« みっち。の日々 | トップページ | みっち。×タンバリン博士 DUO @カフェムリウイ »

2017年7月21日 (金)

みっち。の日々

7月3日
TEDDHA GARAGEで、
ラジオのセッション曲のリハ。
しんちゃん(ボーカル、ギター)と、
ボボさん(カホン)と
ゴーズオン(ギター)さんも来て、
アタシを入れて4人で演奏した。
PAは同級生のよしきくん。
店内の真ん中にマイクを置いたり、
機材を入れて演奏した。
今回の曲は、
自分には作れないタイプの曲なので、
歌えてうれしい。
その上、ピアニカは
自由度満開で演奏出来る。
収録日が非常に楽しみ!

7月7日
今日は友達のことを思い出す日。

7月8日
18時半過ぎに
パーラーコイズミに着く。
十代の頃、入ったことがあると思ってたけど、
思い違いだったみたいだ。
冷房が効き過ぎてたけど、
お店の雰囲気は好きだった。
Tくんに新しい曲作りの相談をした。
彼には何度か会ったことがあるが、
面と向かってお話しするのは初めてだった。
自分がやってみたいことと、
彼がやりたいことが
うまく結びついて展開出来たらいいなぁ…
その後、ラコシーナへ。
ビルの下でRちゃんに会ったので、
一緒にお店に入った。
ラコシーナも初めて。
ステージ上のライティングが凄い。
しんちゃんに呼ばれて
ラジオでセッションする一曲に参加した。
アタシの声は外に出てなかったかも。
でも、なんだか楽しかった。
秩父にいるような気がしなかった。

7月9日
TEDDHA GARAGEで収録。
中に入ると
しんちゃん達の親衛隊が集まっていた。
サウンドチェックを兼ねて
セッション曲を演奏していたら、
ホンキートンクのマスターが来たので、
ヴァイオリンで参加して頂いた。
セッション曲の「賛成の反対」の他にも
何曲かみんなで演奏した。
今回の収録は、
みんなでわいわい楽しかった。

7月11日
急に思い立って
丸木美術館に行った。
正直なところ、
原爆の図を観るのは怖かった。
しかし、目の前にしてみると
とてもとても美しい屏風絵だった。
確かに、
恐ろしい瞬間をとらえて描かれていた。
しかし、お二人の技術力の高さと美意識が、
恐ろしさを超えているんだと思った。
真実を伝えることは大切だが、
観てもらえなかったら意味がない。
伝えるために描いたのだから。
丸木美術館の敷地内にある建物は、
出入りが自由だった。
眼下には川が流れていて、
緑が眩しかった。
ご夫妻が大切にしていたものが、
そのまま残っているんだろう。

7月12日
フジロックに行った時、
松永さんにうるせーっ!って
怒鳴られたことを思い出した。
演奏が終わった後、
さっきは怒鳴ってごめんねって
言われたことも思い出した。

7月15日
RIKKIのライブで下北沢へ。
錚々たるメンバーでの編成で、
RIKKIの素晴らしい歌。
HiROくんの美しい舞。
アタシと5歳のともきくんの踊りは、
良い意味で
その息抜きみたいな感じだったと思う。
ともきくんが出ていくと、
お客さんがわぁ〜っと喜んだ。
RIKKIという人は不思議な人で、
彼女と一緒にいると、
重要なつながりを次々と引き寄せる。
今日は、ホールに入った途端、
思いがけない方に再会し、
終演後、何気なくHONZIの話をしたら、
ライブをプロデュースされた方が、
HONZIのことを良く知っている方だった。
HONZIはたくさんの方に愛されていたんだなぁと思った。

7月16日
朝、吐き気がして
吐けば治ると思っていたが、
なかなか吐けなかった。
結局、大谷さんご夫妻、石川さんよりも
お店に到着するのが遅くなってしまったが、
17時ちょっと過ぎには到着出来て
ライブも無事終えることが出来た。
丸一日、
何も食べずにライブ出来ることは、
体験出来たけれど、
みなさんにも母にも迷惑をかけてしまった。
もうすぐ17日になる。
ライブの後、食べられたし、
胃の調子も大丈夫そう。
今日も楽しいライブになってよかった。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。×タンバリン博士 DUO @カフェムリウイ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。