« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月15日 (土)

みっち。の日々

「聖なる呼吸」
期待し過ぎていたのか、
アタシの気付きが足りなかったのか、
あまりピンとこない内容だった。
印象に残ったのは、
アイアンガーさんの眉毛と力強い声。
そして、yogaのシークエンスは、
かつては戦う男達の訓練のためだったということ。
そして、
映画を観に来た方の服装が
同じ感じだったということ。

「お座敷は断らない」
だいたいの場合、
自分は誘う立場である。
だから、誰かからお誘いされた場合、
よっぽどでない限り、アタシは断らない。
そのせいで失敗したこともあるが、
スケジュールが空いていたら、
アタシは断らない。
お座敷は断らない。

「長瀞おんど」
自分が歌っている部分は、
2番と4番だけど、
全部歌ってほしいと言われたので、
明日の今日なのに、
全ての歌詞を必死で覚えている。
だいたい大丈夫そう。
覚えたと思う。
はるちゃんと斉藤さんも一緒だから、
間違ってもなんとかなるだろう。
きないね、きないねを
元気よく歌えばどうにかなるだろう。
それにしても、
長瀞の中のどこでやるイベントなんだろう。
きちんと教えて頂かなかったなら、
宣伝出来ない。
歌う時間は、11時過ぎって言ってたかなぁ…

「お誕生日」
何歳になった頃からか、
お誕生日の前日が怖くなくなった。
怖いのは外見と中身のギャップだ。
シワとシミは増えていく一方なのに、
中身は18歳くらい。

「みっち。の切な楽しい誕生日」
予想以上にお客さんが集まった。
当日に増えたのがうれしかった。
さよならカンパニーの演奏中、
好き勝手させて頂いた。
踊ったり、コーラスしたり、リズム創ったり、
楽しかった!!!
自分のソロ演奏は、
カリンバや、おもちゃピアノを鳴らしながら、
歌ったり、
ギターで歌った時は、
さよならカンパニーの2人に入って頂いたり…
アンコールを頂いたのに、
肝心なところで声が出なくなったのは、
柿原番頭さんに歌うな!と言われたのか、
自分の発声の鍛錬が足りなかったのか、
良く言えば、まだ伸び代があるってことなんだけど…
アタシの声が出なくなった時の
お客さんの懸命な手拍子の音が耳に残っている。
(手拍子がガンバレ〜!って言ってた)
それから、「こんな子供みたいなまんま年食っちゃっていいんですかね〜?」
とMCで言った時、
いつもライブに来て頂く静かな女性が、
「みっちちゃんはかわいいからだいじょぶ!」と、
しっかり発言したその声がまだ耳に残っている。
地元はほんとうにあたたかい。

「HONZI LOVE CONNECTION」
次に開催出来たら9回目。
とりあえず、会場の日程を2日、
仮で空けておいて頂いた。
みんな忙しいからなかなか連絡取れないし、
まだ秋になったばかりなのに、
みんな真冬、人によっては初夏まで、
スケジュールが埋まっていることに驚く。
…開催出来ますように!

| | コメント (0)

2016年10月 7日 (金)

みっち。の日々

9月23日
7時少し前に大阪に到着。
8時間以上バスに乗っていたはずだけど、
真っ暗な中でメールしたり、
メールを確認したり、
トイレ休憩の時に電話したりしたので、
気付いたら着いていた感じ。
とにかく、弟が無事でよかった。
ほっとしたいと思い、スマホでお風呂を探す。
午後、弟と話す。元気でよかった。
17時にholo holoに着くと
マルタニさんがもうサウンドチェックをしてた。
お店の南條さんと山本さんが笑顔で迎えてくれた。
また、ほっとして、歌える!と思えた。
今日、一番うれしかったのは、
「よるのおさんぽ」を
田島さん、マルタニさんと一緒に演奏出来たこと。
HONZIも一緒に演奏してたような気がしたのだ。
ライブはとってもあたたかい時間になった。
大阪でHONZI LOVE CONNECTIONを
やった時に来て頂いた方々や、
holo holoを教えてくれたカナコちゃんにも
会えてうれしかった。
新しく出会った方もいた。
ライブも終演後も楽しかった。

9月24日
アタシの大阪のイメージは、
西成と通天閣と動物園なので、
名古屋行きのバスに乗った
新都心みたいな無機質な場所は、
大阪のような気がしなかった。
17時少し過ぎにモノコトに着く。
こころさんには久しぶりに会ったのに、
昨日、会ったばかりみたいな気がした。
らいおんちゃんも
わざわざ浜松から駆け付けてくれた。
ソロのライブはあまりやっていない。
今日を入れて5回。
そのうちの2回がモノコトだ。
一部はおもちゃのピアノやカリンバを使って、
短い歌を歌ったりした。
西条八十の「チョコレートの唄」に
勝手に曲をつけた歌も
おもちゃのピアノを弾きながら歌った。
二部はこころさんの幻燈とセッション。
アタシは足踏みオルガンを演奏したり、
ピアニカを吹いたり、
声を使ったり、踊ったり、
生まれたての歌「波の音」を
カリンバを鳴らしながら歌ったりした。
終演後、ライブを初めて観て頂いた方に
恥ずかしくなるほど、褒められた。
うれしかったけど、こそばゆい。

9月25日
名古屋のホテルをチェックアウトする時、
ありがとうーと言おうと思ったら
まったく声が出なかった。
ハチミツ飴を舐めたり、
お茶を買ってうがいしたけど、改善しない。
ふつうはさー
ワンマンライブに向けてー
声を整えるだろうがー!!!
と、自分を叱ってもどうにもならない。
帰宅してから、
喉に効くと書いてあった
プロポリス入りのスプレーを使ったり、
何回もうがいを繰り返したけど、
どうにもならなかった。
早く寝る。

9月26日
全員揃ってのリハーサル。
昨日より声は出たけど、
中音から高い音に裏声で切り替わる
自分の持ち味はまったく出せず…
みなさんに迷惑をかけながら、
リハーサルを早目に終了。
早く寝る。

9月27日
声は枯れたまま…
どのくらいお客さんに来て頂けるのか…
ピアノちゃんと弾けるのか…
不安だらけのまま、電車に乗って、
吉祥寺に向かった。
スターパインズカフェに入る前に
しっかりご飯を食べておこうと思い、
三鷹駅の中のスープ屋で、
ゆっくり時間をかけて食事した。
お店に入って、リハが始まると
不安は少しずつ解消した。
ご一緒して頂くメンバーの演奏が
とても素晴らしかったし、
イデホフのPAが丁寧だったからだ。
和久井さんの編集した映像の中の
アタシの顔はシミやシワで美しくなかったけど、
まさしく、アタシだった。
「もっと綺麗な肌に修正してよ!」と
罵声を飛ばしたけどアレでよかった。
映像を観ながら、
本番の動きをシュミレーションする。
本番は10分遅れで始まって、
休憩を入れて二部制にした。
いつもの声が出ないことで、
新しい自分を発見出来たのはよかった。
(低い声は思った以上に響いたから。)
しかし、これから歌っていく以上、
今日みたいな事態は絶対ダメ!ダメ!ダメ!
これから先もライブを続けていくのなら、
そのことを肝に命じて進べし!
それにしても、
スターパインズカフェの店長、スタッフの皆々様は優しかった。
ハチミツ湯まで…
ほんとうに有り難かった。
ご一緒して頂いた河村さん、舞子ちゃん、
西やん、るつこちゃん、バッキー、
そして、わざわざ奈良から来て頂いた田島さん、
みんな凄い演奏だった。
みんなの演奏のおかげでアタシは立っていられた。
喉の調子がよかったらもっと楽しめたはず…
アタシはほんとうにバカだ。

9月28日
朝、マクドナルドで昨日のことを反芻した。
次のステップに上がらなければと思った。
声は昨日よりは出ているが、
カサカサしている。
夜、ナタヨーガのレッスンを受ける。
カラダを動かす喜びを感じた。

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

みっち。の日々

9月15日
岡山 蔭凉寺
弟、ガチャピンさん、大地くんのトリオのツアーファイナルのオープニングアクト。
かなり緊張した。
奥の襖から
「一たす一は一の始まり…」と
歌いながら出て行った時、
アタシを観る全ての瞳がキラキラしてた。
それを観たら、さらに緊張してしまった。
「物語を聞かせて!」はカリンバを鳴らしながら歌って、
「よるのおさんぽ」はピアノを弾きながら、
「お犬様」と「和菓子屋の娘のうた」は
頼れるドラマーにご一緒して頂いた。
楽しかった!!!
弟達+ベチコの演奏は圧巻だった。
アタシはいつになったら
あんな風に堂々と演奏出来るようになれるのだろう?
終演後、HONZIのファンの方や、
ずいぶんご遠方から来ていた方や、
親子で来ていた方など、
たくさんの方とお話しして楽しかった。
ブエナビスタの坂本さんにも会えてうれしかった。

9月16日
祖師谷大蔵 カフェムリウイ
アキコちゃんと一緒に踊るのは楽しい。
今日、一番最初にアタシもアキコちゃんも
真っ赤っかな衣装を着けて
チガ地団駄の熱い演奏で踊った時、
うれしくてドキドキした。
アタシの「よるのおさんぽ」で
エアリアルしてくれた時も
うれしくてドキドキした。
アランと種ちゃんの演奏、素晴らしかった。
お二人の演奏で踊る時、
踊るというより、踊らされてる。
その感じが気持ちいい。
ムリウイの音が響きわたる感じも
とても気持ちいい。
残念だったのは、
お客さんが少なかったこと。

9月17日
青山に行く前に、国立近代美術館で
トーマス・ルフ展を鑑賞。
写真を撮ってただ見せるというより展覧会ではなく、
「写真」を、めいっぱい遊んでいて、それが面白かった。
技術は自分が「こうしたい!」と思う時、
自然に向上してしまうのかも。
アタシもやりたいことがあるうちは前に進めるような気がした。
ネガを作品にした写真と
インターネット上の写真を使って自分の写真にした作品が
好きだった。
萬鉄五郎の「裸体美人」にも逢えた!
夜、河村さんの生誕祭ライブ。
オランさん、リクオさんに久しぶりに会えてうれしかった。
寺岡さんとは初対面。
十代の頃、よく拝見していた方だったので、
恥ずかしかった。
アタシは「マンマ」と「薔薇色の写真」を河村さんと、
「あの娘と部屋とギターと」を
河村さん、ベチコと一緒に、
「よるのおさんぽ」は一人で演奏させて頂いた。
錚々たるメンバーの中で緊張したけど、
今日はその緊張感が良い演奏になった気がした。
最後にみんなでやったセッション、楽しかったなぁ…みんな素晴らしかった!
河村さんはたくさんの方々に愛されてる人。
これからも、さらにかっこ良くなって、
どんどん活躍して頂きたい。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »