« アタシと彼の距離 | トップページ | 海抜250メートルから眺める »

2008年3月31日 (月)

3月30日@公園通りクラシックス

踊った後は、必ず痣が出来る。
今日も
左に大きいの一つ、
右に小さいの数個。
Orso brunoの音で踊るのは楽しい。
毛穴が開いて
音を吸収して
カラダが反応していく。
新しい自分が
次々と飛び出していく。
誰かとなったアタシを
アタシ自身が観ている。
痣は、その軌跡だ。

|

« アタシと彼の距離 | トップページ | 海抜250メートルから眺める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/357714/12001178

この記事へのトラックバック一覧です: 3月30日@公園通りクラシックス:

« アタシと彼の距離 | トップページ | 海抜250メートルから眺める »