« 「HONZIに聴いてもらいたい歌」@キチム | トップページ | みっち。の日々 »

2014年8月 7日 (木)

みっち。の日々

7月26日
どんな感じから始めるか?
だけを確認して、
DJ暗号とfrench man flatとの
セッションが始まった。
即興である。
即興とは、集中し続けること。
一緒のステージにいる人と
感じ合い続けること。
そして、観ている人が
アタシ達を演奏させたり、
踊らせているのを感じること。
french man flatが
アタシの歌声を
いろいろ変える。
自分の声がわからなくなる。
わからなくなっていく感じを
また変化させてリリースする。
DJ暗号のリズムと
アタシのリズムが
ぶつかる、
からみあう、
ひびきあう。
セッションの後、
来て頂いた方に
「瞑想してる感じだった。」
と言われた。

7月27日
「HONZIに聴いてもらいたい歌」
今日、二ヶ月前の情報公開日。
朝から出演する方にメールしたり、
キチムの奈々さんにメールしたり、
fishmansのマネージャーさんにメールしたり、
ツイートやメールでご案内したり、
タイピングが遅いから時間かかり過ぎて
イライラしちゃう。
3日前に
戸上さんにデザインして頂いた
フライヤーが届いた。
今回のフライヤーの写真は、
亡くなる直前まで
HONZIがよく使っていた写真だ。
いつだったか…
「最近はこれしか使ってないんや。」
と言ってたっけ。
彼女と歩きながら話した時…
いつだったかなぁ…

8月1日
タフビーツの10周年パーティの日。
かねよ食堂に行った。
与世山澄子さん、南さん、吉野さんのトリオ、最高だった。
特に、南さんがとってもチャーミングで、
ホッペにキスしたかった。
また観たいな!
大工さん、久保田さん、マツさん、大地くんのステージは、
リラックスした感じと
熱っぽさが交錯してて
気持ちよくて
出来ることなら、
朝までずっと演奏してほしかった。
Keisonやジョンさんと話せたし、
晴れ豆の店長さんに会ったり、
DJぷりぷりにも会った。
新しい友達も増えた。
いい一日だった。

8月3日
祖師ヶ谷大蔵にある
Cafe MURIWUIで
「シャクネツヤッ!」
キカちゃん、タカダアキコちゃん、
アタシの三人のパフォーマンスの
6回目で6年目。
キカちゃんもアキコちゃんも
ダンスの基礎があって、
ショウの経験がある。
つまり、本物のダンサーだから、
アタシとは違う。
その劣等感というか自信のなさが、
ライブ直前の緊張感につながるんだと思う。
お客様の前で踊る以上、
そんな感じではダメだけど、
毎回、そんな感じになってしまう。
しかし、ここ最近は、
演奏する側でもあって、
どんな風に踊らせてもらっているかを
体感したりもしているので、
悪い緊張感ではなくて、
良い緊張感になってきたと思う。
それにしても、
Alanのパートナー、
関島種彦さんのバイオリン!いい!
また5人でやるのもアリだ!

|

« 「HONZIに聴いてもらいたい歌」@キチム | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。