« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

ついにスティーヴさんと石川さんが…

ついに、その時がやってきます!
前々から、スティーヴさんと石川さんに同じステージに並んでほしいと願っていました。
あぁーっ!ついに実現します!!!
しかも、アタシも一緒なの。
アコーディオンのオランさんも一緒だ!
アタシは餅撒きもするぞ。
↓とり急ぎの告知です。
「CAY新春特別企画“新年CAY〜二十日正月〜”」
1月20日(日) open 16:00 start 17:00
当日 3000円 前売り 2500円
CAY友の会 2300円
<出演>
スティーヴエトウ、石川浩司、
みっち。、オラン、藤間勘加紅、
DJぷりぷり、他
<お問い合わせと電話予約>
CAY  03-3498-5790

| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

みっち。の日々

「写真」
片付けをしている時、
写真を見つけてしまうと
危ない。
手の動きが止まって、
記憶が勝手に動き出し、
作業が停止する。
となりに弟もいて、
一緒に小さい頃の写真を見ると
さらに危ない。
この写真の時はどうだったとか、
この人は、あの時の誰とか、
話に花が咲いてしまい、
作業が中止になる。

「来年の話」
来年の話をしてる。
ライヴや、イベントは、
やろう!と思って、
スッと出来ることもあるけど、
そういうことは稀だ。
タイミングが悪いと、
ずっとずっと先になったり、
最悪、中止になってしまう。
実現したいなら、
マメに、そして、
タイミング良く連絡を取って
辛抱強く連絡を待つこと。
どんどん実現しますように。

「大谷氏」
大谷氏と
弟が会ったらしい。
すっげえうれしい。

「彼の顔」
彼の顔が浮かぶ。
どこに浮かんでるのか
わからない。
アタシには見える。
他人は見えないのに
彼の顔がアタシには見える。
出来ることなら
夜じゃなくて
昼間のうちに浮かんでほしい。
だって、夜だと
さびしくなる。
会いたくなる。
涙が出る。

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

みっち。の日々

「ファンタジー」
弟にもらった新しいCDをかける。
京都で聴いた「蜜と難破船」が
聴きたくなったからだ。
この曲は、気持ちいい。
でも、悲しくなる。

「追分」
よく通っていたおでんやさん
「お多福」の前に「追分」はあった。
CAYのシェフとスタッフのお二人、
舞踊家の藤間勘加紅さんにご一緒させて頂き、熱気ある座敷に入る。

平日なのにご年配の方々で満席。
最初は、とっても圧倒されたけど、
次第にワクワクしてきた。
民謡を生で聴くのは初めてだ。
聴いたことがない歌でも、
楽しくなっていくのは、
アタシが「ザ・日本人」に他ならないから。
踊りもかっこよかったし、
津軽三味線のオリジナル曲のハーモニーは美しくて感動した。
そして、演奏が終わると
すっと、お運びさんに戻るあの感じ…
かっこよかった!
また、行きたい!

「夢鹿蔵」
弟と大地くんのライヴを
どうしても秩父のみんなに観て頂きたかった。
バンビ商店街の加藤さんに相談して
夢鹿蔵でやることが決まった。
フライヤーを配ったり、
PAをやって頂く近藤さんと打ち合わせしたり、
機材の確認を高岸さんとしたり、
実際に予約が入ってきても
あまり現実感がなかった。
渋谷のライヴの後、
弟と大地くんと三人で
大地くんの車で秩父に向かった。
花園で高速を降りて、140号線に入る。
いつも運転している道になった。
そうでなくても、夜が朝に近くなると
日常が非日常的になる。
「夢の中にいるみたい。」と
アタシはつぶやいた。

「興奮」
何かに感動して興奮する姿を
見せないのが今風なのかも。
でも、
弟と大地くんのライヴを観たお客さんは、
あきらかに興奮していた。
顔が高揚していて、
話し声も大きい。
母の友達が、かっこいい〜って、
大地くんに抱きついてた。
いつもは穏やかな友達が、
ハシケンと写真撮りたい!って
アタシに言いに来た。
そんな様子を見て、
ライヴを企画して
よかったぁーって思った。

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

みっち。の日々

10月30日 満月
連日、寝ても覚めても
部屋の片付けをしていたせいか、
深夜バスに乗って
東京の夜景を観ていると
どこか遠くの国に行ってしまうような気分。
新宿のビル街って美しいのね…
サヨナラニッポン。
しかし、向っているのは奈良で、
ザ・ニッポン。

10月31日
早朝6時半@JR奈良駅前。
開いていたモスバーガーに入る。
店員さんが笑顔でうれしい。

登校する小学生に混じり、
東大寺を目指す。

大仏さま〜!
ほんとにデカイ!
正面もスゲぇけど、
背中部分は、もっとスゲぇ。

組画に到着。
直美監督〜!

隠れ家のような
ギャラリー兼カフェに
連れて行って頂く。
美味しいランチを頂きながら、
ユキへぃの話とか、
スティーヴさんの話とか、
弟の話とか、
もちろん、ガールズトークも。
組画チームは、全員女性。
柔らかい雰囲気かつ、意識が高い。
気持ちいい。

11月1日
奈良から京都へ移動。
13時過ぎ、でこ姉妹舎に行く。
瀬戸さん、タンバリン博士、
加藤みきおさんと4人で、
ライヴして以来だ。
加納兄とeiさんが笑顔で迎えてくれた。
お客さんが途切れたら、
何曲か歌わせて頂くつもりで、
カリンバを持っていったけど、
地元のおじちゃんや
おばあちゃんが寛いでいたので、
また今度!にした。
また今度!が
近いうちに来ますように。

17時過ぎ、
パーカーハウスロールに到着。
やっと、マスターの中島さんに会えた!
うれしい!!!
弟と大地くんのライヴは
スリリングだ。
前回よりも
もっとステージが上がった感じがする。
大地くんのリズムの上で、
弟は自由に歌う。
弟の歌に
大地くんはリズムで色を付ける。
二人で一つの大きなパワーになる。
それにしても、
大地くんが口笛を吹きながら
ドラムを叩くのはスゴイ。
しかも、叩いているリズムが、
そのへんに転がってるリズムとは
違うから
ほんと、スゴイ。
弟が、その日、いい感じで演奏したとしても、
その感じを次の時に追っかけない。
と言っていたのが印象的だった。
忘れないように頭にメモる。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »