« 喉 | トップページ | ケアレスミス »

2007年9月 1日 (土)

わたしが・棄てた・女

わたしが・棄てた・女
何かの雑誌に紹介されてたので
買ってみた。

主人公の吉岡は
棄てた と思っているが
当の本人のミツは
棄てられた とは、
けっして思ってないのだ。
彼女は、吉岡と一度だけ
関係を持っただけで
何年間も彼を愛し続ける。
彼を愛するのと同じように
自分の周りの人に対しても
(その時、その場限りだったとしても)
愛情を注ぐのだ。
幼子のように、分け隔てなく。
その無垢な行為に
小説だとわかりながらも
何度も号泣してしまった。
自分の涙で
少しでも、心が洗われたらいいが…。

|

« 喉 | トップページ | ケアレスミス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/357714/7763163

この記事へのトラックバック一覧です: わたしが・棄てた・女:

« 喉 | トップページ | ケアレスミス »