« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月20日 (土)

みっち。の日々

6月10日
池袋 某カフェ

アキコちゃん、キカちゃんと
6月27日の打ち合わせをした。
今回のパフォーマンスは、
尾引さんとリハも打ち合わせもないから、
三人で打ち合わせすることは、
入り時間と衣装の色はど〜する?
くらいだったけど、
会った途端、わぁーっと話して
ゲラゲラゲラゲラ笑い続けて
アキコちゃんのタイムリミットが
近付いてきて、
最後の最後に
「そういえば、衣装どうするんだっけ?」
みたいなノリの打ち合わせで…
でも、きっと、わざわざ三人で会うのと、
会わないで本番を迎えるでは、
まったく違うのだ。
今までの7回分もそうだった。
お二人と一緒にパフォーマンスする前は、
踊る人と、ほとんどライブを
したことがなかった。
ご一緒させて頂くことで、
彼女達の踊りを体感して
お客さんに観て頂ける踊りを
勉強させて頂いたと思う。
そして、踊りやライブに対しての
情熱の深さを教えて頂いた。
三人でやるパフォーマンスがなかったら、
アタシは今、踊っていないと思う。

6月12日
るっちゃんとリハ。
「6月のメルヘン」っぽい曲を選んでスタジオに向かった。
笹久保くんのCD「秩父遥拝」に入っている
「工場の屋根で鳩が鳴く」も
二人でやることにした。
カリンバで歌っているのとは、
また違う感じになった。
るっちゃんのアコーディオンと
一緒にやると
とてもいい感じ。
機織り歌だけでなく、
るっちゃんにご一緒してもらうと、
芯が太くなって、
曲自体の品質が上がる。
るっちゃんは、かわいいし、
しっかりしてるから、
モテるんだろうな。
その上、演奏があんなにすごいから、
モテモテなんだろうな…
などと、考えながら、
アタシは歌いまくった。

6月14日
「6月のメルヘン」
@ホンキートンク

松倉さん、勝さん、るっちゃん、アタシの
4人でやる曲からリハをした。
松倉さんの「窓の外は」を
聴いた途端、
泣きそうになってしまい、
本番は大丈夫かな?と心配したら、
心配したとおりになってしまった。
アタシのアレは踊りではない。
歌の中の人と
アタシの現状が同じだったから、
涙が止まらなくなったんだ。
それにしても、
松倉さんと勝さんのコンビは
なんてステキなんだろう。
勝さんの衣装は、
松倉さんが決めていると聞いた。
勝さんに
「衣装が気に入らない時もあるんですか?」
と質問したら、
「ないよ。」って、
ぽつりとハッキリおっしゃった。

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

みっち。の日々

5月30日


iPhone開けたら
うれしいメール
涙が出た


舞台挨拶の監督の言葉が
素晴らしかった
舞台挨拶と
報道関係の囲み取材の後
ちょっとだけ
監督とおしゃべり
美穂ちゃんにも会えて
うれしかった
また奈良に行きたい
「あん」を観た
希林さん演じる徳江さんが
餡を炊いている姿は
お母さんとだぶる
それだけで涙が出る
愛する
というかたちは
いろいろある
アタシはアタシの愛し方
今日
彼はどこにいるんだろう


ホンキートンクへ
友部さんみたいに
言葉を
使いこなせたら
言葉で
いろいろ遊べるようになれたら
それにしても
地震が多い
友部さんが歌っている最中に
ガタガタしたので
ユミさんがイスを揺らしてる
と思ったら地震だった
ユミさんは
みっち。がイスを揺らしてる
と思ったらしい

6月2日

東京のお母さんの誕生日だから
メキシコ料理を食べようと思って
ガブリエラに行った。
タコスを食べながら
お母さんのことを
しんみり思い出す予定だったけど、
友達がシフトに入っていて
料理を運ぶ度に
話しをしてくれて
さびしくなかった。
夕方、
義妹の第一子に会いに行く。
生まれたばかりで
首が安定しないから
抱っこするのが怖い。
義妹のダンナに初めて会う。
明るい男だ。
その後、義父と義母と一緒に
両国に行く。
サケロックファンが
両国駅に溢れていて
ダフ屋もいて
5人の名前の幟がたっていて
入り口まで行ったら
奄美の友達も来ていて
なんだかお祭りみたい。
解散ライブだけど、
出発ライブなんだと思った。
5人の演奏は
本当に素晴らしかった。
卓史くんも馨くんもいて
元気な源ちゃんもいて
うれしかった。
浜野くんの演奏を
聴く度に素晴らしく進化してる。
大地くんが演奏してるのを
後ろから観るのは
とても楽しかった。
足の動きが踊ってるみたい。
曲が終わっていく時の
腕の動きが柔らかくて美しい。
ライブが終わった後、
灰太郎や
河村さん、舞子ちゃん、
濱本くんに会えた。
ステキな一日だった。

6月4日

「はじまりのはじまり」の
ミックス作業と
「よるのおさんぽ」の
手直し作業。
一たす一は一の始まりを
一つ一つ聴くと面白い。
友達の声、家族の声…
それをイデホフに繋げたり
揃えたりした上に
アタシの歌を重ねる。
みんなの声を聴きながら歌うと
自然に口角が上がって
明るい声になった。
早くみんなに聴いてもらいたいな。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »