小学生以下 2500円(秘蜜ドリンク付)
乳幼児の参加不可
☆ライブの中にタンバリン演奏のレッスンが含まれています。
☆「秘蜜ドリンク」はミツバチに林檎ジュースを与えて生まれた「第三のみつ」を使用した温かい飲み物です。
<出演>
タンバリン博士~田島 隆~
(タンバリン、ギター、他)
みっち。女史(うた、踊り、ギター、鍵盤ハーモニカ、他)
<お問い合わせ・ご予約>
電話→090-8857-4547(イマイ)
メール→mitch_geek@yahoo.co.jp
<会場>
tea Roma(テ・ロマ)
〒368-0072
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4261-11
電話 0494-23-3412
◎営業時間◎
11:30〜21:00(日曜日は19:00まで)
火曜休
☆駐車場あります。
☆お酒や軽食もご用意しています。

| | コメント (0)

«みっち。の日々