« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

雨女のフライヤーは透けている。

雨女のフライヤーは透けている。
6月13日のパフォーマンスの
フライヤーは
トレーシングペーパーに
印刷した。
だから、透けている。

このフライヤーを受け取った人が
いろんな色を感じますように。
いろんな感触を味わえますように。
当日のパフォーマンスを
いろいろ想像出来ますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

お嬢の「こぶし」

そりゃ、美空ひばりは知ってる。
昭和の歌姫だもの。
しかし、
ひばりお嬢が歌った
「八百屋お七」は知らなかった。
タケノヤが見つけてきて、
今日の朗読音楽会の冒頭で
歌うことになった。
…けど、
お嬢のこぶしが凄すぎて
メロディが聴き取れないので
雰囲気だけを聴き取って、
タケノヤのピアニカ伴奏で
りんご追分風に歌った。

それにしても、
今日の朗読音楽会はドキドキした。
緊張でも、ドキドキ。
うれしさでも、ドキドキ。
朗読に合わせて
ピアノを演奏するなんて
初めてだったし、
しかも、自分で作った曲!!!
凄い機会を与えてくれた
タケノヤトモミと
朗読をした岡薫に感謝。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

明日は駒込で朗読音楽会よん。

また少し寒い日が続いてますが、

明日は熱い日にしますわよ。

だって、チュッパカブラ~の相方、タケノヤトモミが企画した

「桜の香ガーデンの朗読音楽会」があるんだもん。

今年のお題目は、「八百屋お七」。

彼女、お若いのにかなりお熱い・・・

女のアタシがドキドキするくらい熱い・・・

その物語を、朗読は劇団黒テントの岡 薫さん。

演奏はアタシとタケノヤのチュッパカブラ~で

お七ちゃんに負けないくらい熱くお送りします~!

みんな来てね~!!!

桜の香ガーデンの朗読音楽会vol.3『恋草からげし八百屋物語』

3月27日(土曜日)

@駒込 La-Grotte 豊島区駒込3-16-13 tel 03-3917-0246

昼の部 14:30開場 15:00開演

夜の部 18:30開場 19:00開演

<料金>¥2000(ドリンク付)

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

朗読音楽会用

朗読音楽会用
3月27日用に
ヘアーアクセサリーを作った。
八百屋お七ちゃんは16歳でしょ?
カワイイでしょ?
みっち。ちゃんも
それに近づきたいけどね…
まあ、当日は
ただの派手なおばさんに
ならないように
上品に振る舞うことにするわさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

かつての彼が言いました。

かつての彼が言いました。
「女の欲は底がない。
欲しいものが手に入ったら、
また次のもの。
その次のものが手に入ったら、
また次が欲しくなる。
おまえもそうだろ?」
アタシは
「はい。そのとおりです。」
と、答えました。
そして、間髪入れずに
「もし、同じような
生活をしている女性が
自分が欲しいと思ってたものを
先に手に入れていたら、
その女性に
異常な嫉妬を感じます。」
と、付け加えましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

お彼岸に想う。

『お彼岸』
小さい頃に
みっちゃん、みっちゃん、と
可愛がってくれた大人達が
どんどんいなくなってる。
会いたいなぁと思う人に
写真でしか会えないのは
とてもさびしい。

『ハッタリ』
実は自信がまるでない。
まるでないくせに
ハッタリをかましてしまう。
今回もデッサン大の苦手なのに
シヴァ神の絵を描くと
言ってしまった。
人前で、
ちゃんと踊ったことがないのに
踊ります!と言ってみたり、
高いところが怖いのに
バンジージャンプして映像にする!
と言ってみたり、
潔くて気持ちいいけど、
自信ねーくせに、
ハッタリもたいがいにせーと
自分に言い聞かせる時もある。

『どーしよー。』
自分のblogのLive情報のとこ、
そのまんまになってる。
今週末(3月27日)から
今年のLiveが始まるというのに。
手描き新聞も
今年になって
まだ一回も描いてない。
ネタが多くなり過ぎ、
かつ、古くなりかけてる。
…やばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

もう一度会いたい人。

もう一度会いたい人。
2010年3月15日
ずっと探してた人の名前が
やっとわかった。
戦場カメラマン・渡部陽一さん。
新聞の広告欄に
渡部さんの本の宣伝が載っていて
写真も載ってたのだ。
いつだったか…
渋谷の駅ビルを歩いてた彼は
人混みの中で
一人だけ浮き上がって見えた。
違う空気を吸って
生きてるみたいだった。
眼は遠くにあって
背筋はまっすぐに伸び
とても美しかった。
アタシは立ち止まって
その人をしばらく見ていた。
男の人に見とれるのは
その時、初めてだった。

あの人、誰だっけ?

ニュース番組で
見たことがあるような気がするが
名前がわからないので、
捜す手立てもないし、
そのまま忘れてた。
だから、写真を発見した時に
あーーーっ!!!と叫んでしまった。
美しい人は
頭にしっかり記憶されるのである。
それにしても、
戦場カメラマンとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

わたしはすこしも恐ろしくないわ。

わたしはすこしも恐ろしくないわ。
〇月×日
この前は、雨女を描いてた。
今は、シヴァ神。
どっちも、フライヤー用。
絵を描くのは楽しい。

〇月×日
3月27日の朗読音楽会の
リハをした。
岡ちゃんの朗読に合わせて
まだ、慣れてない
ピアノを弾く部分も多い。
緊張するけど、とても楽しい。
この機会を与えてくれた
タケノヤに感謝。

〇月×日
朗読音楽会でやる
八百屋お七の言葉で
「世間の人は、
なんで雷をこわがるのでしょう。
命を捨てればよいこと、
わたしは少しも恐ろしくないわ。」
というのがある。
アタシも好きな人に会うためなら
怖いものは何もない時期が
あったなぁと思った。
今は、どうだろう?
考えてるようでは、
もう違うんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

神さまからのメール

〇月×日
運転しながら、ラジオ番組で話す
彼女の言葉にうなづいた。
ちょうど、ヨーガのお稽古の帰り道で
ポーズのお手伝いをするというのは
相手の方(手伝われる側)と
アタシ(手伝う側)の
気持ちを合わせることなんだなぁと
実感した後だったので、
「…相手のカラダの声を聴きながら
触っていきます。
そうすると、自分自身が無になって
相手に気持ちよさが伝わっていきます。」
という言葉に同感したのだ。

〇月×日
神さまからメールが着てる。
怖いなぁ…
CD聴いたのかなぁ…
いや、きっと
「和菓子おいしかったです〜!」に
違いない。

〇月×日
あのメールを開けてみた。
和菓子のことだけでなく
『帰りの車で
大音量で聞きましたよ。
作為がなくていいです。
私はこのCD好きですよ。
また一緒にやりましょう。』
と書かれていた。(一部抜粋)

キャアーッ!!!

〇月×日
西荻窪駅のホームで
サケロックの浜野くんに
バッタリ会う。
「今日はすごく
ハシケンさんに似てますね。」と
彼は言ったが
アタシが弟に似てるんじゃなくて
弟がアタシに似てるんじゃないかな
と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

湯舟につかる夢を見る

〇月×日
…そういえば、
出会いのカメラマン=松谷椿土氏
にも会ったんだわぁ。
あの、お花だらけのギャラリーが
夢のよう…
それにしても
囲いのないホームで
いつ来るかわからない電車を
待つなんて…
最初は、知り合いいないかなぁ、
好みのタイプのメンズいないかなぁ、
なんて余裕もあったけど…
雪の降る中、
40分も外にいると
大声で歌いたくなったり、
湯舟につかる夢を見る。
点検の為、西武秩父方面に発車して
戻ってくるはずの電車は
『車輌が故障して
戻れなくなりました。
また新しい情報が入り次第
ご報告いたします。』らしい。
寒〜いホームの上の方で
アナウンスが聞こえてきた。
どうすりゃいいのさ、アタシ達。
東吾野駅というところは
タクシーもいないのだ。
時刻は24時に近い。
やっと、飯能から着た
最終電車に乗ったものの
雪が積もって
木が線路の上に倒れたので
出発出来ないらしい。
車内は寒くはないけど、
どうなるかわからない不安が…
隣りに座った女性とは
話しが合いそうにないし、
持っていた本を読み始める。
それでも発車しない。
そこで、諦めの術を
自分にかけることにした。
エェェーイッ!

どうにでもなれ〜
なんとかなるさ〜
なんとでもなるさ〜
とりあえずあきらめるのさ〜
それがいまのとくさくさ〜
あきらめろ
あきらめろでぃ〜
あきらめろ
あきらめろでぃ!
軽やかなメロディが頭に響く。
電車は走り始めた。
線路工事のお兄様方が乗り込んで
倒れた木を廃除しながら進んでいく。
終点の西武秩父駅に
4時半過ぎに到着。
確か、池袋駅を21時18分に出た。
えーと、何時間かかったんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

好き好き大好き

〇月×日
キカちゃんを誘って
ホッピー神山さんの
パフォーマンスに行く。
神、いや、ホッピーさんの演奏は
一音、一音、
一声、一声、
どん、ぴしゃり、だ。
ヒュ〜、かっこいいなぁ。
神、いや、神山さんに
「みっち。のショート・ショート」を
恐る恐る渡す。
「相変わらず、
ArtWorkがいいね。」と
ジャケットを誉めて頂く。
非常に光栄である。
神さま〜、音も気に入ってね!と
心の中でお祈りした。
ほんでもって
白崎映美ちゃんにも会えたのだ〜。
映美ちゃん、大好き!
好き好き大好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

どうして大野くん?

〇月×日
人に好かれるための〜
のような本が多い。
コミュニケーション術ということか…
アタシだって好かれたいさ…
本屋さんで手に取って、
ペラペラとページをめくり
拾い読みしたものの
知らないお姉ちゃんの言葉は
アタシの心をピクッとも
動かさなかった。
いや、動かさないどころか
言うことを聞くのは
絶対に嫌だと思った。

〇月×日
友部さんと三宅さんの
二人バンドのLiveに行く。
ホンキートンクに着いたのが遅くて
ラストの一曲とアンコールの一曲の
二曲だけ。
その二曲が素晴らしくて
最初から聴きたかったと
残念に思う。
終演後、友部さんとお話しした。
優しい声と話し方。
そして、瞳が
大きくて澄んでらっしゃるので
吸い込まれそうになる。
魔法みたいな時間。

〇月×日
甥は保育園のお楽しみ会で
「ダンスが上手にできたで賞」を
貰ったらしい。
ジャニーズに入りたいらしい。
「嵐」が好きらしい。
そういえば、
母は「嵐」の中で
大野くんの名前しかわからない。
どうして大野くん?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

…雨女のこと

「雨女」のフライヤーに使う絵を
色画用紙と和紙を使って
作っている。
うっすらと頭に浮かんだのが、
二つだったので
二つを同時進行させている。
デザイナーさんに
全てお任せでもよかったが、
今回は、自分のイメージを
掘り下げてみたいと思ったので
時間がかかっても
アタシの「雨女」を探すことにした。
かたちになる要素は
たくさんあるはずだ。
いつも自分が考えてること、
感じてることが
「雨女」に反映するように
注意深く見つめていきたい。
それが当日のパフォーマンスにも
繋がるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

…彼女のこと

〇月×日
HONZI LOVE CONNECTIONで知り合った
Rちゃんと月のうさぎでランチする。
共通の友達のHちゃんも加わって
美味しいものを囲んで
ガールズトーク。
ほんぢにはいろんな人を
紹介してもらったけど、
まさか秩父の人と
繋がるとは思わなかった。
しかも、
友達の幼なじみだったなんて!!!
最近、ほんぢのことをよく思い出す。
本屋で手に取った雑誌を開くと
梅津さんがHONZIの演奏について
コメントしてたり、
サトコちゃんに借りたCDに
彼女の演奏が入っていたり。
…会いたいなぁと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

本当は晴れ女?

本当は晴れ女?
〇月×日
真央ちゃんは
浜崎あゆみが好きなのかぁ…

〇月×日
6月13日にやるパフォーマンス
「雨女」の打ち合わせを
タカダ家で行う。
中ムラサトコちゃんも来て、
キカちゃんとアタシで4人。
みんなと会った途端、
テンションが上がり過ぎる。
余計なことを喋り過ぎる。
いつものアタシじゃなくなる。
たぶん、
4人の美意識が同じだから
うれしくて
そうなってしまうのだ。
当日は
その異常にうれしい感じと、
ステキな彼女達に対する
異常な嫉妬が
行ったり来たりするんだろう。
アタシは、死ぬまで
大人になれない。
…それにしても
何の根拠で
「私って雨女なのよね。」とか
「私は絶対晴れ女!」とか
言うの?

〇月×日
今時のイケメンって苦手っす。
ヘアスタイル ×
口元の緩み ×
テレビを観ながら母ちゃんが
「イケメン先生のいる
料理教室だってよ〜。」
と言うので確認すると
ニヤケたお方が映っていたっす。
料理めちゃまずそうっす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »