« 3月13日 シタール奏者の伊藤公朗さんとDUO! | トップページ | 急遽決定!「キンキラキンな夜」@京都パーカーハウスロール »

2013年3月16日 (土)

みっち。の日々

3月13日
公朗さんとリハはしたものの
不安な気持ちでいっぱいだった。
公朗さんに、
胸を借りる気持ちで
歌ったり、踊ったりすれば
いいだけのことだけど、
その素直な気持ちを
そのままに声を出したり
動きにしたりするのは
簡単に出来そうでいて
なかなか難しい。
しかし、二人でやる楽しさを
一瞬でも見つけられたら
観ている人に
ちゃんと伝わるはず。
そのタイミングは、
最初にやった即興、
(ライトを使うパフォーマンスをした)
二回目のステージの
中盤にやった即興
(アタシはピアニカ、
公朗さんはもちろんシタール)
にもあったし、
自分の曲(よるのおさんぽ)
の時にも訪れた。
失敗もあった…
その失敗も
4月21日の養老酒造での演奏に
つなげられたら。
☆音や金時のマスターに
太田さんがライヴに
復帰したことを聞いて
うれしかった。

3月15日
野坂寺の住職に
「どんな状況であったとしても、
そこにある条件の中で、
その時の最善をつくすことが、
良い演奏につながるはずです。」
とお話しして頂いた。
極々たまに、
どうせ何々だから…って
思ってしまう
アタシの心の中を
見られてしまったようで、
恥ずかしい気持ちになった。

|

« 3月13日 シタール奏者の伊藤公朗さんとDUO! | トップページ | 急遽決定!「キンキラキンな夜」@京都パーカーハウスロール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。