« 2014年10月のライブ情報! | トップページ | 「月夜に咲いた音 Vol.2」 »

2014年10月 3日 (金)

みっち。の日々

9月27日
2月15日のことがあったから、
お天気のことばかり
気になっていた。
今日は晴れた!
他にも不安なことは
いっぱいあった。
でも、早川さんや
みんなに会えること、
欣ちゃんも来てくれるし、
吉祥寺までの道は近かった。
HONZIが亡くなってから
ずいぶん経ってしまったが、
最近、やっと、
彼女が演奏している映像を
真っ直ぐ観られる。
彼女が参加している音源を
冷静に聴ける。
お別れしてから何年かは、
彼女のまわりのみなさんの気持ちと、
彼女と
ライブを一回しか出来なかった悔しさや、
いろんなモヤモヤがあって、
そのモヤモヤが
涙に変わってしまって
目や耳に入ってこなかった。
今日、早川さんと熊ちゃんが
ニコニコしながら話してるのを見たり、
欣ちゃんが、
ほうすけくんの演奏を観て
すっげーじゃん!って言ってるのを
聞いたり、
ご遠方から来て頂いたお客さんもいたり、
みんなの素晴らしい演奏の他にも
うれしい瞬間がたくさんあった。
HONZIに楽しませて頂いた。
ほんとうに特別な夜になった。

9月28日
明け方、横になって
ちょっとうとうとしたら、
起きる時間になっていた。
夢のような時間の余韻が
カラダにまだ残っている。
眠いような覚醒してるような
不思議な感じ…
その感じが、
今日のパフォーマンスに
ぴったりだったと思う。
ライブ前に時間配分だけ決めて
まるっきり即興の2ステージ。
スティーヴさんと
開演時間3分前に
DJANGOに着いたら
待ちきれないDJ暗号と
french man flatの
声とギターのパフォーマンスが
始まっていた。
アタシ達は
その様子を後ろの窓から覗くという
悪ふざけからスタートした。
スティーヴさんのリズムを中心に
アタシも叩いたり、踊ったり、
DJ暗号がいい感じで
絡んできたり、
アタシの声を
french man flatが
エフェクトしたり…
秩父で初めての
即興パフォーマンスだったと思う。
tea Romaで着替えさせて頂いて
DJANGOに戻ると、
まだ熱気があった。
お客さんの輪の中で、
スティーヴさんがジャンべを
叩き出すと
お客さんが踊り出す。
DJ暗号が
ブルースハープを吹き始めた。
アタシもシンバルや太鼓を叩いた。
お客さんは踊り続ける。
楽しかった。
秩父が熱かった。

|

« 2014年10月のライブ情報! | トップページ | 「月夜に咲いた音 Vol.2」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。