« みっち。の日々 | トップページ | みっち。ねーねーのはじめてぃーやさい! »

2016年4月23日 (土)

「はじまりのはじまり」の収録曲についての解説

「はじまりのはじまり」の収録曲について自ら解説させて頂きます。

みっち。

「はじまりのはじまり」
詩 UPUKO 曲 みっち。
詩を書いたUPUKOちゃん親子、奄美大島の友達、スティーヴさん、自分の家族、たまたまidehofのスタジオにいたサックス奏者のバッキーやharukoちゃんにも「一たす一は一の始まり」を歌ってもらった。そのあたたかい声の中でアタシが歌っている。

「物語を聞かせて!」
詩・曲 みっち。
みっち。(うた、ピアノ)
熊坂路得子(アコーディオン)
磯部舞子(ヴァイオリン)
伊藤大地(ドラム)
坂本弘道(チェロ)
坂本さんは録音の時、チェロを演奏するというより、金具やシンバルを弦に挟んで弾いたり、横向きにして弦を擦るように弾いたりして、歌の中の主人公の様子を体現するような演奏をしてくれました。

「マンマ」
詩・曲 ハシケン
みっち。(うた、ピアノ)
河村博司(ギター、コーラス)
西村直樹(ベース)
茂木欣一(ドラム、コーラス)
河村さん、西やん、欣ちゃんは初顔合わせで演奏。アタシは三人に誘われるようにピアノを弾きながら歌った。河村さんと欣ちゃんのコーラスはフェロモン出まくりです。

「晴れ男のマーチ」
曲 みっち。
みっち。(鍵盤ハーモニカ)
熊坂路得子(アコーディオン)
磯部舞子(ヴァイオリン、おもちゃ)
伊藤大地(ドラム、口笛)
大地くん、スティーヴエトウさん達とパフォーマンスをした時に作った曲。
録音では舞子ちゃんがたくさんのおもちゃを鳴らしてくれました。路得子ちゃんのアコーディオン、大地くんの口笛が軽やかで気持ちいい。

「和菓子屋の娘のうた」
詩・曲 みっち。
みっち。(うた、ギター)
ロケット・マツ(鍵盤ハーモニカ、コーラス)
石川浩司(パーカッション、おもちゃ、コーラス)
Alan Patton(鍵盤ハーモニカ、ノコギリ、コーラス) 
ハシケン(コーラス)
haruko(コーラス)
イシマツ(ロケット・マツ+石川浩司のユニット)にAlanが加わった楽しい編成で歌っています。弟のハシケンもコーラスで参加。

「じゃれあい」
詩・曲 honzi
みっち。(うた、ピアノ)
伊藤大地(ドラム)
坂本弘道(チェロ)
HONZIの未発表曲。彼女が亡くなった直後に初めて聴いた時から好きだった曲だけど、自分が歌うとは思わなかった。

「真っ赤なごちそう」
詩・曲 みっち。
みっち。(うた、ピアノ、タンバリン、鈴)
熊坂路得子(アコーディオン)
熊坂義人(コントラバス)
太田惠資(ヴァイオリン、声)
スティーヴ エトウ(パーカッション)
義人くんの奥底から叫ぶようなコントラバスの演奏にドキドキする。路得子ちゃんと太田さんの演奏が熱い!熱い!エンジニアのidehofの魔法で5人で一緒にライブしているところを録音したみたいな音に仕上がっている。いつか5人でライブしたい!

「よるのおさんぽ」
詩・曲 みっち。
みっち。(うた、ギター)
ロケット・マツ(ピアノ、コーラス)
石川浩司(パーカッション、コーラス)
Alan Patton(ノコギリ、コーラス)
haruko(コーラス)
高崎のカフェでソロライブをした時のタイトルが「よるのおさんぽ」で、その時に生まれた曲。マツさんのピアノ演奏と石川さんの太鼓の音が美しい。Alanのノコギリの音が曲の世界をさらに広げている。

「お犬様」
詩・曲 みっち。
みっち。(うた、ピアノ)
熊坂路得子(アコーディオン)
熊坂義人(コントラバス)
太田惠資(ヴァイオリン、声)
スティーヴ エトウ(鈴)
輿石バッキー智弘(サックス)
秩父の狼信仰について話した後に出来てしまった不思議な曲。路得子ちゃん、義人くんと三人で安曇野で録音したものに太田さん、スティーヴさん、バッキーに音を重ねて頂いた。スティーヴさんの鈴の音が幻想的。耳で聴く物語みたいな曲になったと思います。

「あの娘と部屋とギターと」
曲 河村博司
みっち。(鍵盤ハーモニカ)
河村博司(ギター、ベース)
磯部舞子(ヴァイオリン)
伊藤大地(ドラム、口笛)
河村さんの楽曲。この曲を演奏する度に今はもう閉店してしまった三重県亀山市にあった「月の庭」でHONZIも一緒に演奏したことを思い出します。熱い奴ら(河村博司×磯部舞子×伊藤大地×みっち。)の編成で秩父で録音しました。

※「はじまりのはじまり」は
ライブ会場とこちらでも購入出来ます。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。ねーねーのはじめてぃーやさい! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。