« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

みっち。らしさ。

みっち。らしくない
と、言われた。
しかし、みっち。らしくない
みっち。も、
みっち。であって、
みっち。なのだ。
自然体だけが、
ベストだと思ってない。
肩に力が入ってる方が
美しい場合もある。
しかし、それが
Liveにおいて、
と、いうことであれば、
わかりやすい方がいい。
観ていて気持ちいい方がいい。
上手く歌おうとしてない方がいい。
ヘタクソなギターを
上手く聴かせようとしない方がいい。
みっち。らしい方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

ある日曜日とある月曜日

日曜日
あっちゃんの息子と
お蕎麦を食べに行く。
あっちゃんの息子は
アタシの息子でも
おかしくない歳なので
エラソーな話し方をしてしまう。
そんな自分はキライ。

甲府に向かう。
昨日の今日に決めて
すぐに出掛けられるのは
独り身の特権だ。
時々、結婚したいと発言するが
本心ぢゃない気もする。
カンパラ食堂で
モロコのそのべくん、
ウォーターウォーターキャメルの玄くん、
神戸から来たカメラウーマンの
葉子さんに会う。
アタシは生春巻きを食べて、
パッタイを食べて、
マンゴープリンを食べて、
蓮茶を飲む。
カンパラ食堂は
ウマイ、旨い、美味い。

甲府の夜は長い。
そのべくんと玄くんと
初めて会ったのに
かなり長い時間お喋り。
ほうとうは、家庭で食べるものが
ホントのほうとうと
玄くんとのりちゃんから聞く。
その後、なおみちゃんと
ジョナサンでお喋り。

月曜日
みなさんからお薦めされた
桜座に行く。
ガラス工場だった場所を
劇場に改築したとか…。
天井が高く、木の温もりもあり
とてもステキな場所。
踊りたくなった。
桜座を案内して頂いたKさんと
お話ししてたら、
これから先のアタシを
暗示するような話題になり、
涙が出た。
(アタシが日頃感じてた
まとまりのつかないことを
Kさんはわかりやすい言葉にしてくれた。)
そして、思いもよらない名前…
よくよく考えてみたら、
繋がって当然だが…
そのあまりにもタイミングが良いのと
繋がるスピードの速さに驚愕。
やっぱり、ネットより人間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

ガールズ・トーク

キカちゃん、アキコちゃん、アタシの三人で
打ち合わせなんだけど、
すぐ脱線する。
コイバナ、とかする。
アタシだけのために歌ってた、
とか言ってしまう。
結婚したい、とか言ってる。
そんなでも、
ちゃんと確認し合っている。
何を大切にして
日々を暮らしているか、とか。
言葉も使ってるけど、
ちょっとした顔の表情とか、
手の温もりとか、
そういうもので、伝え合っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

手描き新聞作成中

手描き新聞作成中
ファンの方や、
デザイナーの知人に
誉められたのをいいことに
また新聞作ってます。
まだ、届いたことがなくて
読んでみたい方は
お名前と住所をメールして下さいね。
もうすぐ完成だぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

2月15日

2月15日
2月15日、
バレンタイン・ディの翌日で、
キリングフロアーの
ピート王子の誕生日で、
Cafeトホのよっちゃんの誕生日で、
HONZIの誕生日。

2月15日、
イデホフのスタジオで、
チュッパカブラ〜の録音。
「コノハナの夕暮れ」、
「ケーキ食べたい」、
「はじまりのはじまり」の別バージョン。
今回も基本は一発録りだが、
スタジオにあった小物を使って
音を重ねたりした。

2月15日、
「桜の香ガーデン」の打ち合わせを
チョロっとする。
そして、フライヤーと
朗読の資料を受け取る。

2月15日、
熊坂義人&スパン子ペアに会った。
来月10日のLiveで
再び、ご一緒出来る?!
最高、うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

おひさしぶりにライヴのお知らせ

ブログをご覧頂いているみなさん、いつもありがとう~!

今、改めて携帯から送っている記事を確認したけど

みっち。暗いっすね、これじゃあ、心配して頂くのも無理ないわね。

みっち。は寒いのが苦手なんすよ、それだけでやんす。

さてはて、1月と2月はライヴの準備期間でありまして

いよいよ来月から2009年のライヴが始まります。

今年はね、パフォーマンスや地元・秩父でのライヴをね、

積極的にやっていきたいっす!!!!!

まずは、3月15日の「桜の香ガーデン朗読音楽会vol.2」から!

このイベントは、チュッパカブラ~の相方・タケノヤの企画で

今年で二回目になります。

「駒込」はタケノヤの出身地であり、

桜の品種「ソメイヨシノ」発祥の地でもあります。

プラス、子供の頃にスリップしたようなステキな場所!

ぜひ遊びに来て~!

「桜の香ガーデンの朗読音楽会Vol.2」@駒込La-grotte

3月15日(日)open 13:30 start 14:00

<料金> 大人¥2000 中高生¥1000(共にお茶+お菓子付)

☆小さなスペースのため20名様限定です。

☆ご予約はmitch_geek@yahoo.co.jpまでお願いします。

♪音楽ライヴ

太陽(Vo,G)+セニョール・センダ(perc)

シンガーソングライター・太陽のパワフルで熱いステージをお楽しみに!

♪朗読+音楽ライヴ

チュッパカブラ~(演奏)+岡薫(朗読)

みっち。とタケノヤの音楽隊と、劇団黒テントの岡薫のオンナ三名でお送りします。

朗読1;芥川龍之介・作「白」を本格舞台女優の語りで楽しもう!

朗読2;二宮由紀子・作「さかさやまのさくらでんせつ」をみんなで読んでみよう!

0146

photo by Ando Fumio

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

おまつりの準備

おまつりの準備
昨日から、本格的におまつりの準備をしている。
自分の家の催事を企画したのは初めてだ。
父に
「2月は売れなくて、たいへん。」と言われ、
たまには役に立ちたいと思った。
もっと器用な人なら、
チラシはパソコンだろうし、
財力があったら、
豪華な福引きの景品を提供出来るのだろうが、
アタシには、
ままごとの延長のようなことしか出来ない。

この準備と並行して、
3月と4月のLiveのフライヤーの準備。
そして、録音もひかえている。
全て、自分自身が
「やってみたい。」と言い出したことである。
アタシは、一つにしぼれない。
とてつもなく欲張りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっち。ここ最近

某日
横浜美術館に片岡珠子の絵を観に行く

自分を貫くというのはとんでもないことと感じる↓
品川駅構内の食堂で薩摩定食を注文する〜が、
何のことはない、ただのおさしみ定食

ユキヘイにお願いした絵を
本人より受け取る

好きなことをしながら生きていくには
どうしたらいいか激論する

電車移動の読書は
「かなり、うまく、生きた」遠藤周作

某日
「あらかわ」というドキュメント映画を鑑賞

自分さえ良ければいいと思っても、
そう思わなくても
全ての人が納得するのはたいへんなこと

じゃあ、どうしたらいい?

「自分の言葉で発言すること、
他人の言葉も耳にすること
解決しないかもしれないが
その糸口にはなる

月のうさぎのホットレモネードで温まる

某日
いつもいつも慌ただしい自分を恥じる

慌ただしくしてるのは自分自身

気分転換にスカパラの新譜を聴く

きんちゃんの声の成分が多い
「ルーティーン・メロディーズ」が好き

月の庭でのモノノケサミットのライヴは
最高によかったらしい

行きたかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

片岡珠子さんへ質問

誰かに見せたくて描いたの?

ただ描きたいから描いたの?

鮮やか

力強い

大胆

有名な人物像や
目の前の壮大な自然と向き合って
自分の中の見えない何かを
引き出そうとしたの?

何のために?
何のために?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南タイム

湘南タイム
リクオさん、きんちゃん、
イデホフ達と湘南を
ぶらぶらするのは不思議。
しかも、水族館のイルカショウを
みんなで観るなんて
夢の中にいるみたいだ。

ペンギン、クラゲと向き合う。
こっちは頭を使って
つまんないことを考えたりするけど、
ペンギンもクラゲも
ただ、そこにいるだけ。
今のアタシは
こころ と からだ がバラバラになってる。

リクオさんに連れていってもらったお店は
本格的な居酒屋さんだった。
おからも、おさしみも、
天ぷらも、何もかも美味しかった。
アタシはサイダーを飲んだけど、
お店の雰囲気と
みんなで一緒にいる時間と
美味しいものに
酔ってしまった。

その後、Sausalitoというバーに行く。
アタシは自家製ジンジャーエールを注文。
メニューもほとんどが自家製らしかった。
マスターもお店の内装もも
昔から知ってるみたいに
とても居心地が良い。

リクオさんはステキな場所に住んでるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

しかたのない水

井上荒野の小説は
今のアタシにマッチしてる。
甘ったるくないし、
不気味な匂いもするので読みがいがあるのだ。
井上荒野が書く文章のような
ドキドキする洋服があったらなぁと思う。
アタシが着たい服はもうないのだろうか?

この本は、短編集でありながら
スポーツクラブを背景にして
そこに勤めている人や
通っている人が
主人公になったり、
脇役になったりしている。
アタシは、アタシの人生では
主人公だけど、
彼や彼女の中では、脇役なのである。
…こんな当たり前のこと、
けっこう忘れちゃってるよな…。
そんな風に感心しながら、
また、彼女の作った世界に足を踏み入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

ウェディングドレス

古着屋には売ってないし、
ネットのオークションは面倒だし、
もうウェディングドレスは諦めようかと思ってたら、
吊り広告で、京王デパートの貸衣裳のセールを知る。
広告にあった
¥2100のウェディングドレスを買うつもりだったが、
ケミカルレースの柄が気に入らない。
予算は1万円以下だったけど、
触った感じで¥12000のものに決めてしまった。
そのままで着ないから、
試着しなくてもよかったのに
目の前の試着室が空いてたので
試してみる。
両隣の試着室は
中に彼女、外に彼氏がいて
彼氏がサイズをチェックしながら
他のデザインを探しにいくパターンだ。
アタシはウェディングドレスに
潰されそうになりながら
両隣のカップルの
楽しそうなやり取りを聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月30日、31日

1月30日 大雨
春山くんと江古田で待ち合わせ。
「洋包丁」で昼ご飯を食べる。
住んでた頃、よく注文した
白身魚のバター焼き定食を食す。
相変わらず、ボリュームたっぷりで
おいしかった。
その後、
「フライングティポット」に下見に行く。
本がたくさんあって
天井が高く、居心地がいい。
3月27日のLiveも楽しみだし、
春山くんの描くフライヤーと
Liveに合わせて展示するイラストも楽しみ。
そして、原宿の古着屋に行く。
ウェディングドレスはなかった。

1月31日 雨のち晴れ
朝、目を開けたとき、
いつも、彼がそばにいたらなぁと思って
泣いた。
そして、死んだ友達の歌を思い出す。
「さびしい」はいろんな種類がある。
午後から遊舞クラス。
アタシはギリギリの場所を怖がっている。
人に嫌われることも。
ラサヴァットをしながら、
そして、終わった後、そんなことを思う。
急いで吉祥寺に向かったが、
到着したときは、Liveの後で
ショーロクラブだけの演奏は観られなかった。
弟の「赤い実」は琥珀色の音。
花キューピットの歌と「感謝」は
自分の最近の思いと合わさって感動した。
いつも、河村さんが言うように
歌は聴いてる人のものだと思う。
4月4日のパフォーマンスの打ち合わせを
ヴァイオリンの太田さんとする。
今から、とても楽しみで怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »