« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月23日 (日)

みっち。の日々

師走の後半。

奄美はあたたかった。
気温だけでなく、
相変わらず、人もあったかかった。
あのショック!ショック!ショック!
の後に
話を聞いてくれたゆーきゃん、
吾朗ちゃんの持ってきた
美味しいシュークリームが、
舌にも心にも染みたなぁ…
ゆうきくんの炸裂トークで
笑っぱなしだったなぁ…
ふとした時に
あの時のことを思い出して
ホッとしてる。
あったまってる。

アタシはピアニカを吹いている。
ピアニカの中に
唾液がいっぱい溜まるほど
吹いている。
譜面が読めないから、
何度も聴いて覚えるしかない。
明日も吹くだろう。
あさっても吹くだろう。

アタシは曲を作っている。
2月2日に
あさみちゃん、キカちゃん、
アラン、アタシの
4人でやるライヴ。
まず、最初に
あさみちゃんをイメージした曲。
すぐに出てきたけど、
もう一歩二歩つなげたい!
つなぐんだ!

アタシは甲府に行った。
春にやるライヴの打ち合わせをしに
奥山さんと
伊藤公朗さんのおうちに行った。
おうちは高い場所にあって
湖の近くだった。
お茶の間から湖が見えて
その先に街が見える
最高の眺めだ。
軽くリハもした。
シタール奏者の方とご一緒するのは、
初めてだったから、
ドキドキしながら楽器を出して、
歌い始めたら
スーッと自然に音が重なっていって
歌いながらリラックスした。
いつもの感じの高揚とは違う!
ほどよい気持ち良さが
ずっと続く感じ。
これに、タンバリン博士が
加わる?!
どんなライヴになるんだろ?

アタシはHONZI 2を聴いた。
「灰の記憶」を歌いたいから。
毎年やっていた
HONZI LOVE CONNECTIONは、
今度は違う日程、違う会場。
タイトルも変える。
でも、
彼女の音楽や音楽に対する姿勢を
伝えたいという本質は変わらない。

アタシは新年CAYの
フライヤーを配っている。
DJぷりぷりの教えのとおり、
基本は、一枚一枚手渡しで。
みっち。の手描き新聞を書いて、
フライヤーを同封しなきゃな。
年内、やることいっぱいやな。

| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

みっち。の日々

12月4日
一週間のうちにお葬式が二つあって、
その間に秩父夜祭りもあった。
アタシ、生きてるんだと思った。

12月5日
CAYで1月20日の打ち合わせ。
こけしみたいな髪型のDJぷりぷりに会う。
彼がフライヤーも手がけるらしい。
すごく楽しみだ。

12月7日
夕方、また大きな揺れ。
ちょうど、小学四年生のピアノレッスン中だった。
ほんとは抱きしめてあげたかったけど、ソファーの下に隠れろー!と叫んだ。
長い間揺れたので怖かった。

12月8日
朝ごはんもそこそこに出かけて
羽田に着く。
出発が遅れたので、
当然、奄美着も遅れる。
昼ごはんを食べないままに
ホテルにチェックインすると、
パックツアーを重複して予約していることがわかった。
自分のせいだけど、
支払いが倍になってしまうショックと、
お腹がすいているのと、
このテンションのまま、
ライヴに出るのかぁ…という心配で
倒れそうになった。

12月9日
あまり眠れないまま、朝を迎える。
昨日は、「存在しない」と「ワイド節」で踊り、「こだま」でコーラスとカリンバをやった。
来て頂いた方に楽しんで頂けたみたい。
自分が自分を元気にした気もした。
参加させてくれた弟と大地くんにたくさん感謝した!
そして、ジャカランダカフェに行ってさらに元気になる。
オカダマサルさんのことをいっぱい思い出した。
マサルさん、ありがとう。
夜、ROVOのライヴに行く。
勝井さんのお姿とプレイにヤラレて、身動きが出来なくなった。
サムライみたいだった。
かっこよかった!

12月10日
勝井さん、大地くん、kちゃんと
加計呂麻島に行く。
災害の時に崩れた場所もあって、
痛々しかったけど、
天気はよかったし、
久しぶりに時間がゆったり流るのを感じた。
海がめちゃくちゃきれい。
そして、よくよく考えると
すごいメンバーで車に乗ってて、
ごはん食べてて、フェリーにも乗ってて…

夜は、大地くんと共に友達の知人の家に招かれる。
おでん、サラダ、アタシは食べないけどお肉がいっぱい。
お相撲さんがいたり、子どもや赤ちゃんもいて楽しかった。

12月11日
羽田に着いた途端、
フライヤーのデータチェックの連絡。
あゝ現実…
島での時間がウソのよう…
夢のよう…

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »