« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2013年6月21日 (金)

みっち。の日々

奄美 三日目

ホテルのまわりをぷらぷら。
母に頼まれた
パパイヤの漬物を買って、
しょういちさんがプリントされた
Tシャツは自分用に買って、
お昼は、
伊藤大地さま御用達の
よろこび庵に行く。

16時過ぎ、
一足先にアタシは会場入り。
エレピでいろんな曲を弾いてみる。

…10年前。
声は使っていたが、
楽器を弾きながら歌うことは
まったく出来なかった。
踊ってたけど、
自分にしかないリズムというか、
波動みたいなものを
かたちや流れに変換することが
ほとんど出来なかった。
あの時、梅津和時さんと
スティーヴエトウさんに
「奄美に行きませんか?」と
お誘いしたのは、
島の一部の方のご要望もあったけど、
その人しか出せない音を出している人と
同じステージをご一緒して頂いて
それを肌で感じたかったから…
それが最大の理由だった。
あの頃のアタシは、
お客さんの前で、
一か八かのパフォーマンスをして
前に進むしかないと思ってた。
目標にする人はいないし、
やり続ける中で、
何かを見つけたかった。
そして、ライヴに来て頂いた人に
かたちにならない熱みたいなものを
目撃して頂きたかった。
大熊ワタルさんの
シカラムータのライヴに
当日、突然おじゃまして、
踊らせて頂いてたり、
福島ピート幹夫くん率いる
キリングフロアーでも
何回も踊らせて頂いた。
太田惠資さんには、
アタシのわがままなことに
何度もお付き合い頂いて、
坂本弘道さんにも、
小さいお店でパフォーマンスを
ご一緒して頂いたり…
石川浩司さんは、
もう少し前だった…
「たま」をよく知らなかったアタシは、
石川さんが、
大工哲弘さんとご一緒されてるライヴを観て、
その気持ちのまま、
「一緒にライヴして下さい!」という
お手紙を書いたんだっけ…

アタシはただのおバカさんだったけど、
叩いた扉は開いてくれた。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。