« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

「みっち。のショート・ショート」について その18

・・・ビニール袋に入れて完成!

録音も、詰め込み作業も自分の部屋だぁ~!Photo

なにはともあれ、完成!

「みっち。のショート・ショート」(300枚限定・再販なし)

1枚 1260円(税込み)也。

2010年2月4日にリリース出来ます~!(笑)

ご希望の方はライヴ会場か、通信販売でお求め下さい。

*通信販売でのご購入をご希望の方は

mitch_geek@yahoo.co.jp までメールをお願いします。

折り返し、ご送金の方法などをご返信します。

| | コメント (1)

2010年1月29日 (金)

「みっち。のショート・ショート」について その17

「みっち。のショート・ショート」について その17
「みっち。のショート・ショート」の
セットの仕方
五、
盤を入れてブックレットで
包み込んだところ。(表面)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その16

「みっち。のショート・ショート」について その16
「みっち。のショート・ショート」の
セットの仕方
四、
盤を入れてブックレットで
包み込んだところ。(裏面)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その15

「みっち。のショート・ショート」について その15
「みっち。のショート・ショート」の
セットの仕方
三、
折ったブックレットの中に
盤を入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その14

「みっち。のショート・ショート」について その14
「みっち。のショート・ショート」の
セットの仕方
二、
ブックレットを折る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その13

「みっち。のショート・ショート」について その13
「みっち。のショート・ショート」の
セットの仕方
一、
まず、盤を窓付きの袋に入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その12

「みっち。のショート・ショート」について その12
ついに、ブックレットも到着した。
印刷は「楽しいお誕生会」の
フライヤーと同じく、
レトロ印刷JAMにお願いした。
デザイナーの戸上さんが
ギリギリで変更した細かい模様や
アタシの顔に付けた色のコントラスト。
す、すばらしい〜!
蛍光ピンクもいきてる!
予想以上のブックレットだ。
明日から、このブックレットに
CDを包み込んで
ビニール袋に入れる作業が始まる。
ご予約頂いたみなさんには
2月4日には聴いて頂けるぞぉ〜。
よかった、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

「みっち。のショート・ショート」について その11

「みっち。のショート・ショート」について その11
きたぁ〜っ!!!

あとは、ブックレットだけ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その10

2009年12月26日
ディスカバリー・ファーム
(CDをプレスする会社)に
マスター・ディスクを送付
翌々日の28日
戸上氏 盤面デザイン出稿
2010年1月末 CD納品予定?
CDを包むブックレット↓
年明けに校正して出稿予定

◎校正する時、確認すること
録音利用許諾番号
出版利用許諾番号
JASRACKのマーク
企画制作者の表記
スペシャルサンクスの人など
◎その他、確認すること↓
CDを入れる袋とその袋の大きさ

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

「みっち。のショート・ショート」について その9

そうだった、
タイトルや作詞、作曲の
全てを書き直して
戸上さんに送らなきゃ、
い、い、けなぁい、
早くやらなきゃきゃきゃ、
も、も、もしかしたら、
自分の文字で書いたものを
スキャンしてメールに添付すれば
よかったのかもし、し、し、れなぁい。
…メール便で送っちゃったけど。
24時間を
フル活用してるつもりだったが
無駄も多いような…。
そんなこんなしてたら、
コロムビアレコードから
「きらきらぼし」の
使用条件と使用料の詳細が届いた。
すぐに「同意します!」と連絡すると、
数日後、JASRACKから
録音利用許諾番号の通知が届いた。
よかった!
これで年内にプレスの発注が出来る!
戸上さんに
番号をメールしなきゃ!
急げ、急げ〜!!!

| | コメント (0)

「みっち。のショート・ショート」について その8

12月は師走っていうくらいだから
かなり慌ただしい。
そんな中、コロムビアレコードの
専属曲の担当の方と
電話やメールでやり取りしながら、
申請書やアタシのプロフィールを
提出した。
そういうバタバタな時に限って
パソコンが調子悪くなったり、
プリンターが動かなかったりして、
ちっとも手続きが進まない。
自主制作だし、
誰にも発売日を言ってないんだから、
リリース日はいつでもいい。
でも、JASRACKの申請書にも
発売日を2010年2月4日と記入したから
それに間に合わしたいと思う…
でもぉ、
餅つきは始まっちゃうしぃ、
クリスマスケーキの配達も
あるしぃ、
んもぉ、間に合うのかしらん。
「ああ〜っ!!!」
いらいらして雄叫びをあげながら
パソコンを開くと
戸上さんから、
こんな感じ〜のデザイン案が着てた。
「おお〜っ!!!」
アタシはまた雄叫びをあげた。
三歳の頃のアタシ=チビみっち。が
盤面の上で笑ってたからである。
ありがとう、小さい頃のアタシ。
ありがとう、
風邪で体調が悪い、戸上さん。
涙(←マジ)を浮かべながら、
深夜、パソコンの前で
「絶対、間に合わせる!」と
決意するアタシだった。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

「みっち。のショート・ショート」について その7

アタシのCDは
プラケース入りでもなく、
紙ジャケット入りでもなく、
手描き新聞で包んだ感じに
したかった。
A3の紙に鉛筆で
歌詞やクレジットを書いて
見本品を作って
デザイナーの戸上さんに送って、
「これを基本に戸上さんの
色を付けて下さい。」と
メールした。
盤面のデザインについては、
「紺色と黄色の二色でお願いします。」
としか伝えなかった。

アタシは、デザインの他に
やらなければならないことがあった。
録音利用申請と出版利用申請である。
CDには、
谷川俊太郎さんが訳した詞と
武鹿悦子さんが詞をつけた
「きらきらぼし」、
弟(ハシケン)の歌が含まれているので
JASRACKに申込書を出して
許諾番号を頂かなくてはならないのだ。
出版利用申請は、
「風のうた」だけだったので
すぐに許諾番号が頂けた。
しかし、録音利用申請は
完全に勉強不足だった。
アタシは「きらきらぼし」が
コロムビアレコードの専属曲ということを
知らなかったのだ。
これは、コロムビアレコードに
使用申請をして、
あちらの許可を頂けないと
JASRACKの手続きも
進まないということである。

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

「みっち。のショート・ショート」について その6

MIXが終わり、
ベストな曲順を発見し
マスターリングも終了。
あとは、
どんなパッケージにするか?とか、
歌詞カードは付けるのか?
もし付けるとしたら、
どんな感じのもの?
デザインの部分を進めていく必要があった。
無料で配るなら、
自分のパソコンで
一枚一枚焼いたものに
自分で作った曲だけ、
歌詞を手書きしてコピーしたものを
付けるのもいいかなぁと…。
しかし、今回のCDは
売ってみたいと思った。
自分のペースでLiveをしながら
販売してみようと思ったのだ。
そこで、デザイナーの戸上さんに
まず音源を聴いて頂いて、
デザインをやって頂けるか
検討して頂くことにした。

戸上さんは音を気に入ってくれた。
それはアタシにとって
大きな励みになった。

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

寿町のカフェ

2010年1月22日
中ムラサトコちゃんに会うため、
カフェ・アナーキーママに行く。
石川町駅で降りた時、
…なんか見覚えある通りに
向かってるなぁ…と思ったら
フリーコンサートをやる場所の
近くだった。
カフェは、
ホテルのフロントにあって、
いろんな人が出入りしてて
面白かった。
いつもは動きっぱなしのアタシが、
じっと座って
スープとパンを食べながら
壁に貼ってあるポスターや紙、
出入りする人達、
そして、
サトコちゃんが働いてる姿を見てた。
働いている人を見るのは好きだ。
とても気持ちがいい。
今日、アタシはサトコちゃんに
相談したいことが二つあった。
Liveに使う機材のこと。
そして、
6月にやるパフォーマンスのこと。
彼女はその両方とも、
キラキラした笑顔で答えてくれた。
会いに来てよかったと思った。

|

2010年1月22日 (金)

「みっち。のショート・ショート」について その5

土壇場で、
あと二曲、増やしたくなった。
一つは、
小さなお友達とデュエットした音源。
これはICレコーダーで
遊びながら録ったものだ。
小さい頃、我が家には
オープンリールのレコーダーがあって、
父と一緒に歌って録音して楽しんでいた。
その感じが欲しかったんだと思う。
もう一つは
ピアニカ用に作った曲を
トイピアノとピアニカ、
リコーダーを駆使して演奏した音。
これはお世話になった
カンパラ食堂のお二人に捧げるために…。
これで8曲になった。

| | コメント (0)

「みっち。のショート・ショート」について その4

2009年9月17日
午後から録音を始める。
まず玄くんのギターで
「風のうた」を歌う。
彼のギターはCDでは聴いていたが、
一緒にやるのは今日が初めて。
譜面を頼りに
何度か弾いて頂いて
音を録ってみる。
その音を聴いてみると、
ずっと前から一緒にやっていたような
心地良い音楽になっていた。
「おやすみ」は
アタシがぎこちなく
ギターを弾きながら歌って、
玄くんは
アコースティックギターで参加した。
「あなたの瞳の中」は
一人でやったのはシリアスだったが、
玄くんのギターが入ると、
シニカルでコミカルな音楽に
拡がった。
生まれようとする卵を
孵化させるために
アタシは必死で温めたが、
その協力を
玄くんにして頂いた気がする。
それにしても
自分の部屋で録音作業するのは
不思議だった。
いつも生活している場所が、
まったく違う空間になるのだ。
しかし、掛けっぱなしの服や、
毎日、顔を合わせる小物たちや、
タペストリーを見ながら、
アタシは歌った。
最後に
「おとこのこってなにでできてる?」を
トイ・ピアノで歌って終了。
思ってたよりも、
スムースに作業が進んだ。
2009年9月18日
残りの「紅く染まる」と
「夜想曲」を録音する。
「紅く染まる」を自分のピアノで
歌うのは正解だった。
今までで一番リラックスして
歌えたと思うから。
「夜想曲」は
玄くんにエレキ・ギターで参加して頂いた。
MIXの時にしたいことがあったので、
この曲だけはエフェクターを
積極的に使って頂いた。
そう、
今回のテーマは
あくまでも、父が寝る時に聴く音だ。
だから、音数を少なくして
声が前に出てきてほしいのだ。

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

あの時、、、

あの時、
どうしてレコーディングを
キャンセルしなかったのか?
ただ、自分が
CDを作りたいだけなのに
どうして録音しようと思ったのか?

父が亡くなった直後、
母は細々でも
お店を続けていくと言った。
弟は言うまでもなく
歌ったり、曲を作ったり
していくのだろう。
『アタシはどうなんだ?』
あの時だけでなく、
今でさえもわからないが、
その糸口をつかむために
録音したかったのかもしれない。
そして、あの時、
10月に控えていた、
弟と二人だけでやるLiveを
楽しく迎えるための道筋を
作りたかったのかもしれない。
そして、
その時にしか録れない音が
録れるかもしれないという
馬鹿パフォーマー根性も
出てしまったのだ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みっち。のショート・ショート」について その3

録音する日程が
9月17日〜18日に決まった。
場所は玄くんの住む甲府で。
ところが、
それが決まってしばらくしてから
父が急に旅立ってしまった。
まだ四十九日も過ぎてないので
慌ただしかったし、
母を一人にして
家を空けるのは気が引けた。
そこで、玄くんに
「もし可能なら、
自分の部屋で録音したい。」と
駄目元でお願いした。
すると、
「みっち。が大丈夫なら、
機材持って行くよ。」と
言ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

「みっち。のショート・ショート」について その2

録音したい曲は6曲あった。

まず、生まれて初めて作った「紅く染まる」。

これは、今福知己さん(コントラバス)と

二人で演奏したこともあるし、

坂本弘道さん(チェロ)や河村博司さん(ギター)ともあるし、

チュッパカブラ~で、タケノヤトモミと声だけでやったこともある。

でも、元々はピアノを弾きながら歌おうと思った曲だ。

そして、弟(ハシケン)が、ずっと前に歌っていた「風のうた」。

この曲も、いろんな方にご一緒して頂いたが

今回は、田辺玄くんにギターを弾いて頂くことにした。

「夜想曲」は、おもちゃのアコーディオンを

弾きながら歌ったバージョンを

チュッパカブラ~で録音したことがあったが、

ホンキートンクのフォーク・ナイトに出演した時、

思いつきでピアノで歌ってみたら、なかなかよかったのだ。

それで、やってみようと思った。

「おやすみ」は、甥のために作った子守唄だけど、

父にも、寝る時に聴いてほしいから選んだ。

これは、ギターを弾きながら歌うことにした。

そして、「あなたの瞳の中」。

これは、録音するために新たに作った曲。

そして、谷川俊太郎さんが訳した

「おとこのこってなにでできてる?」に曲をつけたものも

トイ・ピアノを使って録ってみることにした。

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

「みっち。のショート・ショート」について その1

Dscf2010 父が、まだこっち側にいる頃、

弟のCDをポータブル・プレイヤーに入れて

聴きながらよく寝ていた。

その姿を見て、アタシのCDもそうやって聴いてほしいと思っていた。

それと、二年前に西荻窪の「ビストロ・サンジャック」でやったソロのライヴで

「ピアノを弾きながら歌うのは怖いけど、楽しい!」という二つの想いが

CDを作るということに結びついた。

だから、父に聴いてほしいものをまず選んで、

出来るだけピアノを弾きながら歌おうと思った。

そして、全部一人でやってもいいけど、

楽しい感じを優先したかったので

カンパラ食堂で出会ったWATER WATER CAMELの田辺玄くんに

録音して頂きつつ、演奏にも参加して頂きたいとお願いした。

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

2010年1月15日

今年になってから
まだ15日目だというのに
お正月はもうどこにもいない。
『バレンタインデイ』か、
コンビニだったら
『恵方巻き』の文字が目立つ。
イメージフォーラムから、
原宿駅に向かって歩いた。
大きなビルの中に
小さいお店は入ってるが、
路面店は、閉店や移転したまま、
新しい借り手がないままも多いようだ。
なんだか、さびしかった。
面白いファッションが
たくさんあった時代を知ってるアタシは
老女のようだった。
コム・デ・ギャルソンの
ショップに行ってみると春物が並んでいた。
一貫したデザイン。
どこに行っても同じような感じだが、
やはり、ここは違っていた。
明治通りに並ぶ、二つのブランドは
安くて、トレンディーだが、
アタシの欲しいものはない。
ほんとに、何一つない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

鏡の中のマヤ・デレン

鏡の中のマヤ・デレン
昨夜、予定が翌週に飛んだので、
映画を観に行くことにした。
初めて、携帯電話で
観たい映画を探してみた。
ジョニー・デップ様ご出演の
映画にも惹かれたが、
マヤという名前に惹かれて
「鏡の中のマヤ・デレン」という
タイトルだけ決めて
渋谷のイメージフォーラムに向かう。
外にあったフライヤーで
内容をなんとなく知ったが、
アート界のミューズ的な人の
伝記映画かなぁ?くらいで
上映を待った。
…予想外に面白かった。
女性と男性の時間の感じ方の違い…とか、
ダンサーがいろいろ空間に移動して
踊る映像はどうして生まれたか…とか、
陰と陽の捉え方や
カメラもダンサーである…とか
彼女の考え方は
非常に共感出来た。
三番目のダンナが
17歳年下の日本人だった…というのは
なんだか笑えたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

途方に暮れる

「マドモアゼルに嫌われる」が
大好きなので
運転しながら
ホルモン鉄道を全部聴いて
「桃色吐息」と
「やさしいキスをして」も
聴きたいので
続けて
徳永英明のCDを聴く
いろんな歌い方があるのね
と思い
アタシって
雑食オンナねって
途方に暮れる

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

寒中お見舞い。

寒中お見舞い。
グラフィック・グループ・トゥエルヴの
戸上さんから
寒中お見舞いのハガキが届いた。
昨年、デザインして頂いた
フライヤーが右側に三点。
その一つ一つを見たら
そのライヴが甦ってきた。
戸上さんとは
一緒のステージに立つことはないけど
やりたいことが
頭に浮かんだ瞬間から
一緒にライヴしてる気がする。

今、ライヴの案内や告知は
メールがほとんどで
わざわざ印刷することが少なくなった。
でも、アタシは
肌触りも匂いもあるフライヤー、
いや、チラシが大好き。

|

友達→友達→先輩

七日
Nちゃんに会う。
11月以来?
昨年は、お互いに
いろんな事があった。
ディープな話題も
腹を割って話せるので
彼女と会うのは
楽しいし、気が楽だ。
親友なんだなぁ…と
改めて思う。

八日
Nちゃんと会う。
半年ぶり位?
山を愛してるせいか
彼女は、ひたすら優しい人だ。
また山に連れて行ってほしい。
今度のCDのことを話したら
楽しみにしてる!と
言ってくれて
うれしかった。

九日
銀行を出たら、
目の前にT先輩がいた。
一年ぶり位?
彼こそ、アーティストだと思う。
常に自分しか出来ないことを
探しているから。
アタシなんぞは、
やりたい事を見付けたり、
やりたい事に関しての集中力は
T先輩に負けない自信はある。
しかし、どうしても
ソロバンを弾いてしまうのだ。
儲かりもしないくせに。
そんな暇があったら
楽しいことに集中した方がいい。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

新年だ!新年だ!新年だぁ~!!!

2 2010年明けましたぁ~!

自分の好きなことだけを書いていて

お得な情報がナッシングな

いいかげんなブログを見て頂いてるみなさん、ありがとうございます。

コメントやメールも、ほんとにありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

それにしても・・・どこに行っても、誰に会っても

「たいへんだよねぇ・・・」的なお話しになりますよね?

不景気でたいへんな中でも、楽しいことを見つけたいですよね?

・・・よね?じゃなくて見つけましょうよ。

アタシは今年はさらに「ナマ」にこだわります。

ナマの声、ナマの動き、ナマの匂い、ナマの・・・

とにかく、ライヴです。ライヴ!

正直なところ、

アタシがやる規模のライヴやイベントは

儲からないし、たいへんだけど

やりたいことはやっていきます!!!

ライヴ!と書きながらも、

2010年のみっち。は、CD発売からスタートです。

初めてのことなので、アタシ自身も楽しみにしています。

それに付随して、ライヴもやらなきゃ。

行ったことない場所にも行くぞぉ~!暴れるぞぉ~!

とにかく、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »