« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2016年9月14日 (水)

みっち。の日々

私のなかの彼女/
タイトルに惹かれて買った。
主人公の女性は、
自分の生きてきた時代と
ほぼ同じだったこともあって、
ぐいぐい引き込まれてしまう。
寝る間も惜しんで読んでいる。
自分を懐かしむように。
自分をなだめるように。
自分を奮い立たせるように。
誰かと付き合う時、
その人に影響される。
影響されたいから、
その人と付き合うとも言える。
誰かと暮らす時、
影響されるというより、
共存するために自分をセーブしていく。
対等ではないのだ。
対等でいるとぶつかってしまう。
どちらかの比重が大きくて
どちらかの比重が小さくないと
上手くやっていけなかった。
本を読みながら、
余計なことをたくさん思い出してしまった。

遭遇する/
電話とかメールとか、
いらないんじゃないかと時々思う。
今日もKさんと違うお店で会った。
前回はアタシがランチを食べようとした時で、
今回はKさんがランチを食べようとした時。
約束したみたいに時間ぴったり。
彼女とはあまりお話ししたことがなかったけど、
仲良しになった。
そして、その帰り道にSくんに会う。
Kさんに会うとSくんに会うのだ。
しかも、今日は一度通り過ぎたカフェに
どうしても立ち寄りたくなって
引き返してお店に入った。
コーヒーを飲みながら「私のなかの彼女」を読みたかったのだ。
飲み始めたら、聴き覚えのある声がする。
誰かなぁ…?と思っていたら、
「あれ〜?みっち。じゃん?」とSくんが現れた。
まあ、田舎だからバッタリ会うのは
それほど不思議じゃないけど、
とにかくタイミングが良すぎる。

年齢/
52年も生きてる。
それなりに経験があるが、社会性がない。
あの日は、あのまま、本は読まずに
Sくんとコーヒー飲みながら
いろいろ話しをした。
Sくんはアタシよりも22歳も若い。
奥さんもお子さんもいて、
新しいことにどんどんチャレンジしている。
彼を尊敬している。
今日、舞子ちゃんとるっちゃんと
三人で9・27のリハーサルをした。
自分で作った音源を送っておいたけれど、
コードが間違っていたり、
きちんと伝えられてなかったりで、
とても面倒をかけてしまった。
「ワルツ」も「月のうさぎ」も
自分の曲なのに
彼女達に磨き上げられて
とてもいい感じに進化した。
うれしかったし、有り難かったけど、
自分の実力にがっかりした。
舞子ちゃんもるっちゃんも
ずいぶん年下だけど、ほんとうに凄い。

ピアノさん/
アタシのピアノさんとは
40年以上のお付き合いがある。
最近、やっと仲良くなってきた気がする。
行くぜー!って弾くと
行くよー!って鳴ってくれるし、
そおっと、いくつかの鍵盤をなでると
ふわっと、輝く音を響かせる。
ピアノさんは、
うちにやって来た時、
クレーンで引き上げられて
うちの中に入ったらしい。
その時、
アタシは学校でお勉強してたから
見られなかった。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。