« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2013年10月17日 (木)

みっち。の日々

2013年10月9日

緊張してあまり眠れなかった。

1stステージの「あ!」は
40分間の即興パフォーマンス。
まず、みなさんを呼び入れて、
スティーヴさんに
奈良のカレー屋さんの「マナビアン」で撮影してもらった
「ごうまるここからはじまる」と
アタシが口やカラダで言っている映像が映し出され、
ついに始まった。
40分間の中で覚えているのは、
前日、ひらめいた歌のフレーズを
歌っていたこと。
ヘッドランプを照明に使ったこと。
「イチか?!バチか?!」を
知らないうちに歌ったこと。
即興で太田さんについて歌ったこと。
客席の中にキャットウォークみたいなステージを作ったので
アタシも石川さんも
そこを行ったり来たりした。
深い海の底でライヴしてるみたいな気がした。

2ndステージの「ん?」は
キカちゃん、タカダアキコちゃんとのパフォーマンスのために作ったピアノ曲、HONZIの未発表曲、
最近よく歌っている曲、
久しぶりに歌う曲…

生まれて初めて作った歌
「紅く染まる」を
ピアノ曲「ひらく」
パフォーマンスの時に
キカちゃんが踊ったワルツの曲は、
太田さん、坂本さん、アタシの
三人だけで演奏した。
心臓が飛び出そうだった。
「マンマ」や
「優しい悪魔」、
「よるのおさんぽ」
HONZIの「じゃれあい」、
アンコールで演奏した
「まっかなごちそう」は、
自分自身も楽しんでいて
みなさんにも楽しんで演奏して頂いたように思う。
でも、こればかりは、
アタシは演る側の一部として
演奏しながら、自分の出してる音と全体の音をモニターで聴いた感触だから、
ほんとうのところはどうだかわからない。
坂本さんにご苦労して頂いて、
譜面を作って頂いたおかげで、
太田さんもスティーヴさんも
演奏しやすかったみたいだ。
石川さんは、どんな時も
どんな場合も自由…

ライヴがはじまる前も
ライヴが終わった後も
石川浩司、太田惠資、スティーヴエトウ、坂本弘道が一緒にいるのをナマで見て、
とんでもないことだ!と思った。

ライヴが終わった後、
いつも来て頂いてる方、
奄美にも来て頂いた方、
数年振りに来て頂いた方、
ずっとお世話になっている方、
山梨から来て頂いた方…
涙がこぼれるのを我慢しながら、
お客さま一人一人に
紅白福餅をお渡しした。

今年のお誕生日は、
今までで一番緊張して、
一番うれしいお誕生日だった。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。