« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

もうすぐ終わる

もうすぐ終わる
もうすぐ終わるんだ
今年が
泣いた数と
笑った数は
どっちが多いのか
怒った数が
ほとんどなかったら
それでいいんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

「アタシ」を観る。

TくんとCちゃんがやって来て
遊ぼうというので
2時間だけ付き合うことにした。
アタシのことをおばさんと言うが
おばさんとは思ってないらしく
一番仲がいい友達の名前なんていうの?とか
持ってるラジコンのライトの
自慢話とかする。
バスケットボールでも遊んだ。
アタシもきゃあきゃあ言いながら
動き回った。
まだ彼らより体力はあった。
もし、彼らの母親だったら
どんな風に話したり、
どんな風に遊ぶんだろうと思った。

すべての人と同じように
接する方がいいのか?
いい人と好きな人は違う。
いい人をキライと
言ってはいけない?

アタシのことは、さておき、
人の上に立つ人に対しての、
アタシの理想は高い。
かなり厳しくチェックしてしまう。
一カ所でも?があると
それで、全てが嫌になる。
けれど、そういう立場の方が
思いがけず、人懐こい方だったり、
とても謙虚だったりすると
?の部分だらけでも、全部許してしまう。
結局は、アタシの好き嫌いだけ。
いいかげんなもんだ。

たまたまつけたテレビで
梓みちよの昔の映像を観た。
子供の頃、彼女のことをカッコイイ女と
思ってたことを思い出した。
ショートヘア、タバコ、
あぐらをかいて歌う、
男の人に媚びない。(そんなイメージ)
今のアタシに反映されているか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

くりすますぷれぜんと

うひょひょはふはふ
うひょひょひょひょ
いひふへほはほ
ほにょにょにょにょ
すっげーもん とどいた
すっげーもん とどいた
おとこよりも
おかねよりも
すっげーもん
おかねでかえないもん

うひょひょはふはふ
うひょひょひょひょ
いひふへほはほ
ほにょにょにょにょ
すっげーもん もらった
すっげーもん もらった
あい かなぁ
これは たぶん
あい だなぁ
やっほ やっほ やっほ
いぇす いぇす いぇす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

コージさん。

コージさん。
通販で買った服に
小さい絵本の紹介の紙が入ってて
スズキコージさんがインタビューされてた。
こりゃ、何が何でも展覧会に行かなきゃと思い
電車に乗る。
会場は教会みたいなところだった。
階段を降りるとコージ・ワールド。
ど迫力な絵が何点も展示されてた。
そして、コージさんは
メヒコの音楽を聴きながら絵を描いていた。
指で描いたり、手のひら全部を使ったり
筆も使ったり。
「こんな広いとこで
なかなか絵は描けないから最高ですよ。
いいアトリエだ。」
そう言った。
「よかったら、どーぞ。」
と、丸いものを差し出すので
思わず口に入れたら、あんこ玉だった。
ビックリしたけど、
薬だと思って飲み込んだ。
アタシはあんこがNGだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

ケツを二度見た日。

朝、デニーズで朝食。
斜め左奥のご婦人が引っ切りなしに
携帯でトーク。
そんなに近くにいないのに
アタシの真正面にいるくらいの大声。
不動産やら、正月の買い出しやら
親戚の自慢やら
相方がいるのに、見えない相手と
ずっとトーク、トーク、トーク。
三杯目のコーヒーを
飲み終わったアタシはトイレに向かう。
少し開いていたドアを動かすと
男のケツが!
すみません!と慌てて閉めるが
わざとかもしれないとも思う。

レッドアロー号に飛び乗って
秩父に向かう。
我が秩父にkikaちゃんとプラハちゃんが
踊りに来るからだ。
彼女達より先に帰らなきゃ、
急げ、急げ、急げ〜。
焦る気持ちとコーヒーのせいで
尿意をもよおしたのでトイレに向かった。
トイレのOpenボタンを押す。
あっ!ケツ!
またケツ!男のケツだ!
慌ててCloseのボタンを押す。
鍵閉めろ!つうの!

(注)みっち。は、その「ケツ」のことを
いつもは「お尻」とよんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

その3

23時頃、てげてげに到着。
サーモンとアニョが
みなさんに温かく囲まれていた。
後ろに座っていたのは
なんと!こうすけくん〜!!!
前夜、ラヂオで
彼の歌声を聴いたばかりだったので
ビックリ、ドッキリ。
ケンゴにも久しぶりに会った。
…奄美に行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その2

八丁堀にある七針という
アートスペースに行って
タカダアキコちゃんのパフォーマンスを観る。
来年の4月4日に
彼女とkikaちゃんとアタシで
パフォーマンスをやるので
その打ち合わせも兼ねてである。
室内楽とのセッション。
彼女は衣装も踊りも出し惜しみしない。
次々に見えないものを具体化していく。
肝っ玉母さん的な迫力もあり、
天使のような初々しさもある。
本当の意味でのセクシィを見せて頂いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その1

その1
曙橋にあるフレッシュネスバーガー。
二階に春山くんの絵。
アタシは絵が目的だが
ほとんどの人は
食べたり飲んだりが目的。
絵と向き合うためだけの展覧会もいいが
何も知らずに入ったお店に
ステキな絵があるのは
とってもステキなこと。
春山くんの絵はシンプル。
一本の線を生かしたものや
単色だったり。
シンプルとはいろんなものが
詰まってることなんだなぁと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

12月18日

先日のヴォイスパフォーマンスの女性は
ソミさんという方で
ウィリアムさんのblogでURLを見つけたので
メールを送った。
こういう時、ネット社会は便利だと思う。
だって、話したことない人と
簡単に連絡が取れてしまうのだよ。
mixiをやってらっしゃるということで
久しぶりに自分のページを開ける。
ありゃりゃ、何通もメッセージが届いてる。
加藤みきおさんのメッセージの中に
ふじっこさんのblogのリンクが貼ってあり
マサルさんが入院してる時の映像や
息子さんが満月の夕を歌ってる
告別式の様子の映像を観る。
非常にさびしいけど、悲しみはなかった。
愉しいというのもへんだけど、
それに近い感じか?
自分の素直な気持ちを
言葉に変換するのは難しい。
15時半過ぎ、
前髪だけ切りに床屋に行く。
鏡を見て
アタシは、オバサンなのに小学生だと思う。
そういえば、Tくんにメールを返してない。
彼は小6のくせにアタシに恋してるようだ。
アタシが何をやってるかが
気になるみたいで毎日メールをしてくる。
困ったなぁ。
ほんとに困った。
アタシはガキかオッサンにしかモテない。
しかし、その理由は
アタシ自身にもあるのだ。
いいな。と思う人がいると
鍵をかけてしまうから。
いつからこんな女になってしまったんだろう?
あんなに、あんなだったのにね。
夜、電池を買いに行ったついでに
雑誌を立ち読みする。
雑貨特集、おいしいもの特集、
癒しのスポット特集…
すべて誰かと一緒の人のためにある。
友達と一緒、彼氏と一緒、
家族と一緒…だ。
孤高の女・みっち。には必要ないのだ!
と心で叫んで買わずにお店の外へ。
なぁ〜んて、
雑誌は処分するのが面倒だから
買わないことにしてるだけだよ〜ん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

石川浩司の魅力。

石川浩司の魅力。
先日、購入した
石川浩司 ライブ・イン・チェンマイで
石川浩司の魅力を再確認した。
石川浩司と言えば、
まず、あの笑顔だ。
かわいい。
太っちょの体型もかわいい。
そして、独特の「間」。
ギター弾いてる時も
瓶や缶やタンバリンを叩いてる時も
その「間」が生きてる。
さらに、一見、奇天烈な歌詞も
日常の中から引き出したものだから
変だなぁと思いながらも
引き込まれてしまう。
すごい人と一緒に
Liveをやってるんだなぁと
今日、改めて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

徳久ウィリアムさんのパフォーマンスが
面白いと聞いたので、
この目で確かめるために
新井薬師近くのアートスペースに行く。
入ったら、巻上公一さんが
すでにいろんなものになってた。
外国の人とか、
駄菓子屋のおもちゃとか、
どこかの国の歌謡曲の歌手とか、
ほんとはおしゃべり出来ない
無機質なものとか。
(やってる方々はそういうつもりで
声を発してないのかもしれないが
アタシにはそう聞こえた。)
ちょうど、
甥がアタシに話してるようでもあり、
アタシが甥に話してるようでもある。
最初はクスクス笑いながら
観ていたのだが
女性パフォーマーの方が
叫んだような声を出した途端、
魂を見てしまった気がして
とても恐ろしくなった。
魂というより、感情そのものということか?!
とにかく、女の声は
お腹の底から飛び出ると
壁を撃ち破るくらいの
とんでもない力があるらしい。
男とは違うのだ。

ウィリアムさんのパフォーマンスは
予想以上に面白かった。
声だけではなく、
場の使い方もとても面白い。
アタシのやってることは
まだまだ甘いなぁと思った。
アタシは、まだ何かに捕われ過ぎてる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子守唄の効能?

弟が出掛けるとき、
甥っ子が、しゃくり上げるくらい
大泣きしていたので
アタシはギターをポロポロ弾いてみた。
そしたら、にこにこしてきたので
調子に乗って、
弟の「マンマ」、
アタシの「ケーキたべたい」、
そして、甥っ子のために作った
「子守唄」を歌った。
そしたら、スヤスヤ寝てしまった。
歌が役に立ったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

2008年最後のLive

初めて行ったTUBOは
とても居心地がよかった。
チュッパカブラ〜を観たことの
ない人が多かったので
アタシはちょっと燃えた。
お客さんの表情を見た限りでは
楽しんで頂けたようだった。
手拍子を入れて頂いて
演奏が盛り上がったり、
音数が少ないというのが
メリットになることも改めて確認した。
マスターの熊さんと一緒にやった
「真っ赤なごちそう」も
楽しかった。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

おんがく

からっぽのからだに
おんがくがながれる
からっぽのからだに
おんがくがながれる
あついものが
でっかいものが
からっぽのからだにながれる

きのうのこい
きょうのゆめ
あしたのやくそく
ことばにならないこと
ことばにできないこと
ことばにしたくないこと

からっぽのからだに
おんがくがながれる
からっぽのからだに
おんがくがながれる
ほそくながく
するどくはげしく
おんがくがながれる
おんがくがながれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

マサルさん、旅立つ。

マサルさんに初めて会ったのは
奄美大島だ。
アタシが踊ってた間近に
ブルブルからだを震わせながら
踊るのを我慢してた人がいた。
それが、マサルさんだった。
あの日から、ずいぶん経ったような気もするし、
つい昨日のようにも思う。
彼はジャンルを問わず、
どんなものでも観たり、聴いたりする人だけど
人の心に本当に響くものを
見分ける力に長けていた。
そして、彼は愛に溢れていた。
簡単に「愛」と使うけど、
その意味を全身で理解してた人だ。
それは、HONZIも同じだったと思う。

それにしても、さびしい。
ほんとに、さびしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

ピアニカ吹きまくり

ピアニカ吹きまくり
チュッパカブラ〜のリハで、
タケノヤと久しぶりにスタジオに入った。
今まで知らないうちに
カタチになってしまったことを
打ち破るのが
今回のLiveのアタシのテーマ。
楽器は幼稚いけど、
小さくまとまっちゃうのは
チュッパカブラ〜では、なぁ〜いのだ!
外せ!はみ出せ!打ち破れ!
〜と、調子に乗って
ちょっとやり過ぎなとこもあったかな?
どっちにしても、
楽しくやることが先だ。
わぁ〜い!ピアニカ吹きまくり!
すっごく楽しい〜!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

バンビちゃん

バンビちゃん
バンビちゃん
おさるさん
うさちゃん
ペンギンくん
あひるさん
小さなセルロイド達が
倉庫に眠ってた
うちは
和菓子屋だけど
かつては
ケーキも作ってたから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはなんぢゃろ?

これはなんぢゃろ?
気がつけば
今度のチュッパカブラーのLiveが
今年最後。
なので、
勝手に小道具作ってます。
これはなんぢゃろ?
ねぇ、みんな!
確認しに来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

祭りの後

小学生の頃は
六日町まであって
三日の大祭が過ぎても
露天商がまだ残っていた。
おばあちゃんは、
四日か、六日に行くことが多かったので、
一緒に出かけて、
買いそびれたものを買ってもらった。

−今でもりんご飴とか、
チョコバナナは健在なのかしら?
ただ、色がキレイなだけで
おいしくないもの達−

ひよこを買ったこともあったっけ。

公園に小さなサーカス団が来ていて
メッシュになったボール型の中を
勇敢なお兄さんがバイクでグルグル廻るのを
見せてもらったこともある。
あの頃は、おばあちゃんといつも二人。
私達は、祖母と孫というよりも
チームメイト気分だった。
父や母に
「やめなさい!」と注意されたことを
二人でいろいろやってたと思う。
今は昔の、祭りの後のお話し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

アラフィフ

アラフォーが流行語大賞に
選ばれていたの。
アラフィフのアタシは
エドなんとかさんが苦手よ。
自分のことを棚に上げておいて
言わせて頂けば、彼女は寒いの。
なんでなのかしら?
ところで、
アラシックスの紅白初出場の方
…すばらしい。
ただの演歌かと思ったら
ステキな歌だったわ。
先輩にステキな人がいるってのは、
この先を生きていく、勇気にもつながるわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

やっと撮ったぜ!

やっと撮ったぜ!
今日は、神様か仏様かわからないけど
いると思ったな。
鈴木亜紀ちゃん=カッパちゃんと
会ったのは20年前。
しかもその頃、
彼女もアタシもLiveなんてしてなかった。
それが、会わなかった年月の中で
お互いLiveをやっていて、
また巡り会って、
彼女の歌で踊れて、
調子に乗って、
彼女のピアノで歌も歌ったから。
とても楽しかった。
そして、終わった後、
一緒にやったのを実感して、じーんとした。
カッパちゃん、呼んでくれてありがとう。
そして、HONZIに感謝。
SO-SOの酒井夫婦にも感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »