« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月23日 (金)

みっち。の日々

10月16日
広島に向かう。
OTIS!にどうしても行きたかったのだ。
広島駅からホテルまで歩いて、
ホテルからお店までも歩いた。
大きな橋があったり、
大きな公園があったり、
道を教えてくれたおばちゃんが
知り合いみたいに話してくれたり、
保育園の子供たちに手を振ってもらったりして、
住んでいるような錯覚に陥った。
弟、ガチャピンさん、大地くんのトリオの
ライブはかっこよかった!
身内なのを忘れて楽しんだ。
踊りで参加してもっと楽しんだ。
ライブが終わった後、
お客さんやマスターに
「やっとお姉さんの踊りを観られてうれしかった〜!」と言われて
アタシもうれしかった!

10月18日
友達に頼まれて
はんじょう博で、
着ぐるみ体験をする。
インドカレー屋のゆるキャラになったのだ。
半袖でも大丈夫な気温だったけれど、
思っていたよりは、
カラダは暑くなかったし、
思っていたよりは、
動きやすかった。
ただ、顔の部分だけが暑くて、
頭にカレー皿が乗ってるので、
だんだん首が痛くなって、
顔が下向きになってしまった。
何人もの子供達に抱きつかれた。
子供達と一緒に踊ったり、
写真を撮ったり、
子供達の質問にジェスチャーで答えたりした。
ポテくまくんより人気者だった。
着ぐるみを脱いでから、
ついさっき会った子供達と遭遇して
目が合った時、
どうしてアタシは目を伏せてしまったんだろう?

10月19日
イデホフのスタジオで録音。
欣ちゃんのドラムが入るかどうか?
それがまず課題だったけど、
欣ちゃんのドラムも、
河村さんのギターアンプも、
西やんのベースアンプも入り、
もちろん、ご本人達も楽器も入り、
マイクも入って、
アタシだけ、
HONZIの写真がいっぱい貼ってある上の階で、
4人で一緒に録音した。
3人が揃った時は、
たいへんなことになっちゃったなぁ…っと
内心ビクビクしたけど、
録音してる時は、
3人がアタシを引っ張ってくれてる感じで
まったく緊張しなかった。
ただ…
歌を上手く歌おうとすればするほど、
下手くそになってしまった。
うーむ…
今までの録音の時もそうだったけど、
みなさんの引き出しの多さには恐れ入る。
コーラスも入れたら?とか、
この楽器の音を入れみる?とか、
どんどんアイディアが出てくる。
今回も欣ちゃんと河村さんが、
フェロモンたっぷりの声を
重ねてくれた。

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

みっち。の日々

長野録音/10月5日、6日

るつこちゃんを熊谷駅でピックアップして
車で安曇野へ。
初めて訪問するお宅で録音するなんて
滅多にないことだ。
しかも、明治に建てられた大きなお蔵のスタジオだった。
「真っ赤なごちそう」と
「お犬様」の二曲を録音した。
るつこちゃん、熊ちゃん(熊坂義人くん)と
三人で一緒に演奏するのは初めて。
そして、いきなりの録音!
熊ちゃんのベース、かっこよかった!
その夜は、イデホフ達とるつこちゃんと
大町市にある熊坂家に泊まった。
ほうすけくんとボール遊びをしたり、
みんなで鍋を食べたり、
録音しに来たことを忘れそうになった。
翌朝は、9時から稲刈り作業のお手伝い。
初めてだったから、足手まといだったかもしれず…
しかし、予想よりかなり楽しかった!
そして、お昼ごはんは憧れのお店=Yショップニシでおやき!
(みんなはお蕎麦を食べていた。)
それにしても、こんなに早くYショップに来れるなんて!
しかも、ユッキィに「ライブしてね!」って
言って頂けるなんて!
長野に来てほんとによかった!

お誕生日/10月9日

生まれてから18993日目。
53歳かと思ったら、
52歳だった。
自分の歳なんて
もうどうでもよくなっているのかしら?
たまに若く見えると言われる。
でも、あんまりうれしくない。
シワもシミも確実に増加してるし、
目の下のクマや、
ほうれい線が気になる日もある。
いつまで女でいられるんだろう?
今日は河村さんの「よろこびの歌」を
何回も何回も聴いて
何回もメロディオンを吹いた。
毎回違う音で毎回いい感じで
演奏出来るのが理想。
メロディオンだけでなく、
ピアノでも歌でも踊りでも
その時にしか出来ないことが
出来るようになりたい。
布団に入った時、
もう会えない人達と
大切な人達の顔を思い出した。
なかなか会えないあの人のことも。

18993 からだにながれるうた/10月10日

ギターの人と
2人だけでライブすることはほとんどない。
河村さんとは、
舞子ちゃんや大地くんも一緒に
「熱い奴ら」をしているし、
つい先日、一緒に録音もしたので、
ほっとする瞬間はあるものの、
緊張感がかなりあった。
特に、河村さんが歌う曲を
メロディオンでご一緒するのは
リハの時から緊張した。
その緊張感が本番の時、
良いかたちになったと思う。
アタシがピアノを弾きながら歌うのを
ご一緒して頂く数曲は
ただ、ただ、楽しかった。
今日は、休憩前の1stステージは、
一人ずつ演奏した。
まず、アタシ。
来て頂いたみなさんに声を出して頂いて
その声の繰り返しの上にアタシが歌う。
「はだかになっていいの?」
「愛燦燦」
「はじまりのはじまり」
おもちゃのピアノを弾きながら、
「おとこのこってなんでできてる?」
「月夜に咲いた音」
カリンバを鳴らしながら、機織り歌。
「和菓子屋の娘のうた」は
ギターを弾きながら歌った。
一人で演奏するのは、今だに怖いけど、
今日は「楽しい!」が勝った気がした。
そして、河村さんのソロ。
河村さんの声は、
パキーんと良く通る声で、
聴いている人の心にしっかりと届く。
久しぶりに一人だけで演奏しているのを観た。
河村さんの歌は潔くて
ぐずぐずしてる気持ちを良いへ引っ張ってくれる。
河村さんに早くCDを作って頂きたい!
追記
忙しい中、母がお赤飯を一升半も炊いてきてくれた。
休憩時間にご来場頂いたみなさんに食べて頂いた。

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

みっち。の日々

9月25日@下北沢無寸草とづづ
HONZIのために/

HONZIに初めて会ったのは、
三代目魚武が出演した赤坂BLITZのイベントに
行った時だった。
終演後、ファミレスでお茶した。
魚武さんとHONZIと弟と
今福さんとHちゃんもいたと思う。
アタシは弟や今福さん達と、
スターパインズカフェや青山マンダラで
頻繁にライブしてた頃。
HONZIは「ONE」をリリースした頃?
フィッシュマンズでバリバリ演奏してた頃?
彼女とアタシは同席してたけど、
大した話はしなかった。
ただ、彼女が
コージーコーナーのシュークリームが
めちゃうまいって言ってたのと、
マドンナのワールドツアーに参加したいって
言ってたのをよく覚えている。
あの時のことをたまに思い出す。

HONZI LOVE CONNECTIONは、
彼女のお誕生日の2月15日にやるようになったので、
いつからか、彼女の命日(9月27日)に
彼女のホームグランドだった下北沢で
Alanと小さなイベントをやることにした。
今回は9月25日。
Alanのバンドのカツラマズルカと一緒にやった。
彼女の楽曲も彼女に聞いてほしい曲も演奏した。
アタシは歌ったり、踊ったりした。
HONZI LOVE CONNECTIONもそうだけど、
開催する度にいろんな方と出会う。
出演して頂く方ばかりじゃなくて、
彼女の音楽が好きだった方々にも。
今日はHONZIのことが好きな小さなお客さん(みどりちゃんという7歳の女の子)
も来てくれた。
今年の2月、大阪でイベントをやった時もそうだった。
HONZIはここにはいない。
でも、いつもそばにいるみたいだ。

「ガティーラ・ガータ」と
「DE LA SIESTA」は
自分のライブでも良く歌う。
「海老痛」と「雨に洗われた丸い月」は
Alanと一緒のライブの時。
今日も歌った。
HONZIの曲は歌いたい歌が多い。
Alanと「SKISS」を演奏すると、
HONZIと演奏してるような気がする。

今日のライブも良い時間だった。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »