« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

みっち。の日々

11月10日
日暮里から成田までが
予想以上に速かった。
「特急」なのに、
特急料金はナシだった。
とっても得した気分。
雪が降りそうなくらい寒いのに
ホテルのエントランスに
白人の半袖ダディがいた。
ホテルの近くのイオンモールで
一人寂しくうどんを食べる。
明日からしばらく半袖天国だ。
気温差10℃以上か…

11月11日
約束の時間よりも早く着いてしまい、
待ち合わせ場所で
ぼぉーっと待っていたら、
遠くからふらふら歩いてくる
石川さんを発見した。
午前中に会う石川さんは
いつも幽霊みたいだ。
アタシが真正面に立って、
石川さん!って
手を振っても気付かない時もある。
成田から奄美までは約3時間のフライト。
昨日の真冬の寒さから、
一気に夏に逆戻り。
18時20分から、
ディ!ウェイブ!の夕方フレンドに出演。
アタシ、石川さん、デイジー、
さとみちゃん、薫さん。
そして、スティーヴさんも出演した。
陽子ちゃんの、のどかな喋り方がいい。
そのペースに乗せられて
うっかりペラペラ話してしまった。
くびったけツアーの第一日目はススムーチョ。
お客さんは立ち見が出るくらい満杯。
最初、デイジーのショウ、
(デイジーのショウは非常にウケていた。)
次にサーモン&ガーリック、
(約束したとおり、白いランニング着用)
そして、さとみちゃん、薫さんの演奏、
(アタシと石川さんも二曲加わる。)
最後にアタシと石川さんが順繰りで、
三曲ずつメインで歌ったり、
演奏したりしていった。
アタシの曲にさとみちゃんや、
スティーヴさんにも参加して頂いた。
石川さんの「オンリーユー」を伴奏した時はかなり緊張した。
あとは「台風まつり」みたいですごく楽しかった!
弟にも会えた。

11月12日
アタシの運転で名瀬から古仁屋に向かう。
石川さんの男性的勘で、
宿泊する民宿をすぐに発見。
民宿の女将さんは、
とてもかわいいステキな方で
いっぺんで好きになってしまった。
女将さんが、お餅を作ったり、
コーヒーを入れてくれたりした。
親戚のお家に来たみたいだった。
ライブする「ばんめしや ぽっち」も
昔から知ってるような気がした。
古仁屋は二度目なのに
自分の故郷に帰ってきたみたいだった。
ライブは最高に楽しかった。
赤ちゃんから大人まで幅広い年齢層。
生音で出来たし、床張りだし、楽しめた。
ライブ中に面白いことがあった。
赤ちゃんと一緒に踊ったこと。
ライブの真っ最中、自分のオリジナル曲を
歌いたいと発言した人がいて、
歌ってもらったこと。
そのオリジナル曲は、
一緒に来ていた娘さんが赤ちゃんの時に
子守唄で歌っていたらしい。
とても良い歌だった。

11月13日
古仁屋から加計呂麻島へ。
加計呂麻島の港は、
ハーフマラソンに参加した人達で溢れていた。
岡山にいる維摩ちゃんに
「奄美に行くなら加計呂麻の5マイルに行きなよー!」と
何回も言われてたけど、
行くだけでなくライブまでするなんて!
「5マイル」は夢の中みたいな場所だった。
デイジーと石川さんは、
虹色のハンモックに乗って揺れていた。
アタシはブランコで遊んだ。
ライブ前に子供達と遊んだ。
伊子茂ウクレレーズの演奏も夢みたいだった。
ライブしたホールの
音の響きが柔らかかった。
アタシ達がライブした時は、
子供達がはしゃいでぐるぐる回ってたりして
やり難い瞬間もあったけど、
その中で何を歌うか、演るかを
試されているような気がした。
マイクを使って強制的に聴かせるやり方は
アタシは好きではない。
聴いてもらえる環境は、
自分が創り出さなくてはならない。

11月14日
朝起きた時、無性に歌いたくなった。
その感じを言葉にするのは難しいけど、
歌いたいというより、
歌わなきゃいけない。に近い。
でも、その時に歌わなくては
いけないものが降りてこなかった。
とても広いお部屋だったので、
海を見ながらナタヨーガの一流れを楽しんだ。
成田から熟睡出来てないけど、
からだはリラックスしてると感じた。
午後、加計呂麻島から古仁屋へ。
古仁屋からはアタシの運転で名瀬へ。
夜、島の友達三人と食事。

11月15日
奄美→成田のフライト時間は2時間で
行く時よりも短い。
成田でデイジーとバイバイして、
成田→東京まで石川さんとバスで行って、
東京駅構内でバイバイした。
石川さんとのツアーはとても楽しかった。
石川さんの普段を知らない人が
「ライブじゃない時ってどんな感じなんですか?」
と訊いてくるけど、
今回もアタシの話をたくさん聞いて頂いたし、
地図を見てすぐに目的地まで連れて行ってくれたし、
アタシの好きなパンも発見してくれたし、
とても頼れる男だった。
またご一緒して頂きたい。
また二人でライブしたい。

11月19日
また新しいライブの日程が決まった。
ライブをすればするほど、
ライブの数は増えていく。
有難いことだけど、
一つ一つのライブが
ただの一過性のものにならないように
丁寧にライブしたい。
それが今の自分のやりたいこと。

11月20日
HONZIのイベントの出演者の表記の確認。
情報公開日、
チケット予約と販売開始をいつからにするか?

11月24日
今朝早くから雪が降って、
うっすら積もった。
Aが亡くなった。
まだ50歳。
働いていたお店の研修旅行で
メキシコに行った時、
彼がボディガードをしてくれた。
アタシ達が帰国した後に
交通事故に遭ってしまった。
そして、車椅子生活になった。
不自由な体でも自分の仕事を持ったり、
活動的に過ごしていたらしいけど…
彼はメキシコ人の友達の弟。
メキシコ人の友達のファミリアには、
家族のように大切にしてもらった。
パパもママももうこっちの世界にはいない。
でも、あの抱きしめられた時の
暖かい感じがアタシの肌に残っている。
メキシコに行きたくなった。

11月25日
マナちゃんと阿里山カフェでランチ。
所沢でバイバイして、
アタシは新宿に移動して、
12月11日に使う紙を買ったり、
来年のスケジュール帳を買ったり…。
(スケジュール帳を選ぶのにかなり時間がかかってしまった。
なかなか好みのはないもんだなぁと思う。)
新宿から恵比寿に向かう途中、
新宿で立ち寄ったカフェに、
買ったものを忘れたと気付いて
焦って戻った。
そのまま、忘れ物が残っていてよかった。
しかし、グッドラックヘイワライブに遅刻。
卓ちゃんが楽しそうに演奏してて
こっちまで楽しくなった。

11月26日
加川良さんのライブに行った。
(場所はホンキートンク)
詩人からもらった
加川良 with TE-CHILIのアルバムは
今でもよく聴いている。
その中の「冬の星座」が好きだ。
ライブアルバムの音源は、
亡くなった藤井裕さんが、
ゴリ押しのベースを弾いていて
有山じゅんじさんがエレキギター、
ロジャーさんがドラムで
骨太な楽曲になっているけれど、
今夜の「冬の星座」は、
加川さんの柔らかいギター演奏と声で
また違う雰囲気で素敵だった。
ライブ中に
「冬の星座」を歌ってほしいなぁ…
絶対、歌ってほしいなぁ…
聴きたいなぁ…と
祈るように観客席で聴いていたら、
涙の跡を辿って行けば〜と
歌い始めたからビックリした。
生で聴けてうれしかった。
ライブが終わった後、
ファンのみなさんとのやり取りの中で、
加川さんが、
今、アタシが一番知りたかったことを
お話しされていて
涙が溢れそうになった。
でも、泣いてしまったら、
きっと、その場がおかしな雰囲気になるから、
必死でこらえた。

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

みっち。の日々

10月27日
ほとんど寝てなかったのもあるかも。
考えなくてもいいような
細かいことを考え過ぎてしまった。
独酔舎さんが送ってくれたギター演奏で
「小さい秋みつけた」を練習していたら
少しは前向きな心持ちになれた。
声を出すことは精神的に良いことなのかも。

10月30日
ひぐらしストアで
ペンギンとシロクマさん、足立さんと
秩父の森ジャンボリーの打ち合わせ。
ペンギンさんはゑ川さんで、
シロクマさんは独酔舎さん。
ご一緒して頂く「小さい秋みつけた」と
「オモチャのチャチャチャ」の
リハーサルもした。
お二人の演奏は素晴らしかった。
ひぐらしストアは、営業中だったので、
お客さんがいらっしゃる中、
リハーサルをした。
お客さんに向けて歌ったら喜んでもらえた。
一人の方がもうすぐお誕生日ということで、
ハッピーバースデートゥーユー♪の
リクエストがあり、
三人で演奏した。

10月31日、11月1日
母と車で旅行。
福島の親戚のお家に行った。
いわき市に行ったのは
熱い奴らのライブで行って以来だ。
あの時は大地くんの運転で行ったんだっけ。
あの日からさらに月日は経ったけど
まだ電車が走っていない区間があったり、
津波が押し寄せてきた海岸は
まだ大掛かりな工事をしていた。
海岸の近くに行ったのは初めてだった。
震災の前は静かで良い景色だったことが
想像出来た。
今回の旅行は、
「美味しいもの食べて楽しかったね!」
というのとは違うものだったけど、
会いたい人達に会えて
母とゆっくり出来た。
一泊二日だったけど、
大切な時間を過ごした。

11月3日
MAPLE BASEに到着した時には
もうすでにお客さんでいっぱいだった。
親子連れが多かった。
犬もいた。
ライブを始める時、
みなさん、集まって下さい〜!と
しばらく声をかけたけど、
原っぱにいたみなさんは、
その場で楽しみたい様子だったので、
アタシの方が演奏しながら、
お客さんに近付いていった。
今回のようなイベントの場合、
マイクを使って強制的に聴かせるやり方はNGで、
なんだぁ…歌ってるんだぁ…
くらいの方が良いと思っていた。
近くにツグミ工芸舎さんが持って来た木琴があって
それを子供達が鳴らしていて、
それに合わせてアタシ達が演奏したり、
アタシのピアニカに合わせて鳴らす人がいたり、
ライブとしてはまとまりがなかったとは思うけど、
フィールド全体として観ると
一つになっている感じはあった。
それがとても良かった。
一人の男の子が、アタシのピアニカを気に入って、
離さなかったので、
アタシはおもちゃのピアノを鳴らしながら、
「チョコレートの唄」を歌ってみた。
そうすると、彼はアタシの演奏に合わせて、
ピアニカを吹いた。
ちょっと音はハズレてたけど、
とても楽しかった。うれしかった。

11月4日
甥の誕生日プレゼントと
ライブに使う紙を探しに新宿へ。
誕生日プレゼントは探しに行ったお店にはなかったけど、
伊勢丹の子供服売り場に行ったら
あっさり見つかった。
しかし、値段を見間違えてしまい…
カード払いした。
そして、世界堂で紙を探したが、
またまた甥が喜びそうな文房具を見つけてしまい、
自分のものより、細かいもの達
和菓子のかたちをした消しゴム等…を購入。
予定では、四谷三丁目のホメリでコーヒーを頂いてから、
高円寺に向かうはずだったのに
いろいろ探していたら
時間が無くなってしまい、
シブシブと新宿から高円寺へ向かう。
彦六というお店は庚申通りをちょっと入った二階だった。
懐かしい雰囲気のお店。
「月ネコ」は女性らしくゆるりとした音楽。
時々、シャキッとしてそれも女性っぽい。
清水さんも、はたさんも
自分にはないものをたくさん持っていて
羨ましく拝見した。

11月6日
ラパンノアールさん、17周年だって!
送って頂いたハガキを持って行ったら
お菓子を頂いた。
今日は地粉ロールとネギ味噌フォカッチャと、
かぼちゃ餡入りのパンと、
たくさんレーズンが入っていて巻いてあって
たくさんゴマがまぶしてあるパンを買った。
あぁーー!し、あ、わ、せ。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

みっち。の日々

10月16日
今年は栗が不作なのか?!
スーパーマーケットで一度しか目撃していないし、
農協直売所でも一回しか買えなかった。
ない!と思うとますます食べたくなって、
まず、秩父の農協直売所でチェックしに行ってなかったので、
栗の産地の日高に行った。
しかし、見つからなかった。
何軒か探したけど…跡形もなかった。

10月17日
長瀞のサヴァンナに行く。
隠れ家的な名店。
イタリアンレストランだと思っていたけど、
本来はBARだと今日、理解した。
ビンボーな日には行けないが、
メニューがないのがいい。
その時に食べたいものを伝えると、
マスターが的確に美味しいものを
目の前に出してくれる。
ジュースもお茶も他のお店と違う。
野菜もお魚もフレッシュで
キラキラしてる。
また、すぐに帰りたいお店。

10月19日
I家で来年のパフォーマンスの打ち合わせ。
4人でやることになりそう。
Iさんとは顔見知り、
Sさんはお会いするのは2回目。
Yくんは初めてだと思ったら、
幼馴染の息子で、
何回か会ったことがあったみたい。
まず、I家に足を踏み入れた途端、
お茶の間の広さに驚愕した。
26畳と言ってたかな?
そのお茶の間のテーブルに
茹で栗が置いてあったことにも驚愕。
あんなに探してた栗が
いとも簡単に目の前にあったのだよ!!!
しかし、初顔合わせなので、
わー、びっくりした!わー、びっくりした!
と騒げなかった。
アタシは騒ぎたかったのだよ!!!
Sさんは振り付けもやっている方。
人を動かす方法を熟知された出来るオンナだった。
驚愕な広さのお茶の間でカラダを動かすことになり、
円を描くように動いたり、
二人組になって指示したり、指示されたりして動いたり、動かされたり、
テーブルを使って、
リズムを創りながら動いたり、
カラダでコミュニケーションした。
Iさんは普段よりもイキイキしてた。
Yくんの動きは面白かった。
アタシは鈍臭くて自分にイライラした。
やっぱりダンサーにはなれない。

10月21日
13時に吉祥寺で待ち合わせして
カレー屋さんに行った。
お会いしたのは2回目だったけど、
1回目はただ挨拶しただけだったし、
その後、いろんな情報
(人気があるバンドのメンバーとか…)
を入手してしまい、
かえって緊張してしまった。
目の前に座っている方の顔が
綺麗だったせいもあると思う。
自分が緊張していると
相手も緊張してしまうから
アタシのせいで
相手の方も緊張していたと思う。
アタシは緊張し過ぎて
二色インドカレーを
パクパク食べ過ぎてしまった。
イベントの打ち合わせなのに、
中学生の初デートみたいだった。
その後、ムリウイに行った。
ムリウイのお母さんは
退院したばかりだったけど、
元気そうだった。
たけしさんは壁のペンキ塗りをしていた。
お母さんやたけしさんとお話ししていたら、
コントラバスを抱えた人が
視界に入って来てびっくりした。
今日は水谷さんのライブの日だったのだ。
お会い出来てうれしかった。

10月26日
東京もーあしびー@抱瓶
梅津さんと久しぶりにご一緒した。
三年くらい前に奄美でご一緒して以来か?
梅津さんの叫ぶようなサックスの音を
同じステージで聴ける至福感。
路得子ちゃんが「君がいない」を
歌ってくれたのはうれしかったな…
今日も石川さんの臨機応変なステージングには
完敗で乾杯だった。
初顔合わせの4人のセッション、
最高だったと思う。
灰太郎の歌は大好きだけど怖い。
自分が忘れていたものを蘇らせるから。
それをステージの上で体現してしまうから。
アタシは、
マンマ、ヘイヘイブギー、
よるのおさんぽを歌って、
晴れ男のマーチも演奏した。
ベチコが遊びに来たので、
アンコールの真っ赤なごちそうに参加してもらった。
とてもとても楽しい夜だった。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »