« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

け の話

け の話
見つけてしまったとき
教えた方がいいのか、
見逃した方がいいのか、
非常に困る。
だいたい あご に生えている場合が多い。
しかも、うっすらではなく
太いものがしっかりと生えているのだ。
その対象が
自分の憧れの女性であることが
少なくないので
驚愕と困惑のダブルパンチだ。
アタシも気がつかないままで
いるのかと不安になり
思わず あご を触ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

藤 真利子のレコード

藤 真利子のレコード
寺山修司が作詞した
花がたみ は
もちろん素晴らしいが
赤江瀑が作詞した
野ざらし百鬼行 も
とても素晴らしい。
数十年前に
こんなに凄いレコードが、あったのだ。
時々、聴いては刺激を受けている。
今年はどちらかを歌ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

アタシ?

アタシ?
アタシはどこにいる?
見失ってしまったかもしれない。
からだから飛び出して
彼の元にいるのか?
それとも、
変えることが出来ない過去に戻って
傍観してるのか。
とにかく、
見失ったようだ。
早く見つけ出さなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートの季節

自惚れてるのかも
アタシに好意を持つ男性約ニ名
いい人そう
たぶん 年下
でも そう思ってない
そのまま どっちか
このまま そのまま
好きになれたらいいのに
世間はチョコレートの季節
チョコレートを見るたび
あの人の顔が
頭の上にポッカリ浮かぶ
「あんたにはもうあげない」
声にならない言葉が
分厚く重なり岩になる
いい人 じゃなくて
トキメク 人が
現れたらいいのに
この気分悪い固まりは
どんどん積み重なる
高く高く積み重なる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

あな のこと

びてい骨のあたり?
そのへんが前と違う。
ジムのウォーキングマシンで
歩いていて気が付いた。
例の あな の話に
つながると思うのだが
歩くと、
腰というか、お尻というか
とにかく、その部分の奥から
からだの隅々まで
エネルギーが拡がるような感じがする。
その感じを視覚的にすると
涌き水が湧いている如くである。
ヨーガをやってるのに
チャクラ的な話は苦手だが
そのあたりは確か
Muladharaという場所だったはず。
このへんが変わったのは
あな のことばかり
気にしてたからじゃなくて
動くときに
胸や首のあたりを
もっと気持ちよく伸ばしたいと思い
いろいろ試していたら
そっちが変わってきたことに
気付いたのだ。
やっぱり、からだはつながってるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

UPし忘れ・・・

UPし忘れ・・・
ひめはぶナイトの前の
リハーサルスタジオの
サーモン(たぶん)と河村さん(見える?)
過ぎてしまうと夢のようですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪は降る

雪は降る
昨日、会場で何人かの方に
「ずいぶん雰囲気が変わりましたね。」
と、声をかけて頂いた。
髪型が変わったせいもあると思う。
でも、大々的に変わったのは
世の中にはどうにもならないことがある
と、わかったこと。
それがアタシの所作に出てるのかもしれない。
しかし、どうにもならなくても
あきらめられないこともある。
あきらめられないのは仕方ないが
関係ない人に間違って嫉妬したり
感情的になるのは、もう嫌!
まっぴらごめんである。
雪のように白くピュアになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

ひめはぶナイト

ひめはぶナイト
はぶナイトは
何年振りだったのでしょう。
楽しかった!!!
相変わらず、美奈ちゃんは歌もお姿も美しく
サーモン&ガーリックは爆走、
いや爆裂、いや爆笑〜!
アタシと河村さんと
スティーヴさんの前座トリオは
軽い気持ちだったけど
かなりマジに演奏した。
※写真はLive前のリハーサルのガーリックとKengo※

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

今、したいこと。

今、したいこと。
・・・恋愛したいなぁ。
穂村 弘の文を読んで、そそられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

伊勢えび。

伊勢えび。
箱を開けると・・・
ジャ〜ン!!!
ゴージャス!ゴージャス!
伊勢えびさん、こんにちは!
熊谷の八木橋百貨店でゲットしたのだ。
奄美大島から来た、えびさんぢゃあ〜!
どうやって喰う、いや頂くのか?!
1時間以上悩んだ末、
焼くことにした。
そういえば、サトウキビジュースを
売ってた島の兄さんはサーモンに似てたなぁ。
ひめはぶナイト、もうすぐだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シ シマッタ!

シ シマッタ!
調子に乗って
ギターの練習をしてたら
三番目の弦が切れちまった。
あ〜ん、交換の仕方がわからないよぉ・・・
ギターの本体の丸いとこ
(この部分はなんて名前なんだい?)
を覗き込む。
アレレ。
このギターくんは
なんと、made in Mexicoであった。
君ってばアミーゴだったのかい?
今頃、気がついた。
さて、弦の交換はいかにしようかのう?
まいっちんぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

ミニ・アコーディオン

ミニ・アコーディオン
この前まで
はなちゃんにもらった
おもちゃのアコーディオンを弾きながら
夜想曲を歌っていたが
それよりも少し大きいサイズで
鍵盤がついてるのを買ってみた。
少しグレードアップ。
でも、あくまでも
かわいい、とか
変わったの、とか
そういうのが好き。
機能的だけど
かわいくないのは好きじゃない。
いつまでたっても
”おんなのこ ”で、”少年”だもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

本日の一言。

最近リハーサルといえば
和室か、会議室だったので
スタジオに入ると緊張した。
しかも、ギタリスト河村博司の前で
暴走ギターを奏でなくてはならないのである。
さらに緊張〜。
しかし、緊張ついで恥ずかしついでに
調弦の仕方や、ストロークの仕方を問うて
細かくご指導頂いたのだ。
サンキュー、ひろし〜!!!
みっち。は、必ずやギターが上手くなるであろう。
今日の一言。
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の損。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

こうのとりの写真

こうのとりの写真
和田ちゃんの写真展に行ったとき
エッ?!って、驚いた写真があった。
だって、こうのとりが飛んでるんだもん。
アタシのところには
ついに来なかったけど、
(これから来ても困るるる・・・)
あんな風に飛んでるなんて?!
今回の写真集は
「おばあちゃんの台所」なので
おいしそうな写真が満載。
そして、今回もプリティなおばあちゃんが載っている。
顔のシワがあんなに美しいなんて
撮る人の目線がそうさせるのかしら。
アタシも、かわいいおばあちゃんになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニット名 誕生の日。

ユニット名 誕生の日。
14日はタケノヤ嬢と
2008年のLiveの作戦会議と
ユニット名の確認会議。
ユニット名は、
数年前に中南米諸国を震え上がらせた
チュッパカブラと
歌舞伎の語源「かぶく」の意味を込めて
「チュッパカブラ〜」に決めた。
ラ〜はerであり、
その人そのもの、ということである。
アタシはみっち。カブラ〜で、
タケノヤ嬢はタケカブラ〜。
そして、アタシ達を観たり聴いたりしてしまった人も
すべて「カブラ〜」になってしまうという
恐ろしいユニット名なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

肉眼で見えないもの。

自分のものなのに
頭がどういう作業をしているのか
カラダがどうして
そんな風に反応するのか
わからないことが多い。
アタシは見たままだけで
好きだとか
嫌いだとか
判断をしているのだろうか?
一歳児が、アタシのことを
初めて会うオンナか
何度も抱っこさせてやったオンナか
判断する基準は
顔や体型などの
肉眼で見てるものではない気がするのだ。
彼は接している時の
温度とか空気みたいなもので
敵か味方か判断しているような
気がしてならないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

みっち。右側だけ。

みっち。右側だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

SALEとmeeting

最近のSALEは
時期が早くなったらしい。
ブランドによっては
すでに春物だけというコーナーもあった。
アタシはもう余分なものは
買わないことにしてるるる。
見るだけ、見るだけ・・・と
思いつつ、試着するぅ。
持ってないデザインだったので購入。
・・・意志弱し。

18:30@江古田のイスラエル・レストラン
Orso Brunoのお二人と
kikaちゃん、アタシの4人でお食事しつつ
3月のライヴの打ち合わせ。
Orso Brunoって
イタリア語でヒグマって意味なんだって!
それにしても、美味しかった。
食べてばっかりで、
ブログ用の写真を撮るのを忘れてた。
それで、それで・・・
そのライヴの内容は???
「大人の時間」になりそう。
表現力強化しなきゃだな。
それには恋だって
テレビの中の浅田真央が言ってた。
・・・恋かぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

テルミン

テルミン
こどもの頃、
科学と学習という雑誌があって
付録を楽しみにしてたものさ。
大人になると
大人の科学があって
なんと、テルミンが付録なのさ。
そう、自分で組み立てるのさ。
20分で出来ます。
と、書いてあったが
40分もかかっちまったのさ。
でも、音が出たので
一気に気分は
上がる、上がる、上が〜る!
うぃぃぃいぃぃぃぃん
うぅぅぅぃぃぃぃぃいん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やはり弟に似ているるる。

009

photo by naomi wada

↑和田ちゃんから「真っ赤なごちそう」の時の写真が届いたのだがの~。

のけぞりそうになったのだよぉ。

ギターを弾いてる時の顔がねぇ・・・

弟にそっくりなのよねぇ・・・

まぁ、血がつながっているからね、あたり前なんだがの~おおの~!

もっと似てるのがあったけど

今日のところは、これくらいにしとこうっと!

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

やっとライヴ写真をお見せします。

Photo 左の写真は、昨年11月18日に麻心でのライヴの写真です。

和田直美さんに撮って頂きました。

5枚ですが、左バーの一番下の「みっち。の足跡」に新しい写真を載せましたので

ご覧下さい!!!

まだまだ沢山あるので、少しづつ公開します。

溜めすぎて、ああ公開、いや後悔。。。

撮って頂いたみなさん、すみません。。。

松谷氏の写真も、早く公開せねば。。。

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

出前ライヴ

元々は
「はじまりのはじまり」を作った
みちよちゃんに
「はじまりのはじまり」を生で聴いてほしい
ということからだった。
それが大袈裟になって
出前ライヴになった。
みちよちゃんの家族やお友達
ご近所の方
アタシの両親まで参加して
賑やかな会になった。
畳の上でやるのも悪くない。
貴重な経験をさせて頂いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

初リハ。

4日。
スタジオに入る。
踊るつもりはなかったのに
Orso Brunoをかけたら
知らないうちに踊っていた。
年末はピアニカも笛も
吹く時間がなかったし
踊る余裕もなかったので
恋人にやっと会えたような喜び。
とってもうれしかった。
その気持ちを大切にしたい。
アタシはどうして人前で
歌ったり、踊ったり、
ピアニカを吹いたりするのだろう?
今すぐ、やめることだって出来るのに。
素晴らしいミュージシャンや
アーティストは山のようにいるのに。
アタシは、どうしてやり続けるんだろう。
上手くなりたいとは思わない。
でも、自分が伝えたいことが
伝わらなかったら悲しい。
誰か一人でもアタシの想いを
感じてくれたらうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

新春

新春
元旦。
フツウに起きて
Nちゃんと子の権現に行く。
山道を登ったり、下りたり。
大きな鐘をついたり。
お正月らしく、
お札を買ったり。

二日。
大掃除出来なかった場所を
掃除する。
夕方から、お煮しめ作り、
ちらし寿司作り・・・って
これから、年明けかい?!

三日。
まず、鎌倉へ。
おおのぉぉぉ
車では鎌倉市内に入れないなんて?!
友人に、
美味しいお蕎麦屋さんを
教えて頂いたのに断念、無念。
傷心しながら麻心に着く。
そして、ごはん〜!と言ったら
「ご飯が一粒もないよ。」と悲しい返事。
しかし、特別メニューが登場〜。
超〜うま!!!
イザベル姉妹と合流して
しばし、トーク。
由比ヶ浜を眺めたり、
優しい音を聴いたり、
みんなの笑顔を見たり、
去年のことを思い出したり。
その後、良原リエさん宅へ。
リエさんを含めて
いらっしゃってたみなさんの
ほとんどが初顔合わせ。
・・・なのに、
お料理に目が釘付けになり
座った途端、
パクパク食べ始める。
どれもこれも
チヂミも、じゃがいもも
蓮根にラッキョに
ヤキイモに、大根の煮物に
うっ、メェヘへへぇぇぇ。
ああ、最高のお正月。
オオニシさんの
空気を読んだツッコミと
華麗なるトークで、さらに盛り上がる。
幸せな時間だった。
連れてって頂いたイデホフに
最大級の感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »