« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2014年6月16日 (月)

みっち。の日々

理想の男/
「理想」とは
考えられるうちで最高の状態のこと。
大谷氏はアタシの理想の男だ。
顔。ルックス。声…
100%というと語弊があるが、
それに非常に近い。
だから、とっちゃんが
とってもうらやましい。
そして、
そのうらやましいという気持ちを
ホルモンみっち。鉄道のライブの時、
特に腹太鼓の時に
爆発させているような気がする。

好みのタイプ/
気づくと、
坊主頭の男性が
自分のまわりに集まってくる。
集まってくるというより、
坊主頭とかスキンヘッドの方を
集めているのではないのか?!
好みのタイプなのではないのか?!
他人に指摘され、
自らも自覚はしているが、
恋に落ちる相手や、
交際する相手は、
坊主頭でもスキンヘッドでもない。
これは!いったいどういうことなのか?!

ホルモン鉄道の新譜/
「包茎ジョナサン」大好きです。
聴きながら口づさみます。
カバーしたいけど…

華村灰太郎/
灰太郎の本名を知らない。
初対面の時、
アタシはただのレゲエ好きの姉ちゃんで、
灰太郎はアタシの友達の彼氏だった。
だから、きっとその時に、
灰太郎の本名を聞いたと思うけど、
もう忘れてしまった。
あの日から20年以上経っていて、
その友達とは会わなくなったけど、
灰太郎とは同じ場所に立って、
一緒に演奏する。
それは最高にうれしい。

熱い奴ら/
どういう流れで
河村さん、舞子ちゃん、大地くんと
ライブすることになったんだっけ?
なんで「熱い奴ら」に
したんだっけ?
そんなことどうでもいいか…
とにかく、またライブしたい。

思い出/
あん時、
あーだった、こーだったって
いう話がどうも苦手である。
あん時、
みっちゃんはあー言ってたって
言われるのは
もっともっと苦手。
なぜなら、
覚えてないことが多いから。
今月あたまに
以前、一緒に働いていた方々と
会って話した時、
みなさん口々にあの頃のことを
いろいろおっしゃってたけど、
そのお話を
ほとんどわからないまま
うなづいていた。
つい先日、
昔お付き合いしていた方と
話した時もそんな感じだった。
お付き合いしていた方との思い出は、
辛いことが多過ぎて
記憶を消して前に進むしかなかった…
という理由もあったのかもしれないし、
今の方が良い状況だから、
昔は良かったなぁ…的な
振り返り方を
しないで済んでるのかもしれないし。
もちろん、アタシにも思い出はあるさ。
時々思い出すのは、
お父さんのバイクの後ろに乗って、
一緒に風を切ったこと。
弟と二人だけで中野サンプラザに
コンサートを観に行ったこと。
弟は忘れてるかもしれないなぁ。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。