« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月27日 (火)

みっち。の日々

「ある日のこと。」

一日に三回も着替える日が
続いている。
更年期+高気温のせいだ。
自宅にいる限りは
着替えられるけど、
外出したらそれは不可能に近い。
田辺玄くんに会った日も
非常に暑かった。
真夏に秋のライヴの
打ち合わせをしたのだ。
場所は下高井戸の
ナイスタイムカフェ。
店内は白いし、涼しいので、
店長の中村くんに会った瞬間、
ナイスタイムー!と
親指を立てたかったけど、
そういうのに
ノッてくれないどころか、
嫌われそうなのでやめた。
渋滞で遅れてきた玄くんにも
言いたかったけど、
古臭いよ。と言われそうで
怖いのでやめた。
それにしても
ナイスタイムカフェの
ランチは美味しい。
オムライスを注文したのだが、
タマゴがふわふわだった。
その後、
西荻窪のニヒル牛に行く。
今日も、あるさんのお母さんが
お店番をしてた。
お母さんの声は若い。
涼んでいきなよ〜と言われ、
ポカリスエットを飲みながら
世間話をする。
お母さんと話すのは楽しい。
秩父のライヴの
チラシを忘れたのに
アタシは、のんきなもんだ。
ここで、
お気に入りの作家さんの
人参車のオブジェを購入。
そして、
東小金井のチャンプルー海風
にも立ち寄る。
まだ早い時間なのに
お客さんがいっぱいいて
深堀さんはお忙しそうだった。
でも、遠くから
笑顔を送ってくれた。
みっち。の
ショート・ショートの感想を
聞きたかったけど、
また今度。
次はラッシー飲むぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

8月20日は梅津さん、石川さんとスーパーセッション@秩父!!!

Photo

みなさん、心から暑中お見舞い申し上げます。

「くそ~っ!暑い!!!」

お下劣なお言葉がうっかり出てしまうほどの暑さでございますね。

そんな中、暑苦しいライヴ(…かもしれないなぁ。)のご案内でございます~。

確か、5月でしたでしょうか・・・

西荻窪のサンジャックで、梅津さん、石川さん、原さんとご一緒して頂いたのは・・・。

そのライヴの打ち上げで、「秩父でもやっちまおうぜ!」ということになり、

ホンキートンクのマスターに

「頼むから開けてくんない。」(秩父の言い方で、頼むから開けて下さいの意味)と

お願いして、ついに実現することになったのです!

今回、バンジョーの貴公子(勝手に命名)原さとしさんは

残念ながらご参加頂けませんが、

すっげぇ、すっげぇ、ミュージシャンの梅津和時さん、石川浩司さんと

またまたご一緒させて頂きます!

ホンキートンクは秩父線の「皆野駅」の近くにあるんですが、

大人気の氷屋さん「阿佐美冷蔵」や、お豆腐やさん「うめだ屋」のある

「長瀞」は同じエリアです。

小旅行がてら来て頂いたら、みっち。超~感激です。

ホンキートンク・スーパーセッション「イチか?!バチか?!」

8月20日(金)開場 19:00 開演 19:30 (終演予定 21:30)

<会場> ホンキートンク(秩父線「皆野駅」から徒歩3分)

秩父郡皆野町479-13 電話 0494-62-0728

<前売り>¥3000+1ドリンクオーダー <当日>¥3500+1ドリンクオーダー

<出演>

梅津和時(サックス、クラリネット、etc)

石川浩司(うた、パーカッション、etc)

みっち。(うた、ダンス、etc)

<お問い合わせとご予約>

電話 090-8894-4180(鈴木)

メール honky@chichibu.ne.jp

☆アタシのアドレス mitch_geek@yahoo.co.jp でも受けつけます。 

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

みっち。の日々

〇月×日
アンナ・チャップマンの
あの画像をネットで入手。
やはり、笑ってる顔よりも
睨みをきかせた顔の方が
美人でスパイなイメージだ。
イメージ作りっていうのは
見た人、聞いた人の想像力を
膨らませることなんだと
改めて思う。

〇月×日
知人の家の近くに
蓮を栽培してるおじいさんがいて
その蓮がすばらしいというので
行ってみた。
その場所に入った途端、
蓮の香に包まれて
めまいがするほどだった。
蓮の香は涼しさと甘さが混合する。
蓮、そのものと一緒で
両端を備えているというか…
瞑想してる感じというか…
寝てるのに起こされてるみたい。

〇月×日
自分は何になりたいのだろうか?
踊ったり、歌わなくても
最近は「自分のまま」の
近くいるような気がする。
だから、特に
「何か」にならなくて
いいような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮の香

Image5731

蓮の香が
からだに染みついた。
甘さと清涼が混ざった香だ。
癒しと覚醒の香だ。

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水)

みっち。の日々

<カリンバ>

ヤフオクで
カリンバを買った。
中ムラサトコちゃんの歌で
踊ったせいか
無性にあの音色が
聴きたくなったからだ。
音を鳴らしながら
自分の歌を歌ってみた。
「けもののにおい」は
なんとかなりそうだった。
それにしても、カリンバは
自分のリズム感が
ますます試されますなぁ…。

<占い>

去年、父が亡くなってからは
自分の気持ち+その場の状況で
全てを決めているので、
以前にも増して
占いにまったく興味がない。
「占い」という言葉すら
忘れてたくらいだ。
なぜ、思い出しかというと、
Kちゃんとごはんを食べた時、
「昨日、占いしてきたよ。」
と、彼女が言ったからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

懐かしい。

懐かしい。その1

黒ぱん屋に行くため、
江古田駅で降りる。
お店は新江古田駅近くなので、
必然的に、
昔、住んでた場所を
通ることになる。
全然変わってしまったよねぇ…と
予想したけど、
そうでもなかった。
クリーニング屋さんや、
よく行ってたスーパーや、
酒屋さんや蕎麦屋さん、
定食の安い居酒屋さんなど、
まだ健在で、
住んでたアパートも、
当時のまま、存在していた。
あの頃の彼が、
自転車に乗って
現れそうな気がした。


懐かしい。 その2

同じ日に池袋で
数年振りに友達に会う。
彼女とは
メールでやり取りしてるので
懐かしい。
とは思わなかったが、
まだ、二十代の頃の
クラブ・シーンの話や、
当時聴いていた音楽の話は、
懐かしかった。
スージー&ザ・バンシーズ、
バウ・ワウ・ワウ、
アダム・ジ・アンツ…
音楽の近くに
ファッションがあった時代だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

みっち。な日々

〇月×日
秩父の中で
Liveしたいお店を探している。
まず、ピアノがあるお店。
これは予想以上に存在してた。
しかし、今のところ、
ココだ!というお店がない。
どんな場所、どんな条件でも、
最高のパフォーマンスが
出来るのが
プロフェッショナルだろうが、
アタシには
そーゆー技量がないから
場所頼りで
考えなきゃなのだ。

〇月×日
どうしても
スイカが食べたくなり、
自転車に急いで乗って、
買いに行く。
帰る途中で、
噛り付きたかった!
…が、
我慢して帰宅。
ついた途端、
袋から出して味わう。
ああ、至福、
いい、至福
うう〜至福
ええ、もちろん、至福
おお〜至福
至福=甘さだ。

〇月×日
久しぶりに
ほんぢのCDを聴いた。
ほんぢに会ったような
気がした。

〇月×日
Fちゃんと
長瀞のうめだ屋さんに
ランチを食べに行く。
養蚕農家だった建物を
改装したお店は
とても懐かしい気持ちがした。
かつての親戚の家の造りに
よく似ていたからだ。
お豆腐のランチは絶品!
お醤油も何もかけずに
そのままで食べられる
おぼろ豆腐!!!
…美味しかったなぁ。
お店の方が
いい顔してたのも気に入った。

〇月×日
自分が欲しいと思ったものや、
自分が着たいと思ったものを
仕入れなさいと
昔、バイトしてたお店の
オーナーがよく言ってた。
それと同じで、
自分が聴きたい歌を
作りたいと思うし、
自分が観たいLiveを
企画したいと思う。
自分の感覚を信じたいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

みっち。の日々

<護美>
アタシの家の前の
貸し家に住んでる家族は
ごみをなんとも思わないらしく
一ヶ月以上、放置したままだ。
椅子や、服や、
ベッドのマットや、紙屑、
段ボールや、
ペットボトルの空いたのとか、
大量のごみが
すごいことになってる。貸し家の敷地内に置いてるので、
視界に入らなきゃ
何の問題もないのかもしれない。
しかし、その乱雑な風景と、
子供達の丁寧過ぎる言葉遣いに
一貫性がなくて
ごみの臭いと共に、
気持ち悪い。
「捨てた方がいいですよ。」と
提案してみたけど、変化なし。
提案ではなく、
警告すべきなのか?

<進化>
内藤忠行さんが秩父に来た。
坂下先生に会うのが目的だ。
会うたびに、
新しいものに挑戦している
内藤さんの姿勢には
頭が下がる。
今回も新しい作品を
見せて頂いた。
縞々模様が
お花に変化する映像だ。
縞々の模様は、
プリズムにも見えるし、
バーコードのような
記号にも見える。
リズムを持って登場する
一本一本の線が、
立体的なお花に進化するのだ。
その変わっていく様は
美しく、愛おしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

8月20日秩父Liveのチラシ

8月20日秩父Liveのチラシ
フライヤー、
否、チラシが完成。
手描き新聞と同じで
すべて鉛筆描き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

ヨーコの声

ヨーコの声
何も考えずに
ラックからCDを引いたら
オノ・ヨーコが当たった。
十年前くらいのアルバムだと思う。
それを聴きながら、
飯能まで車を走らせる。

ヨーコさんの魅力って何だろう?
彼女の書いた本、
ジョンと一緒に作ったアルバム、
作品展…
新聞に載せたメッセージ、
映像や写真でしか見てないけど、
パフォーマンスやバンドのLive。
彼女はいろいろな顔を持つ人だ。
どれも同じ色じゃないけど、
どれもオノ・ヨーコ色になる。

彼女の声。
アタシは彼女の声が好きだ。
まっすぐで麗しい声が好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

みっち。の日々

みっち。の日々
<イラスト>
8月20日のLiveのチラシの
イラストを描き始めた。
手描き新聞と同じく
すべて鉛筆で描いていくつもり。
ナタラージャの絵を描いた時、
手がいろんな場所から
出てるのに四苦八苦したからか
今回はバランスを作るのが
楽だった。
…でも、パンチがない。
湯村輝彦のイラストみたいな
勢いとパンチが欲しい。

<CD>
CDを次々買ってる。
チーフタンズの「San Patricio」、
ダーティ・プロジェクターズの
「BITTE ORCA」、
ナタリア・ラフォルカドの
「HU HU HU」、
どれも癖があるけど、
爽やかさもある音楽だった。
チーフタンズとナタリアは
スペイン語の歌詞で
耳障りがとてもいい。
歌詞といえば、
曜日毎の
インドの神様の歌が入っている
三枚組のCDも買った。
このブックレットに載ってる
歌詞はすべてヒンズー語なので
まったくわからない。
…しかし、
こんなに何枚も買ったのに
一番よく聴いてるのは
大谷氏の「保存盤」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »