« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月24日 (火)

みっち。の日々

たまに…
体調が悪くなると
このまま死んでしまうのかな?
と思うことがある。
布団の中で、
足の指が冷たくなって
手の先も冷たくなって
どっち側向いても
頭がガンガンして
吐き気もするし…
でも、
翌朝、目覚めると
スッキリして
お腹もぐぅっと鳴って、
そんなこと忘れてしまう。
生き続けてる。


やっと…
ハシケン meets 伊藤大地を聴いた。
曲順バッチリ!
いいアルバム!
あと、2、3曲欲しい。
もっと聴きたい。
大地くんは、
アタシと弟が一緒にバンドを
やっていた時に
ライヴを観てくれていて
それがきっかけで
ドラムを叩くようになったと
聞いたような…
うれしいな。
ライヴの時もそうだったけど、
弟も大地くんも
楽しんで演奏してる感じがいい。
悔しいけど、
二人ともステキだ。
また、アルバムを
作ればいいのに…
楽しみにしてよっと!

| | コメント (0)

2012年4月23日 (月)

みっち。の日々

4月21日
弟と大地くんのライヴの日。
Y氏とCDを売りながら、
二人の演奏を聴いていた。
ギターヴォーカルとドラムという
シンプルな組み合わせは、
ドキドキ感がある。
弟のギターは、
ベースっぽくなったり、
声もトロンボーンになったり、
シャウトしたり、
大地くんのドラムは、
まったりとした曲の中でも、
いろいろな色を見せるし、
ワイド節は、いろいろな渦を
弾き出していた。
そして、口笛…
やるなぁーって思ってたら、
隣りにいたスティーヴさんが、
二人の組み合わせいいね!
って言った。
アタシは、自分のことのように
うれしかった。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

みっち。の日々

4月19日
言葉でリズムを作るのは、
単純に考えると、
詩を読むようなやり方か、
ラップか、
なんだろうけど、
擬音をつなげていくやり方で、
リズム作れないかなぁと
試す。
……?
なんとかなるけど、
やってて楽しくない。
じゃあ、
お芝居のセリフみたいに
言葉をつなげて
ところどころは、
擬音を出していく
やり方は?
サッと考えて
録音する。
聴いてみる…
さっきよりは、いい。
前回、
勝井さんと即興演奏した時、
言葉をつなげてみたが、
今回は、違うアプローチが必要。
踊ってもらえるようにするには
どうしたらいいの?

行き詰まったアタシは、
かつてのショーケンが
歌う動画が観たくなった。
ハローマイジェラシーがいい。
ククク…笑えるけど、
非常にかっこいい!
あっ、
松田優作の
横浜ホンキートンクブルース
(確か、オリジナルは藤竜也さん!)
が観たくなった。
なんだよぉ、このかっこよさ!
…悔しい。
もちろん、
原田芳雄バージョンも観る。
…かっこいい。
そしたら、
ジュリーの動画も
観たくなって、
ダーリン、サムライ、
TOKIO、ストリッパー…
あの時代のジュリーは、
楽曲、衣装、振り、
バンドメンバー、
もちろん、歌唱力も!
すべてにおいて
素晴らしい!
パーフェクト!
アタシはいいものを観て
育ったんだなぁ。

今日のところは、
曲作りはおしまい。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

みっち。の日々

4月13日
蒔田という地区にある
国指定重要文化財の
内田家住宅に行く
江戸後期に造られた
お蚕の農家の家
その建物の中で
絵を楽しんだり
お茶を頂けたり
お琴の演奏が聴けたりした
お琴を生で聴くのは
初めてで
目の前で
指を使う技
ジャランと弾いたり
シャッと弾いたり
弦をぐっと押さえたり
するのを見て
日本の音楽は
スゴイと思った
なんつーか
間(ま)の芸術なんだよー
そして
今年中に
お琴の音で
踊ることに決めた

4月14日
母方の祖父と祖母の
年会に出席
お坊さんのお経の
声の出し方が
よかった
たまに声を張り上げ過ぎる
お坊さんがいる
アレは
聴いてて気持ち悪い
同じトーンで
同じテンポをキープしつつ
ウネリを出す方が
参列者のからだに
じわじわ染みる

4月15日
キカちゃんと
さいたまアリーナに行く
デカイ デカイ デカイ
双眼鏡がないと
欣ちゃんや譲さん
我らが勝井さんの
顔が確認出来ない
アタシも
こんな場所で
歌いたい
踊ってみたいと
子供のように
思ってしまった
(本気だぜ!)
終演後
楽屋で
勝井さん
zAkさん
欣ちゃんに会う
そして
会えないと思ってた
マネージャーのAちゃんに会う
嬉しかった
泣きそうだった
ライヴを観に行ったのに
今日一番嬉しかったことに
なってしまった
フィッシュマンズさん
サカナクションさん
ごめんなさい

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

みっち。の日々


5/22のための曲を作っている。
キカちゃん、アキコちゃんが
自分で気付いていない
彼女達自身の匂いとか味とか
(オーラとは書きたくない。)
そういう見えないものを
引き出すような音楽。
それをアタシが
受信して音にしたい。
その音に
太田さん、勝井さんが
即興で音を重ねる…
そういう流れで
パフォーマンスをしたい。


田中敦子展に行く。
思えば、
この先、どうしょう?と
考えていた頃に
電気服を観た気がする。
今回も、そんな時期だ。
◯◯◯◯◯◯◯
◯を繋ぐ曲線。
そして、
◯いキャンバスに描いた
◯のかたまりが
回る、回る。
…永遠だ。


アキコちゃんが
ステージに登場すると、
タカダぁ〜ッ!って
叫びたくなるくらい
うれしくなる。
アタシも
そういう存在になりたい。


ここのところ、
毎日新聞の朝刊を読んでる。
直美監督の文が載ってるからだ。
河瀬直美という人は、
熱くて、厚い人なんだなぁと思う。
新聞を置いて、一息つく。
自分がやりたいこと
と、
自分がやるべきこと
は、
一致するのか?
一致しないのか?

考える。

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

みっち。の日々

4月1日
オサムさんの展覧会へ。
三つの部屋!を使って、
オサム・フィールドを
展開していた。
オサムさんの描く女の目は
色っぽくて
すごく好きだ。
あんな目で踊れたらいい。
絶対いい。

4月2日
ついに逸見さんちの
お雛様達に会えた!
80年以上経っている
お人形さんが多いのに
その誰もが、
生き生きとしていて、
動いたり、
踊ったりしそうで、
素晴らしかった。
観てると
元気になった。

4月3日
開いた三角形のポーズは、
風姿クラスの時にも
何度かやっているのに、
今日も
後ろに退いた足が
キツくてキツくて
しかめっ面になりながら
続けてみるものの
どうにもならず、
腕を上げたまま、
倒れそうになるし。
逃げ出したくなった。

4月4日
映画館に行く前に
パルコにあるカレー屋さんで、
カレーを食べる。
まあ、美味しい。
普通に、美味しい。
でも、何かが足りなかった。
その「何か」はなんだろう?

レディース・デイだったのと、
上映時間ギリギリに
映画館に着いたせいで、
一番前の座席で、
ピナ・バウシュの映画を観る。
初めての3D体験。
スゴイ!ぶっ飛び!
自分もカンパニーの一員に
なったように感じられる!
ダンサー達は、
ダンサーらしい
素晴らしい動きもするけど、
滑稽な動きや、
怖い動きや表情もする。
自分の内側=情動が先で、
こんな動きになっちゃったぁぁぁ
って、感じが強い。
アタシは、
あの場所まで、
いけてない、、、のだ。
技術的なことは、
アタシには到底無理だ。
しかし、
自分のスイッチの
入れ方次第で
あの場所にいくことが
可能だと信じたい。
自分を信じたい。
ところで、
アタシは、
「踊る」のが
好きなの?
どうなの?
どうなの?
どうなの?

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

みっち。の日々

4月4日

これから先のこと。
そう、これから先のことだ。

音楽も踊りも
言葉で言い表せないから、
その手段として
あるわけで。


ただ、上手いとか、
そういうのは
まったく関係ないと
思う。

アタシは、
お店をやっている家に
生まれたので、
聴く人や観る人に
出来ることならば、
笑顔で楽しんで
頂きたいという欲望が
強い。
でも、その気持ちは、
自分が予想した以上に
中途半端なものとして、
歌になったり、
踊りになったり、
している。

もっと悲しくていい。
もっと痛い雰囲気でいいし、
もっと滑稽でいいのに。

アタシは
何を怖がって
何に遠慮しているんだろう?
守らなければならないものなど
何もないのに。

究極の状態まで
いった時に
やってる本人も、
観たり聴いたり
した人も
解き放たれる。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »