« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2018年2月14日 (水)

みっち。の日々

2月8日

HONZIのことをよく知らなかったから、
HONZI LOVE CONNECTIONを
続けられたんだと思う。
「続けてくれてありがとう。」
と言ってくれる人もいるし、
「まだ続けてたんだ?」
と言う人もいるし、
「亡くなった人は早く休ませた方がいい。」と、言われたこともあった。

HONZIと一緒に一度だけライブしたことがある。
彼女の凛とした感じを思い出す。
優しい歌声を思い出す。
今はもうない、「月の庭」でのこと。

イベントを始めた当初は、
アタシは歌っていなかった。
熊坂義人くんとスパン子ちゃんの「福」が演奏する時、
踊ったり、パフォーマンスしたり、
白崎映美ちゃんが歌った時、
踊ったりした。
アタシ以外は、
ライブやレコーディングの経験がたくさんある方ばかりだった。
忙しいリクオさんに、
セッション用の譜面を作って頂いたり、
HONZIと仲が良かったミュージシャンの方に
連絡して頂いたりもした。
良原リエちゃん、欣ちゃんにも
連絡を取って頂いた。
HONZIのおかげで
会えない場所にいる方に会うことが出来た。
そのお一人がスズキコージさん。
第1回目のフライヤーの絵は、
スズキコージさんに描いて頂いた。
しかも、
「ガイコツの女の子がヴァイオリンを弾いている絵を描いて頂けませんか?」と
図々しくリクエストした。
そしたら、
「ああ…それいいね~。」って
すぐにラフを描いてくれた。
コージさんのアトリエは、メキシコのものがたくさんあって、
懐かしい気持ちになったっけ。

大雪で秩父から出られなくて、
主催者なのにイベントに参加出来なかった回もあった。
時々、あの惨めな気持ちを思い出す。
あの日の会場はキチムだった。
出演者のみなさんにも、
キチムの奈々さんにもご迷惑をかけた。

大阪でイベントをやったこともあった。
HONZIの音楽は、
会場のムジカジャポニカにとても良く合っていた。
弟とキリングフロアのライブに遊びに行った時、
「HONZIさんのイベントは大阪でやらないんですか?」と訊かれて
開催することにしたのだった。
この時、マルタニカズさんの前で、
ドキドキしながら、「DE LA SIESTA」を歌った。
HONZIもオリジナルとまったく違う雰囲気にして
「DE LA SIESTA」を演奏してたけど、
アタシはさらに違う雰囲気で演奏するので、
原作者のマルタニさんに怒られるかも…と
内心ハラハラだった。

何回目かの時、
ヨタロウさんに
「これからのHONZI LOVE CONNECTIONに必要な人が来るから!」
と言われて
終演後に紹介されたのがベチコだった。

…10回も続くといろんなことがある。

今日はこれから16日の方のリハーサル。
るつこちゃん、ベチコ、河村さん、大地くんと
初めて歌うHONZIの曲をやる。
そこに譲さんも加わる‼︎
楽しみだ。

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。