« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2015年6月20日 (土)

みっち。の日々

6月10日
池袋 某カフェ

アキコちゃん、キカちゃんと
6月27日の打ち合わせをした。
今回のパフォーマンスは、
尾引さんとリハも打ち合わせもないから、
三人で打ち合わせすることは、
入り時間と衣装の色はど〜する?
くらいだったけど、
会った途端、わぁーっと話して
ゲラゲラゲラゲラ笑い続けて
アキコちゃんのタイムリミットが
近付いてきて、
最後の最後に
「そういえば、衣装どうするんだっけ?」
みたいなノリの打ち合わせで…
でも、きっと、わざわざ三人で会うのと、
会わないで本番を迎えるでは、
まったく違うのだ。
今までの7回分もそうだった。
お二人と一緒にパフォーマンスする前は、
踊る人と、ほとんどライブを
したことがなかった。
ご一緒させて頂くことで、
彼女達の踊りを体感して
お客さんに観て頂ける踊りを
勉強させて頂いたと思う。
そして、踊りやライブに対しての
情熱の深さを教えて頂いた。
三人でやるパフォーマンスがなかったら、
アタシは今、踊っていないと思う。

6月12日
るっちゃんとリハ。
「6月のメルヘン」っぽい曲を選んでスタジオに向かった。
笹久保くんのCD「秩父遥拝」に入っている
「工場の屋根で鳩が鳴く」も
二人でやることにした。
カリンバで歌っているのとは、
また違う感じになった。
るっちゃんのアコーディオンと
一緒にやると
とてもいい感じ。
機織り歌だけでなく、
るっちゃんにご一緒してもらうと、
芯が太くなって、
曲自体の品質が上がる。
るっちゃんは、かわいいし、
しっかりしてるから、
モテるんだろうな。
その上、演奏があんなにすごいから、
モテモテなんだろうな…
などと、考えながら、
アタシは歌いまくった。

6月14日
「6月のメルヘン」
@ホンキートンク

松倉さん、勝さん、るっちゃん、アタシの
4人でやる曲からリハをした。
松倉さんの「窓の外は」を
聴いた途端、
泣きそうになってしまい、
本番は大丈夫かな?と心配したら、
心配したとおりになってしまった。
アタシのアレは踊りではない。
歌の中の人と
アタシの現状が同じだったから、
涙が止まらなくなったんだ。
それにしても、
松倉さんと勝さんのコンビは
なんてステキなんだろう。
勝さんの衣装は、
松倉さんが決めていると聞いた。
勝さんに
「衣装が気に入らない時もあるんですか?」
と質問したら、
「ないよ。」って、
ぽつりとハッキリおっしゃった。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。