« ニヒル牛No.154の箱に! | トップページ | 再び、秩父再発見。その1 »

2010年4月27日 (火)

泣ける歌。

「トイレの神様」は
泣ける歌らしい。
でも、
アタシは泣けなかった。
アタシだって、
おばあちゃんが
大好きだった…けど。

何回聴いても
涙が出てきてしまう歌は
アタシにだってある。
弟の歌にも、
ドリカムの歌にも、
早川義夫さんの歌にも。

先日、ヤバイ…というくらい
大泣きしてしまったのは、
ふちがみとふなとの
「ナ・ララ」だ。
友部さんと三人で録音した
CDの中に入っていたのだ。
収録曲を確認しないで
聴いたので、
その日の体調とか、
シチュエーションとか、そんなこともあったのだろうか、
あんなに涙が出てしまい
驚いてしまった。
きっと、自分の事を
歌われてるような気がしたのだ。
涙が、かわいてきた頃、
Kさんが
「歌は、聴く人のために
あるんや。」
と、よく言っていたなぁと
思い出した。

|

« ニヒル牛No.154の箱に! | トップページ | 再び、秩父再発見。その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/357714/34417861

この記事へのトラックバック一覧です: 泣ける歌。:

« ニヒル牛No.154の箱に! | トップページ | 再び、秩父再発見。その1 »