« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2013年6月25日 (火)

みっち。の日々

6月22日 夏至夜@tea Roma(秩父)
秩父で知り合ったupuuzioraの
お二人と一緒に
秩父でイベントが出来たことは
感慨深い。
前日の夏至の日は、
日本中のいろんな場所で、
ロウソクを灯すイベントが
あったみたいだ。
アタシ達の集まりも
かたちは同じような感じだけど、
ご年配の方も含まれていて
来て頂いた方の中には、
どう楽しむかわからない方が
多かったと思う。
その上、アタシの歌は、
伴奏なしだったり、
ピアニカだけの演奏だったり、
見慣れないもの(カリンバ)を
奏でながら歌ったりで…
upuuzioraのロウソクの灯りに
アタシの声や
ピアニカの音が吸い込まれたり、
tea Romaの大きなガラス窓の向こう側に
放射していくのを
見続けながら
たったひとりでライヴした。
ひとりのさびしさ。
ひとりという自由。
ひとり=等身大。
自分の小ささや大きさ、
瞬間、瞬間を感じながら。

6月24日「熱い奴ら」@抱瓶(高円寺)
抱瓶は、
弟のホームグラウンドという
感じがする。
お店の片隅に弟の匂いが残っている。

昨年、秩父で
河村さん、舞子ちゃんとライヴした時、
ここに大地くんのドラムが入ったら、
もっともっと楽しいし、
お客さんも楽しいと感じた。
その機会が今日だった。
灰太郎にライヴを相談した時、
灰太郎にも参加してほしいとお願いしたら、
二つ返事でオッケーしてくれた。
(アタシは華村灰太郎の歌の世界が
好きなのだ!)

河村さんの伸びやかな声と
舞子ちゃんの伸びやかなヴァイオリン、
大地くんの心地よいリズム。
ピアニカを吹きながら
あっち側の世界に
行ってしまいそうな気分。
「渚から」
「やわらかな時」は名曲だ。
河村さんとご一緒する時、
必ず「やりたい!」と熱望する
「あの娘と部屋とギターと」は
今日は特別な気持ちで
ピアニカを吹いた。
舞子ちゃんの歌、楽しかったー。
ヴァイオリンの曲で、
踊れてうれしい、うれしかったー!
大地くんの口笛や、
低音コーラス?!
ドラムは、もちろん、
さすが!素晴らしい!
灰太郎の歌では
かなり遊ばせてもらえたし、
みなさんの素晴らしい演奏で
歌わせても頂いた。
アタシばかり
楽しんでごめんなさい!な夜だった。
それにしても、
灰太郎のギターうるせぇー!
あああああああ
アタシの声もうるせぇー!
ああああああああ

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。