« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2013年2月 5日 (火)

みっち。の日々

2月2日@ペチコートレーン
「未知な彼女 小さな太陽」
アランパットンとの
演奏は刺激的で楽しかった!
曲のコードと長さは
だいたい決まってるけど、
アランもアタシも譜面がないから、
やる度に違う演奏をしていた。
そういうのは、アタシは無理だと思ってたけど、
アランの優しさと大きさで
本番が一番楽しい演奏になった。

あさみちゃんとキカちゃんが
二人で踊った曲「SKISS」は
アランのアコーディオンの音と
アタシのピアニカの音と
あさみちゃん、キカちゃんの動きが
重なって、凄いことになってた。
きっと、アタシが一番いい場所で
パフォーマンスを楽しんでいたはずだ。

あさみちゃんのダンスのために作った曲を演奏している時は、
自分が踊ってるような気がした。
あさみちゃんの細かい指の動きが
とてもよかった。

「月影」は、前からあった曲で、
河村さんの三線や、
タケノヤさんの鉄琴で合わせたこともあったけど、
ノコギリと一緒にやるなんて
想像もしなかった。
キカちゃんが、終わった後、
ノコギリで踊るのは楽しいーっ!
って言った。
(アタシもノコギリとセッション楽しいーっ!って心の中で言った。)
キカちゃんの踊りは、
さらに彼女らしくなっていて、
力強くもあり、羨ましかった。

アランの曲、「シンケン」を三人で踊ったのは、
観ていた人達にどう映っただろう?
三人の深い部分に隠してたものが、
アコーディオンの音に刺激されて
飛び散った感じがした。

家のピアノで何回も歌った
「ぼくのちいさなたいよう」を
初めてリリースした。
今までで一番緊張して、
今までで一番喜びを感じた。

アラン、あさみちゃん、キカちゃん、
お店のみなさん、
来て頂いたみなさん、ありがとう!

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。