« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2012年3月17日 (土)

みっち。の日々

3月15日

いろいろなことを感じた日。
いろいろなことを考えた日。

車椅子を使っている友達が
ライヴに来てくれたのに
エレベーターまでに
階段があったので、
お店に入れなかった。
ライヴに来て〜!って
呼んでおいて
こんなことになってしまい
とても辛かった。
楽しんでほしいと思って
来てもらったのに
がっかりさせてしまった。
心に穴が空いた。

Tail'zの音楽は
脈々としていて
ドキドキ感があった。
とても強い音。

あこさんは、
写真で拝見したよりも
さらに、
すらっととした美人さん。
聴きたかった民謡を
歌っていたので、
アタシは、
知らないうちに口ずさんでいた。

バロン、大好き。
毎日、観たいステージ。
彼のタップを観ると、
自分もやりたい!と思う。
MCも素晴らしい。
あんな風におしゃべりしたい。

The Irish tiger & menは、
今日限定の特別編成。
気持ちよい音だった。
リハーサルの時、勝手に体が動いた。
本番でも参加させて頂いて
楽しかった。

アタシと路得子ちゃん。
路得子ちゃんの曲
「悲しみ」に
「月夜に咲いた音」という
詩がついた。
結果的には
アタシから出てきた言葉だけど、
彼女達
(角野さん、ほんぢ、ともっち)が
インスピレーションを
与えてくれたんだと思う。
特に
月夜にころがる音を集めて
のところと
輝く音やため息のような音も
キレイに咲かすだろう
までのところは、
考えた覚えがない。
他の部分も
勝手に埋まっていった。
不思議なことだけど…
その「月夜に咲いた音」が
歌えたのはよかった。
ピアノ弾き語りに関しては
まだまだ、まだまだ。
もっと何とかしないと…
演奏に集中しないと…
それにしても、
路得子ちゃんとの
演奏はスリリングで
楽しい。
路得子ちゃん、
すばらしい。

そして、
店長の島さんには
演奏以外の
細かいところまで
気を配って頂いた。
とても有難かった。
きっと、角野さんも
聴いていてくれたと思う。

しかし、心に空いた穴は
まだ、そのままだ。
アタシが何かに気づくまで、
きっと、まだそのまま。
その穴を抱えて
アタシは生きていく。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。