« ホルモンみっち。鉄道ライヴのお知らせ! | トップページ | みっち。の日々 »

2012年6月 7日 (木)

アタシとホルモン鉄道との出会い

「アタシとホルモン鉄道との出会い」

何年前だったでしょうか?
小鹿野町にある十輪寺で
オルソブルーノ(テディ熊谷+檜山学)+石川さん+アタシで
ライヴをやったのは…
確か、あのライヴの終演後、
石川さんから
「ニューホルモン鉄道」の
CDを頂いたと記憶しています。
実は、それまで、
ホルモン鉄道について
面白い名前だなぁくらいで、
どんなライヴをするユニットか、
知らなかったのです。

頂いたばかりのCDを
車のデッキに挿入しました。
一曲目のマドモアゼルに嫌われるは、たいへん衝撃的でした。
この曲で、
アタシの人生は変わりました。
そして、
この曲を作った大谷氏という人物に
興味を持ちました。
大谷氏については、
きときとバハマのかっちゃんの
ご協力で
次々と情報が入りました。
しかし、
肝心の生演奏を体験してない!
なんとかしたい!
そう思っていたら、
その、かっちゃんが、
アタシを富山に呼んでくれたのです。

ホルモン鉄道初体験は、
同じステージの上でした。
控室の横で、
「マドモアゼルに嫌われる」の
イントロが流れた瞬間、
堪えきれず、涙がこぼれました。
やっと聴けたのです。
嬉しかったのです。
そして、それと同時に
この曲に感動している自分に
やっぱりなぁって
がっかりもしました。
そのおかしなテンションのまま、
ホルモン鉄道の
お下品な曲も、情感的な曲も
踊りました。
ホルモン鉄道に乗ると
いろんな気持ちになって
ドキドキしました。

ーおわりー

|

« ホルモンみっち。鉄道ライヴのお知らせ! | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。