« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2016年7月 8日 (金)

みっち。の日々

6月29日
夕方、S新聞の取材を受けた。
25日のライブのことや、
アルバムのことを中心に質問された。
どうして音楽をやるようになったんですか?
ライブで大切にしていることは?
曲はどいいう流れで完成しますか?
即興のパフォーマンスはどんなふうに作られるのですか?
いろいろ訊かれた。
訊かれてみて初めて気付くことも多かった。
アタシはライブをやりたくて始めたわけではなく、
男と別れて体が動かないくらいボロボロになって
そんな時に弟に「ピアニカ吹いてみない?」と誘われて始めた。
それからもう20年以上経ってしまった。
そのことも記者の方に話したけど、
きっと記事にはしてくれないだろう。

6月30日
渋谷でペドロ・コスタの映画を観た。
ドキュメンタリー映画だが、
物語性が強い。
主人公の男が、実際の年齢の姿のまま、
若い頃に戻ったりする。
途中で流れる音楽がとてもかっこよかった。
その音楽に全てが集約されていた。
映画の帰り道、
ジャマイカ料理のお店を発見して入った。
ジャークチキンと
ココナッツミルク風味のライスを食べる。
お肉食べちゃった。
肉。肉。肉。
そして、久しぶりにドレッドヘアの黒人男性に遭う。
しかし、彼はジャマイカンではないと診断した。
どうしてそう思ったかわからないが、
彼から出てる何かでそう思った。
渋谷から下北沢へ。
ラカーニャに立ち寄ってから440。
下北沢のざわざわ感は好き。
省念さんの音楽は切なさもあって
素敵だった。声も素敵。
生で聴けてよかった。

7月1日
インターネットのお店は、
簡単に登録出来たけど、
最近、続けざまに計算間違いしてたから、
超慎重になってしまい、
何十回も確認してしまった。
わ、わ、わ、どうしよう?
でも、オープンしなきゃで、
それ〜!ってポチったら
お店は何事もなくオープンした。
初日から一枚売れた。
とってもうれしかった!
はじまりのはじまり!

7月4日
運命です。なんて
大袈裟な言い方はしない。
しかし、どうにもならないことはある。
逃れようと思っても
逃れられないことはある。
会いたくても会えない人もいれば、
会いたくなくても会ってしまう人。
いや、何事も肯定的に考えるべきだ。
もう会えないかもしれないと諦めても
会ってしまう人。
人だけじゃなくて、
物事でもそういうことがある。
その中に自分がいて
こうしたい、ああしたいと
常日頃、考えてる。
上手くいきますように…
失敗しませんように…
と考えてるうちはまだまだで、
例え、どうにもならなかったとしても、
アタシはこっちに行くと
決めた瞬間から扉は開く。
そう信じている。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。