« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月23日 (木)

みっち。の日々

気持ちに余裕が出来ると
あーだのこーだのと
余計なことばかり考える。
何になりたいんだろう?
とか、
何をしたいんだろう?
とか…
奄美のラジオに出演した時、
みっち。さんの肩書きをどう紹介したらいいですか?
と訊かれた。
その時は、
「うぅぅん…パフォーマーでお願いします。」
と濁してしまったけど、
アタシは
「みっち。」が肩書きだと思っている。
正直に言えばよかった。

年齢を重ねると
説教くさい言い回しになる。
そういうの気をつけたい。
経験を積んだことで、
こういう場合はこうなるみたいに
想像出来てしまうことも
気をつけようと思っている。
慣れは厳禁。
でも、
いつまでたっても
いちいち緊張するのもどうかと思う。
そう…アタシったら、
ヨーガをやったり教えたりしてるくせに
悟りたくないと思っている。
悟ってしまったら
終わりだと思っている。

9月のライブ、
自分にしては大きいハコだから、
日程を決めたくせにビビって
やっぱり止めようかな?と思って…
でも、気持ちが落ち着いたら、
そのハコで今までやったことや、
今、やってみたいことが出てきて、
アタシは今までどちらかというと
この場所は誰とご一緒したら面白いか?とか、
このメンバーならお客さん集まるかな?
みたいなことばかり考えてきたので、
それよりも、これからは
今、自分が一番やりたい事を
一緒にやりたい人と
素直にやってみる方がいい、
いや、いいというか、
そうでなかったらダメだ…
絶対にダメだ…ダメだ…と
買い物に行く途中、
歩きながらぶつぶつ自問自答した。
そんなアタシを誰かが見てたかも?
見られたとしても
見ていたのは、
自分の知り合いじゃないことを祈る。

佐村河内氏を題材にした映画。
いろいろ考えさせられた。
マスコミということについても
信頼関係についても
夫婦という共同体についても。
監督の森達也氏も何かの記事で
コメントしていたけど、
確かに、佐村河内さん本人が魅力的というか、
気になってしまう人物だと思った。
真意の程は自分て判断するしかない。
彼の奥様の様子が映っていた。
ほとんどの場面、彼に寄り添っていた。
アタシもあんな風に
人を信じ続けられるんだろうか?
アタシもあんな風に
人を守れるんだろうか?
佐村河内家の猫さんも
大切な人達を信じているみたいだった。
最後のシーン、
彼が自宅で創った音楽を
奥様も猫さんも森達也氏もアタシも
一生懸命聴いた。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

みっち。の日々

6月2日〜6月6日

キチムのライブの興奮が
からだに残っている。
そのせいか?どうなのか?
朝から何も口に出来ない。
ものすごく体調が悪い。
奄美に行けるのか?
その前に成田まで行けるのか?

母親を心配させたまま
成田に向かった。
バニラエアーで、奄美へ。
河村さん、路得子ちゃんと一緒だということが、
とてもよかった。
吐き気もない。
食べたいと感じる。
からだは大丈夫そう。

奄美空港から新聞社二社に直行。
途中のエビリワンで大きなおむすびを買って、
それをかじりながら向かった。
新聞社は弟も同行してくれた。
16時からスタジオでリハーサル。
18時過ぎから19時までラジオ出演。
ラジオには路得子ちゃんも出演した。
またスタジオに戻って
リハーサル。
その後、ススムーチョで夕ごはん。
美味しかった。
美味しいと感じることがうれしかった。

ライブ当日
島の友達とランチに行く。
15時半にアシビ入り
かなりゆっくりリハーサル。
20時10分から小編成のセット。
まず、「月夜に咲いた音」を
路得子ちゃんと二人で、
次に路得子ちゃんの曲「麗しのミュゼット」で踊った。
「風のうた」は弟と路得子ちゃんと3人で。
「薔薇色の写真」は、キチムの時と同じく
河村さんと二人で。

サーモン&ガーリックの様子を
楽屋のテレビで観る。
あのジトーっとした掛け合いは、
あの二人でないと出来ない。
サーモンは怒り口調、
ガーリックはトボけ口調。

弟達のトリオ、
途中から河村さんも加わって
強靭な音圧だった。
弟と一緒に演奏してる時の大地くんのドラムは、
格別だ。
ステージの様子はほとんど観られなかったけど、
ガチャピンさんの嬉しそうな顔が想像出来た。
もうアタシの音楽をやらなくていいと
思うくらい圧倒的だった。

アタシのセットは、
河村さん、路得子ちゃん、大地くんの
3人と一緒が基本で、
ガチャピンさんも多くの曲に参加して頂いて
島の友達にステージに上がってもらったり、
弟にも参加してもらったり、
賑やかに楽しくなったと思う。
路得子ちゃんの熱い演奏を島のみなさんは
どう感じたのだろうか?
終演は23時半になってしまったが、
もっとライブしてもよかった。

5日
昼間、市場のスタジオに呼ばれて
大地くんと出演。
その後、
友達に車を借りて龍郷町に行った。
島の友達も知らない場所を目指した。
途中、二回、地元の方に道を聞いて、
どんどん奥へ、どんどん上に進む。
一人で道を進むのは怖くて楽しかった。
辿り着いたところから観た景色を一生忘れない。
とても美しくてとにかく気持ちがよかった。
ほんとうは一緒に観たかった人に
写真を撮ってメールした。
夜、河村さん、ガチャピンさん、弟、
島の友達とクラウに行く。
美味しくて楽しくて
ずっとここに居たいと思った。

6日
アーマイナーの事務所に挨拶に行って、
空港を目指す。
途中、島とうふ屋さんでお昼ごはん。
その後、ビック2でお土産。
ギリギリに空港に着いて、
ギリギリに弟とガチャピンさんに会えた。
成田に着いてもまだ島にいるような気がして
魂だけあっちに置いてきたのかも?
と真剣に思った。
アタシの中身はいつここに戻る?

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

みっち。のライブ!2016年7月

浦和のBARでライブ!
「みっち。と路得子のハットトリックライブ!」
<日時>
7月26日(火)open 18:30 start 19:30
<料金>
2500円(1ドリンク付き)
<出演>
みっち。(うた、踊り、ギター、鍵盤ハーモニカ)
熊坂路得子(アコーディオン)
<会場>
浦和 フスバル
※当日、美味しいパン屋さん、ツキモバザールが出店予定

☆こちらでもメールでのご予約を受け付けています。
お名前と人数、連絡先を入れて
mitch_geek@yahoo.co.jp
まで送信下さい。


| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

みっち。の日々

5月25日
リリース記念ライブのリハーサル
第1日目
河村さん、舞子ちゃん、るっちゃん、大地くんと。
みんなで会うのは久しぶりなので、
うっかり話しに夢中になる。
そのわりには11曲もリハ出来た。
河村さんと舞子ちゃんは、
沖縄から帰宅しないまま、
直接スタジオに来て頂いた。
有難かった。

5月30日
リリース記念ライブのリハーサル、
第2日目。
石川さんは体調不良で欠席。
熊ちゃんは長野から直接スタジオに来てくれた。
朝、6時に出発したらしい。
石川さんがいないのは寂しかったけど、
みんなで演奏するとそれを忘れた。
大地くんが「和菓子屋の娘のうた」を撮影してくれた。
帰宅してから、
翌日の準備を急ピッチで!
忘れ物がないか何回も確認した。
お釣銭とかアクセサリーとか。
深夜、
とにかく寝ようと思って、
横になるけど、いろいろなことを考えて
眠れない。
急に衣装を着てみたくなって
3時過ぎに鏡の前に立った。

5月31日
開場してからも落ち着きなく
会場内をうろちょろしてしまい
かっこ悪い主役だった。
出演して頂いたみなさん、
PAをやって頂いたイデホフ、
お手伝いして頂いたハルコちゃん、
エレピを貸して頂いた長崎さん、
撮影して頂いた和久井さん、
キチムの奈々さん、
キチムのスタッフのみなさん、
打ち上げのごはんを作って頂いた直美ちゃん、
みなさんに支えられて、
とても楽しいリリース記念ライブになった。
東京で開催は無理だと思っていたのに…
やってよかった!
ご来場頂いたみなさんに最大級の感謝!!!!!
楽しかった!

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »