« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月14日 (月)

みっち。の日々

8月4日
Y町役場に行った。
先月のライブ終演後、
良いお話しをして頂いたけど、
正直なところ、話半分に聞いていた。
(それは、良い話が良い話ではなかったことがある
自分の経験が原因だと思う。)
しかし、役場に伺って、
Tさんとお話ししたり、
職員の方数名をご紹介頂いて、
ライブをする具体的な場所を何ヶ所も
提示して頂くと、
自分のグレーな心持ちが恥ずかしかった。
やる気は見えないが、態度に映る。
今日、お話ししたみなさん、
お一人お一人の熱を感じた。
タイミングがバッチリ合う時に
楽しいイベントをやりたいと強く願う。

8月5日
8月27日に使うウィッグを
新宿のオカダヤに探しに行く。
バッチリなものが見つかったけど、
残念ながら在庫切れ。
その後、祖師ヶ谷大蔵のムリウイへ。
卵サンドとホットチャイを頂きながら、
ムリウイのお母さんと楽しい時間を過ごす。
お母さんと知り合えて良かった。
年を重ねることが怖くなくなった。
嫌なことがあっても
お母さんと話してると元気になれる。
祖師ヶ谷大蔵から乃木坂へ。
ジャコメッティ展を鑑賞。
対象物の本当の姿を必死で観ようとしていた
ジャコメッティさん。
「歩く人」大好きだ。
ジャコメッティさんか創った彫刻のまわりに
見えない風景を感じた。
乃木坂から南千住へ。
「言問通り」の文字を見つけると
懐かしい気持ちになった。
織家さんの家があった場所に近いはず…
時々、彼女の声が聞こえてくる。
今日も聞こえたような気がした。
山谷には初めて行った。
夏祭りの会場の公園の入り口に
おじさん達がたむろしてて、
その雰囲気がジャマイカみたいだった。
公園からスカイツリーが見えた。
屋台で買ったパイナップル酒(50円)を
呑みながら中川五郎さんの演奏を楽しんだ。
ステージ前で、
アクロバティックに踊るおじさんがいた。
凄かった。
真似したいと思った。

8月6日
雨が降らなくてよかった。
夕方からミュージックパークの野外音楽堂に行った。
HIP'Sの親衛隊のみなさんの仲間に入れて頂いて
ピクニックみたいなお祭りみたいな楽しい時間を過ごした。
ラジオの収録の時に会ったみなさん、
弟とバンドをやっていた人、
tea Romaのライブに来て頂いた人のダンナさん…
たくさん声をかけてもらった。
美しい月が見えた時、
完治郎さんがソロで歌っていて
とてもステキだった。

8月8日
「みっち。のLive JAM」の第3回目の公開日。
改めて聴いてみたら、
テンションが上がり過ぎたのか、
早口なってしまって、
何について話してるのか?
わかりにくい部分が多くあった。
その場の雰囲気に乗って喋るのは
悪くない。
でも、聴いている人に
自分の言いたいことが伝わらなかったら
元も子もない。
セッションした音源については、
よしきくんや、Goesonさんに協力して頂いたので
とても良い感じだった。
番組の編集も良い感じで、
番組が終わってから
すぐにオマケのセッション音源が始まる流れは
局長のアイディア。
しんちゃんの歌、いい!さすがだ!
たくさんの方に聴いて頂けますように!

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

みっち。の日々

7月25日
昨晩、何度も
送ろうか、送らないでよそうかって
送ったメールの返信があった。
ほっとしたような、
送った相手に申し訳ないような、
そんな気持ち。
時々、自分のことがわからない。
アタシは強いのだろうか?
アタシは臆病なんだろうか?
そして、いつも男のヒトの大きな優しさを
有り難く思ったり、
羨ましく思ったりする。

7月27日
窪美澄の本を読んでいる。
続けて三冊だ。
三冊目をもうすぐ読み終わってしまう。
さびしい。
今、読んでいる本は、
自分の心に空いた何かを埋めるために
オンナをひっかけて
ヤリまくっているオトコと、
オトコと一度付き合ったことがあるけど、
ヤッタことがないオンナの話だ。
結婚したことがないアタシが、
決めつけるのはへんだけど、
結婚まで到達するのは、
タイミングの積み重ねの結果だ。
好きでもそこまでいかないのは、
全てにおいて、
お互いのタイミングが合わなかっんだと思う。
そういうことを何回か経験したっけ…
さっき、読みかけの本を置いた時、
思い出した。

7月29日
ひぐらしストアの演奏会に行った。
やっとハルくんに会えた。
前までは、アタシの顔を見ると
「みっち。ーーー!!!」って
やって来てくれたけど、
大人になったのかな?
うれしそうにほほえんでくれたけど、
あの勢いがなくて
ちょっとさびしかった。
ハルくんの空想の楽譜たちは、
どれもステキで凄かった。
なんというか、
スケールが大きかった。
素晴らしい演奏をした清水兄弟以上の音が
譜面から聴こえていた。
ドン・チェリーのEternal Rhythmのような音だった。

7月31日
倉庫の片付け。
ソウルカッターが創ってくれた18年前の
ポスターを発見する。
きちんと保管してなかったけど、
色褪せてなかった。
そのポスターは、
お父さんが取っておいてくれたみたい。
午後、井野っちに会いに行く。
和久井さんと映像を撮影したり、
tsugumiとマグノリアの撮影をしたり、
お世話になった場所。
もうあの場所には行けないし、
井野っちも引っ越ししてしまう。
アタシは感傷的にならないように用心して、
明るく振舞って、
またね、バイバイと言ってきた。




| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ