« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

海抜250メートルから眺める

海抜250メートルから眺める
何もかも小さい
車がミニカー
キレイに並んでると思ったら
お墓なのか
岡本太郎の看板
彼の目力は相当なもんだな
桜は満開
山で見る桜よりも
一生懸命咲いてるね
人がこちょこちょ歩いてる
いつもはアタシも
その中の一人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月30日@公園通りクラシックス

踊った後は、必ず痣が出来る。
今日も
左に大きいの一つ、
右に小さいの数個。
Orso brunoの音で踊るのは楽しい。
毛穴が開いて
音を吸収して
カラダが反応していく。
新しい自分が
次々と飛び出していく。
誰かとなったアタシを
アタシ自身が観ている。
痣は、その軌跡だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

アタシと彼の距離

アタシ




には
とても大きな距離がある ・・・と
思っていた
しかし
客観的に見ると
(二人で並んで写した写真で見ると)
近かった

みっち。とミッチ。の間に
距離はない
みっち。も
ミッチ。も
橋本美知子の中に含まれている
別々じゃなくて
橋本美知子の要素の
一つ
一つ
なのだ
だから
距離はない
みっち。とミッチ。は離れていない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る

踊るのが好き。
大好き。
自分のために踊る。
彼のためでも、
彼女のためでもなく、
お客さんのためでもない。
自分のために踊る。
泣きたいから、
おかしいから、
怒ったから、
心配だから、
さびしいから、
明日、彼に会うから、
大切なことを思い出したから、
セックスしたいから、
音が鳴ったから、
春だから、
そんなとって付けた理由じゃなくて、
知らないうちに
カラダが動くのが、
踊るってこと。
理由なんか、
まったくないんだ。
踊るだけ。
ただ、踊るだけ。
踊るのが好きだから
踊るだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

歌う

自分でやりたいと言っておきながら
学さんの前で
アコーディオンを弾きながら
「夜想曲」を歌うのは
緊張する。
リハーサルでも緊張した。
オルソブルーノの「恋」に
詩をつけて歌った。
よくよく考えてみると
とんでもないことをしてる。
表向きは、シャンソン歌手気分。
しかし、非常に怖い。
綱渡りしてるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

ミッチ。になる準備

ミッチ。になる準備
睫毛のエクステンションをしてみた。
自分でいうのもなんだが
可愛くなった。
ベティちゃんみたい。
これで、ヅラを装着すると
ミッチ。になる。
完璧である。
女は化けられるから
やめられない。
次に生まれても
絶対に女がいい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

館内アナウンス

インストラクターの仕事で
まず、最初にするのは
館内アナウンス。
始めた当初は
アンチョコがあるのに
緊張し過ぎて、カミカミだった。
今は、自分の耳で
自分の声を聴きながら
言えるようになった。
これは、父親と同じ位の年のメンズに
先生は、とてもいい声だぁ。
アナウンサーになったらいいぞ。
と、おだてられたせいもある。
アタシは誉められると
伸びるタイプなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

立ち読み 立ち聞き

気分転換にコンビニで立ち読み↓
装宛を手に取る↓
MAYA MAXXの言葉↓
(絵を描くのは)
自己顕示欲からやってることではない
ただ 自分が
何かしら人のために
なることがあるのなら
やるべきだと思って始めたこと
アタシハ アタマデハ
オナジヨウナ コトヲ
オモッテル ガ
コウドウハ
トモナッテナイカモシレナイ
イッタイゼンタイ
アタシハ ナンノタメニ
ウタッタリ オドッタリ
シテイルノダロウカ

池袋駅のホーム↓
男二人と女一人のグループ(20代後半)↓
ウェーブのかかったショートヘア、
大きい目の男の言葉↓
一流になるには
一流の人と付き合わなきゃダメなんだよ
イチリュウッテナンダ
イチリュウッテナンダ
イチリュウッテナンダ
キミハ イチリュウナノカ
キミハ イチリュウナノカ
キミハ イチリュウナノカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の香ガーデンの朗読音楽会

結局、着物は岡さんに
着せてもらった。
七五三の時に苦しんだトラウマがあって
着物を着るのが怖かったが
着てみると
背筋がピンとして気持ちいいし、
声も出しやすかった。
岡さんの朗読「葉桜と魔笛」
(哀しい女の話である。)に続いて
私達、チュッパカブラ〜の演奏。
先日、録音したせいか
二人の息が気持ちよく合っていた。
相棒のタケノヤは
出し物の準備から食材の買い付け、
司会、朗読の効果音まで
昼から夜まで何から何まで大活躍。
なかなかやるなぁと感心した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

Live Live Live

Live Live Live 5月11日に チュッパカブラ〜のライヴが決まった。 今回もライヴハウスではなく おいしくてステキなお店。 吉祥寺のBLOOMOONだ。 先日、河村さんに録音して頂いた時に ピアニカのインスト曲「月影」を 河村→三線、タケノヤ→鉄琴、 みっち。→ピアニカで録った。 初めて合わしたのに すごくイイカンジだったので ライヴに出て頂くことにした。 きっと、他の数曲も参加してくれるだろう。 5月はコントラバスの今福さんと 一緒のライヴもある。 29日@西荻窪ビストロサンジャック。 そして、跳んで7月。 グッドラックヘイワ、うつみようこちゃん、 河村さん、アタシという とんでもないメンツでのライヴ。 これは東小金井のザ・チャンプルー海風。 あと、6月にもあるんだけど、 非公式ライヴなのでヒ、ミ、ツ。 どうしても知りたい方はアタシに直接聞いて下さい。

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

チュッパカブラ〜のこと。

タケノヤトモミちゃんとやってる
ユニットのなまえは
チュッパカブラ〜といいます。
ちゅっぱかぶらすは
すうねんまえに
ちゅうなんべぇの
かちくをおそいまくり
じゅうみんを
きょうふのずんどこに
おとしいれた
かいぶつなのれす。
そのかいぶつのなまえを
ちょーだいして
チュッパカブラ〜になりやした。
タケノヤちゃんは
キリングフロアーでは
だんしっぽくたたいてますが
アタシとふたりで
がっそうするときは
メルヘンちっくしょうじょです。
うたもうたいます。
てっきんもやります。
アタシのうたと
てっきんのおとでやる
ナミダのうみというきょくは
とてもかなしくてすてきです。
みんなにきいてもらいたいです。

みっち。

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

3月30日のフライヤー

まいど!まいど!

いろんな方にお世話になってますが

今回の”ケモノの匂い”のフライヤーは

東小金井のザ・チャンプルー海風で出会った

グラフィック・グループ・トゥエレヴの戸上さんに作って頂いた。

Orso brunoのテディが

「成人音楽ってのを入れたい!」と言うので

戸上さんに

「電話ボックスに貼ってあったようなピンクチラシにして下さい。」

と、お願いした。

・・・何日かすると、電話があった。

「みっち。さん、どうしてもピンクチラシにはならないんです・・・

でも、見て下さい。」

パソコンまで走ってメールを開ける。

・・・すると、Photo

じゃじゃじゃじゃあ~ん!!!

すんばらしいピンクチラシが登場したのである。

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

ケモノの匂いの衣装

ケモノの匂いの衣装 珍しく衣装作りをしてる。 作る時間もないし お店に並んでる中にいいのがあれば それに越したことがないが バッチグゥ〜なのは なかなか見つからない。 だから、結局、 オカダヤで生地を買って 深夜に縫っている。 試着するのは、朝。 自然光でチェックして また深夜に針仕事。 その繰り返し。 眼が痛いのは、 きっと、このせいだ。

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

ポストカード

ポストカード
親に見せてない。
エロエロな写真じゃないけど
ハダカだから見せない。
以前、パフォーマンスに使う
巨大ちんちんを作ったとき
完成までは見つからなかったけど
宅急便で送るときに
父に見つかってしまった。
コレは何だ?と聞かれ
ちんちんだよ〜!と
明るく答えたかったが
巨大なブツを凝視している父を見て
聞こえないふりをした。

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

住職に借りた本

住職に借りた本
住職に借りた
小川てつオくんの本はおもしろい。
ワハハなおもしろさじゃなくて
インタラスティングの方のおもしろいだ。
彼は、アタシのことを覚えてるだろうか?
ずっと昔、
MC1000というお店(今はもうない。)で
一度会ったことがあるのだ。
歯ブラシを
ペンダントのようにぶら下げていて
彼はとてもチャーミングだったので
ラム・ロックをごちそうした。
※今から思うと、あのお店は
新宿でOPENをやっているRさんや
二子玉川でPINK NOISEをやってるTさん、
三軒茶屋でギャラリーをやってるHさんなど
ステキな人ばかりいるお店だった。※
その後、小川くんからLiveの案内を
頂いたりしてたけど
いつの間にか彼の事を忘れてた。
ある時、渡邉智樹くんの絵画展に行った。
絵を一通り見終った後、
芳名帳に名前を書こうとしたら
小川てつオ
と、懐かしい文字が書かれていたのだ。
智くんに
「今、代々木公園に住んでるみたいだよ。」
と、教えてもらった。
その後、また忘れてた。
昨年、奄美に行った帰りの車の中で
浩司くんに
「石川さんの知り合いで一番おもしろい人って誰?」
って、何の気無しに聞いた。
「おもしろい人は、いっぱいいるけど、、、
あっ!公園に住んでるやつがいるぞ。」
そのこうえんにすん までで
彼の名前が頭にダァーンと出てきた。
そして、二日前、
彼の本を借りて読んでいる。
小川てつオくんの観察力はすごい。
そして、考え方は深い。
今、生き方本みたいのが流行ってるけど
きっと、あんなの読むより
この本のがいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

ドコヘイッタ?

コトシ

ナッテカラ
バイバイ

ナンカイ

シテイル
オジチャン
オバチャン
オバアチャン
チイサイコロ
カラ
アタシ

シッテイル
ミナサン
バイバイ
サヨウナラ
バイバイ
イッタイ
ゼンタイ
シンデシマウト
ドコヘイクノダ?
コンド
アエルノハ
イツナノダ?
オジチャン
オバチャン
オバアチャン
ドコヘイッタ?
モウ
オダンゴ

トドケナクテ
イイノカ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイト・デイ

誰が名づけた?ホワイト・デイ。

ホワイト=白ってさ、孤高の色だぜ。

アタシは白が大好きだった。

・・・だった。(そうだ、過去形だ。)

アタシは、いつもあげてばっかり。

本当に好きな人から、プレゼントされたことないな。

ほんとに一回もないや。

さびしくなんかないや。

あげるのが好きなんだもん。

| | コメント (0)

年上のオトコ

年を重ねると
年下のオトコにしか
興味がなくなると思ってた。
ところがどっこいである。
いいな。と思うのは
一回り以上も年上のオトコだったりする。
例えば、早川さんである。
少年っぽさが残っていて
紳士なところもある。
どんな生き方をしたら
あんな風にステキでいられるんだろう。
そういえば、
しばらく、Liveに行けてないな。
心を震わせてないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

久しぶりの自宅である。

もちろん、帰る場所は我が家しかないのであるが

最近、家に戻ったと思うと、すぐに出かける時間になり

行ったり来たり、行ったり来たり、してるのである。

なんで、家に居たかというと、体調がすぐれないからである。

でも、こういうときにしか

電話やメールが、ゆっくり出来ないし、

ポストカードを袋に詰める作業

(ベッドの上でこんなのやってるのはアタシだけか?)も、やんなきゃ・・・

そうだ!こういう日こそ、着付けの練習をばせねば!

・・・なんて、結局、寝たきりは中止である。

23日の「桜の香ガーデンの朗読音楽会」は、

チュッパカブラ~の相棒のタケノヤが企画した渾身のイベントなので

22年振りにアタシは着物を着るのであ~る。

出来たら、参加するみなさんにもお着物でご来場頂きたいものである。

まだ、席は若干あるので是非ご予約を~!panda_kuma@mail.goo.ne.jp

Photo 詳しくは http://plaza.rakuten.co.jp/sakuranokou/ 

または、タケノヤのブログ http://plaza.rakuten.co.jp/nijiiromarble/ まで。

会場のギャラリーLa-Grotteもいい感じであるが、

会場までの街の雰囲気もレトロでステキなのである。

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

3月8日

3月8日、伊藤大地誕生日。
昼、
出掛ける直前に
ポストカードが到着。
初めてのみっち。グッズ。
かなちゃん、はるおちゃん、坂村さん
ありがとう。
素晴らしい出来上がりです。
昼過ぎから、遊舞クラス。
暖かくなったからか
とても動きやすかった。
動きながら寝ていた瞬間があった。
気持ちよかった。
夜、
チュッパカブラ〜の録音。
5時間で9曲録った。
河村さん、ありがとう。
タケちゃん、楽しかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

おぉ〜っ!このお方は

おぉ〜っ!このお方は
孝介くんじゃないか?!
ビッグになりやがって、このぉ〜っ!
通り雨の新宿。
ユキヘイと待ち合わせして
新宿二丁目に向かう。
その行きすがら
オバサン・みっち。は
若者・ユキヘイに
あーだ、こーだと言い始めたら
止まらなくなっちまった。
他人の言葉なんか
はいはい真剣に聞くなよ。
「自分だけを信じろ!」
彼に言った言葉は
全てアタシ自身に言っていた。
そして、河村博司ワンマンショウへ。
曇り空って歌は、彼にしか歌えない歌だと思う。
あの裏声、そして独特の間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

ハダカでダンス

最近、部屋の中で
自分のためだけに踊ってなかった。
踊りは、アタシを開放に導く。
ハダカだと、なおさらである。
鏡の前に立ってみると
カラダの変化に気付いた。
脚が、真っすぐになってる。
鏡の前で、踊ってみると
太腿がタプタプいわなくなってる。
ジムのお風呂で会う
おばちゃん達の言うとおり
カラダが引き締まってきたみたい。
・・・ヨーガ効果なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

河村さんの登場の仕方と歌声

今でも、時々思い出す。
本人を目の前にして
思い出し笑いすることもある。
数年前、奄美パークであった
イベントの翌日だったと
思うのだが
ASIVIの前にある
ジャングルベースというお店で
サウンズパルの高良さんのイベントがあった。
私は、その高良さんとピートくんと
朝倉くんのインプロのセッションに
参加して踊ったのだが
そのアングラな匂いの直後に
河村さんがギターを片手に登場して
「満月の夕を歌いまーす!」と
まったく違う風を吹かせたのだ。
その潔さがなんだか
とても可笑しくて
ゲラゲラ笑ってしまった。
しかし、気付いたら
伸びのある気持ちいい声に
聴き惚れて
終いには、ヤサホーヤと
掛け声まで掛けていた。
今週の金曜日、
河村さんは一人でライヴをするらしい。
あの夜みたいに
潔く登場するんだろうか?

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

木蓮@東小金井「海風」

海風で、木蓮を観る。
久しぶりにメンバーに会ったけど
そんな感じはしなかった。
しかし、音が鳴った途端、
時間の経過を感じた。
音が、円やかになっているのだ。
五人の気持ちが通い合っている。
そして、何よりも
崔くんの声が艶っぽくなっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣装

衣装
ケモノの匂いに使う衣装の
材料を買いに行く。
最初は
真っ黒にする予定だったが
ピンとくる生地を見つけて
予定変更。
こっちの方が、ケモノっぽい。
トップスに使えそうな生地も発見。
品の良いアニマル柄だ。よぉ〜し!がんばるぞぉ!

夕方、
着物の気付けを習いに行く。
23日の桜の香ガーデンで着るためである。
先生は、Kちゃん。
着物を見せたら、
「これって大島紬じゃないの?」
と言われる。
紬だか、なんなんだか、
わからない。
ただ、成人式のときに
振り袖が嫌で
こっちにしただけだ。
丁寧な説明で
段々と着付けられていく。
頭の中では覚えたつもりだが、、、
大丈夫かしらん?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

おニュウのヘッドランプ

おニュウのヘッドランプ
やっと、軽量のヘッドランプを購入。
新しいのは125gだ。
前のタイプよりも、半分以上も軽い。
これで動きの幅が拡がる?!
20種類以上から
明るさ、デザインを検討し、
これを選んだ。
お店の人は
ダンスに使うとは思わなかっただろうな。
ヴァイオリンの太田さんも
拡声器を選ぶとき
アタシくらい真剣なんだろうか。
今度会ったら、聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年に一度の日

4年に一度の日
季節の変わり目は、
心が停滞気味である。
余計なことばかり考えてしまう。
アタシハ、イツモ、ヒトリ
ドンナトキモ、ドンナキモ
鎌倉に着いて
鶴岡八幡宮までの道をふらふらして、
小町通りのお店を何軒かひやかして、
由比ヶ浜海岸を眺めたら
少し体温が上がってきた。
麻心はすてきな店である。
店の雰囲気というのは
人が作り出すんだなぁと
しみじみ思う。
かたちが先じゃなくて、
気持ちが先なのだ。
シンジさんやスタッフの気持ちが
麻心を作っている。
今日はお客さんが少なかった。
しかし、チュッパカブラ〜を
初めて観てくれた人がほとんどで、
楽しかったと言って頂いた。
アタシ達はこうしたいが先で、
こんな感じになりました〜なので
きっと間違ってはいないだろう。
ダレカ二、ミトメラレタイ、タメニ
ライヴヲ、ツヅケル、ノデハナイ
ワキアガル、カンジョウガ、
オサエキレナイカラ
ウタウノダ
みっち。!
モット、コドクヲ、タノシメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »