« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

みっち。の日々

11月24日
フルバンドのライブ。
久しぶりに会うメンバーも多かった。
漣くん、朝倉くん、宮田さん、
五魚さん、松永さん、
シンベに、梅ちゃん。
みんなに会えただけで
テンションが上がって
心が踊った。
「乳のみほせ 」で踊ったのは
何年振りかな?
もっと成長した姿を
お見せしたかったけど、
アタシは、まだまだ。
弟の声は、一人でも二人でも
大勢の編成でも
どこまでも轟く。
今日は、さらに伸びやかだった。
ステージから観えたお客さんが
みんなうれしそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

みっち。の日々。

「早いっ!」
カレンダーが残り二枚。
もう今年も終わりだ。
急げ〜っ!
何を急ぐのだ?
ほんぢのイベントの制作ぢゃ。
まだ、お返事を頂いてない
ミュージシャンの方がいるぅ。
もう一度、ご連絡だぁー!
それにしても、
梅津さんのお返事は
早いっ!

「詩人の話」
詩人に電話する時は
自分の時間に余裕がある時に
してる。
なぜなら、
彼の話はネタが豊富で、
お金を払ってもいいくらい
面白いからだ。
今日も面白かったー。
笑う要素が70%で、
ためになる要素が20%、
あとの10%は感動的な要素。
これは、エンターテイメントだな。
詩人は、常に面白いことに
出会おうとしてるし、
見落としがちなことも、
よぉ〜く観ているのだ。
見習わねば!

「夢の中」
スカパラのライブは、
映画のスクリーンみたいなセット。
しかも、1曲目からお客さん総立ちで、
夢の中に入り込んだみたいだった。
きんちゃん、沖さん、
他のメンバーの方も
ものすごいパワー。
あまりにかっこよかったので、
楽屋に顔を出すのが
恥ずかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

みっち。の日々

「華村灰太郎のCD」
嘘っぱちの神聖なもの とか、
イカサマの爽やか とか、
そんなものにぶち当たると
華村灰太郎のCDを聴きたくなる。
「ハリメグラ」は名曲だ。

「みそやき」
ずーっと前に、父と母が考えた
オリジナルまんじゅうが、
今、とても人気だ。
アンコが入ってないおまんじゅう。
おまんじゅうの生地に
しゃくし菜の油炒めと、
ゴマと赤味噌が混ざっている。
蒸かした後に、
表面を焼いている。
味噌が入ってて、焼いてあるから
「みそやき」という名前。
このおまんじゅうが復活したから
「みたらしだんご」以外にも
うちの商品で、
食べられるものが増えた。
よかった!

「フルバンド」
来週の水曜日は、
ハシケンフルバンドのライブだ。
改めて、すごいメンバーだ。
けんいちー!すごいぞー!と
フライヤーを見るたびに思う。
絶対に見逃せな〜い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっち。の日々

みっち。の日々
○月☆日
縁側展で、木村先生に会う。
木村先生は、かわいい。
それにしても、よく話す。
しかも、知りたいと思ってたことを
どんどん話してくれる。
きち〜んっとやるだけじゃダメだし、
崩してやるだけでもダメだし、
どっちもないとね〜、
花を生けるって、花じゃないのよ、
華なんだからね〜、
花を並べただけじゃダメなんだから…
とか、身振り手振りしながら、
どんどん話す。
その動きもしなやかでかわいい。

○月☆日
ふちがみさんから
メールが着た。
きとかっちゃんから
ふちがみとふなとが、
富山でライブするのを
聞いていたから、
メールしてみようかなって
思ってたら、
ふちがみさんが送ってくれたのだ。
すごぉ〜く、うれしかった!
来年は、秩父に来てほしい。

○月☆日
もうすぐ来年がやって来るよ。
3月に鈴木亜紀ちゃんと
ライブをすることになった。
彼女とは、二十数年前に
一緒のバイト先で働いた仲だ。
前に一度、
彼女のライブに呼んで頂いて
彼女の歌で踊ったことがある。
その時も感慨深かったけど、
今回は、アタシも
ピアノ弾き語りなので
さらに感慨深いだろう。
題して「オンナノキモチ」。
今から当日が楽しみだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

みっち。の日々

「そう思いたい。」
富山は懐かしい場所だった。
懐かしい…と書くとウソになるけど、
初めて行った場所とは思えなかった。
家の近所にある?と
錯覚さえした。
それは、ひいおばあちゃんが
富山出身だということが
関係してるだろうし、
ライブ会場だった、
パン工房ブレッドの工房に
自分の家と同じような機械や
道具があったのも
関係してるように思う。
いやいや、そう思ってるだけだ。
いやいや、そう思いたいんだ。

「自己不信」
自分がキライになる瞬間は
多々あるが、
最近、最も嫌になったのは、
歌とピアノの演奏が
バラバラになった時。
アタシは逃げ出したくなった。
ライブの恥もかき捨てで、
何度も恥ずかしい思いをしたけど、
今だに、まだそんな思いを
してるなんて
ほんとうに嫌になるぅ。
明石家さんまさんが、
自分の出てる番組の録画を
後日、自宅で観て大笑いする
と、聞いたことがある。
…アタシには到底無理な話。
自信満々なのもアレだと思うが、
歌なり、演奏なりが
全身から一気に飛び出すように
早くなりたいものですぅ。
自己不信のまま終わりたくない。

「奄美大島」
災害のことをニュースで観た時、
何も出来ないくせに
アタフタした。
島のみんなにお世話になってるのに
何も出来ない。
スティーヴさんと弟が
中心になって行う
1月9日の救援イベントで
島のみんなが元気になったらいいな。

iPhoneから送信

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

みっち。の日々

11月7日
16時半頃、
会場の「パン工房ブレッド」に到着。
先に搬入したものをほどいてると、
満面笑顔の大谷氏、
奥さんのとっちゃん、
かわゆい石川浩司さんが到着した。
動いている大谷氏を
初めて目の当たりにしたので、
ウロウロしたり、ニヤニヤした。
そして、照れくさかった。
石川さんに
「恥ずかしがってるみっち。を
初めて見たな、ククク…」と
冷やかされる。

ライブは、きときとバハマから。
アタシは、二曲、踊らせて頂いて
一曲、ニワトリさんを育てて、
あと、一曲は一緒に歌った。
そして、自分のソロコーナーは
「おとこのこってなにでできてる? 」
と「夜想曲。」
「和菓子屋の娘のうた」は
いきなり、石川さんと。
「マンマ」は大谷氏と、
とっちゃんにも参加して頂いた。
大谷氏の笛のソロ、うれしかった!
ホルモン鉄道でも、踊りで
三曲参加した。
なかなか満足した踊りは出来ないが、
今日は、充実感があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなたぼっこのごはん

ひなたぼっこのごはん
野菜だけ ってのを頂いた。
めちゃくちゃ美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっち。の日々

11月6日
新宿まで出て、まず直江津に向かって
高岡を目指す方法もあったが、
秩父線に乗ることなんて
めったにないので
御花畑から、熊谷に向かい、
越後湯沢に出て、
高岡を目指すことにした。
土曜日のせいか、秩父線は
観光客しか乗ってなかった。
おじさん達は、
定年後の今の生活を語り合い、
お姉さん達やおばさん達は
今夜食べるものを語り合う。
アタシは、田辺聖子の本を読む。
熊谷からは、新幹線に乗れたので
思ったより早く越後湯沢に着いた。
越後湯沢駅で、40分強の待ち合わせ。
越後湯沢は、新潟…
新潟=米処 ということで、
おせんべい、お酒、笹団子、
おにぎり…
米、米、米、だった。
いろいろおみやげってあるのね…と
物色。
でも、買わない。
荷物が増えるのはやだもん。
はくたか号に乗れば、
あとは、高岡を目指すだけだ。
あっ‼と思い出し、
かっちゃんに教えてもらった
Podcastの大谷氏のインタビューを
探してダウンロードした。
大谷氏が
ホルモン鉄道について話している。
おじいちゃんっぽい話し方だ。
ファクスの文字は、中学生みたいで、
写真の感じは、水泳選手。
(肩と胸の幅があるから。)
そして、あの歌…
ハート・ウォーミングな歌と
一見めちゃくちゃで、
実は、ツボをついた歌。
高岡を目指す車内で、
アタシの中の大谷氏のイメージが
どんどん膨らんでいく。

11月7日
きときとバハマの
かっちゃん、きよちゃんがホテルに
迎えに来てくれた。
まず、ライブ会場の
「パン工房ブレッド」に搬入に行き、
高岡で有名な和菓子屋さん、
その後、お昼ご飯を食べに
「ひなたぼっこ」へ。
ひなたぼっこは、
とても居心地がよかった。
お店の方の笑顔と、
アタシ好みの味付けのプレート。
いらっしゃってたお客さんの
柔らかい富山弁。
前から知ってたような気がした。
明日も明後日も
ごはんを食べに来るような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わーい!きときとバハマ。

わーい!きときとバハマ。
きときとバハマの
かっちゃんと、きよちゃんに
連れて行って頂いた
「ひなたぼっこ」という
ごはんやさんも
ライブ会場だった
「パン工房ブレッド」も
ずっと前から知ってて
自分んちの
すぐ近所にあるような感じで
居心地がよかった。
そして、とっても美味しかった。
きときとバハマのお二人も
昔から知ってる友達のような気がした。
かっちゃん、きよちゃん、
いろいろありがとう。
ライブによんでくれてありがとう。
そして、ご結婚おめでとう〜!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

わーい!大谷氏。その2

わーい!大谷氏。その2
今度こそ、ツーショットだ。
あっ、ニワトリさん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わーい!大谷氏。

わーい!大谷氏。
大谷氏とツーショット!
のはずが…
浩司さんったら。

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

高岡駅前

高岡駅前
思ったよりも早く着いた。
御花畑駅から5時間半くらいかかったのか?
高岡駅前。
夜なので、街の様子がつかめず…
電車内から夜景を見たり、
本を読んだりしたので、
目が疲れてるが、
体の調子は悪くない。
明日は、いよいよ大谷氏や、
きときとバハマに会える!
石川さんにも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はくたか号ぢゃあー。

はくたか号ぢゃあー。
鉄子さんみたいに
電車の写真撮っちゃった。
熊谷〜越後湯沢までは、
タイミング良く新幹線に乗れたので、
思ったより早かった。
しかし、ここからが長い…
乗り換えの待ち時間を加えると
3時間はかかる。
田辺聖子さんの
「愛してよろしいですか?」が
読破出来るかもかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山に行くぞ。

富山に行くぞ。
11月6日
出発は「御花畑」駅から。
秩父鉄道に乗る機会は、なかなかないので、すでに旅行気分。
高岡に何時に着くのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

みっち。の日々

「伊藤家の会話」
兄弟でミュージシャンってのは
わりと身近だが、
家族全員がミュージシャンというのは
初めて。
伊藤ファミリーは、
ナタヨーガのサットサンガに
出演した翌日、
アタシの家に遊びに来てくれた。
伊藤公朗さんは、
素晴らしいシタールの演奏家で、
とっても面白い人だ。
こっちが調子にのって
いじわるを言うと、
目をキラキラさせて
いたずらっ子みたいな顔で、
倍以上のいじわるを言ってくる。
それが、すごく楽しかった。
そのやり取りを見て、
奥さんの美郷さんや、
次男の礼くんが
「この人(公朗さんのこと)とは
まともに話さない方がいいよ。」と
何度もアドバイスしてくれた。
でも、昨日の演奏の話題になって
「~のところの音、すごかったね。
自分がPAをやってるのを忘れてしまうほど、聴いてしまった…」
と、父=公朗さんに
息子=礼くんが話すと
父は、うれしそうにうなずいてた。
そして、母=美郷さんは
やさしく微笑んでた。
その会話に遭遇したアタシは
あったかい気持ちになった。

「信じる」
アタシは人を信じてるのかな?
時々、自分さえも
信じられないことがあるのに
他人を信じることが出来るのかな?
自分の体調が、
パッとしないせいもあると思う。
最近、他人の発言や、メールを
悪く感じ取ってしまう場合が多い。
(メールは、手書きと違って
文字が揃ってるので、
その人の本心やパーソナリティが
わかりにくいと思ってる輩がいるが、
実はその逆である。
言葉は、声を聴くとわかる。
声は、ウソがつけない。
目も、ウソがつけない。)
ようするに、
アタシは、人を信じられないのだ。
しかし、とても信じたいのだ。
他人も、自分も‼

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

もうすぐ初の富山ライヴ!!!

間近になってからのお知らせではございますが、
お近くにお住まいの方はぜひ来てください〜!
アタシは、乱入するかたちに近い?!
さあ、どうなるのか、、、
初の富山、初の大谷氏、初のきときとバハマ、
そして、おいしいパン!!!
ドキドキするわ〜ん。
あー、歌ったり、踊ったり、
もちろんしますよ〜!

「寿ホルモン鉄道ライヴ〜秋のパン祭り〜」
11月7日(日)open 18:30 start 19:00
<出演>ホルモン鉄道(大谷氏+石川浩司 with とっちゃん)
*オープニング・アクト きときと寿バハマ
<会場>パン工房「ブレッド」
富山県高岡市西田698 ☎0766-44-5550
<チケット>¥3000(パンとドリンク付)
<お問い合わせとご予約>℡090−9760−9227

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »