« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

2018年2月23日 (金)

みっち。の日々

2月11日
HONZI LOVE CONNECTIONと同じく
「春が来た!感謝祭‼︎」も10回目。
第一回目は、父もまだこちら側にいたのだ。
毎年元気なおばあちゃん達がやって来て
母が作ったお赤飯やお餅や、
すあまや、黄味しぐれを
たくさん買ってくれる。
そして、アタシが作る福引きを
楽しんで帰ってくれる。
しかし、今回は残念なことがあった。
ずっと来て頂いていたKさんが、
数日前に急に亡くなってしまったのだ。
Kさんはお赤飯を自分の家族の分と
お友達にプレゼントする分を
予約していたらしい。
…おばちゃん、
もう会えないんだね。

2月14日
13時から
RIKKIと富樫さんでリハーサル。
途中から太田さんが参加して
三人でリハーサルして頂いた。
16時にAlanも来て、
HONZIのお兄さんも来て、
みんなで、
「ガティーラ・ガータ」のリハーサル。
富樫さんのピアノ、ファンキー!
今までにない「ガティーラ・ガータ」‼︎
しかも、アタシが歌って、
RIKKIにコーラスして頂くなんて!!!
その後、「雨で洗われた丸い月」を
アタシ、Alan、太田さん、HONZIのお兄さんと。
HONZIのお兄さんの大輔さんは、
二曲共、アタシの隣りで
チェロを弾いていて、
その音が聴こえてくると、
初めて聴いたのに懐かしい気持ちというか、
心が和むというか、
とにかく、ありがとう。と思った。
大輔さんに会えてよかったし、
大輔さんと演奏出来てうれしかった。
HONZIはいろいろ経験させてくれる。

2月15日
あらかじめ、決まっていた編成も
イベントだけの特別な編成だったけど、
トップバッターのトモくんの時間から
想定外のことが次々と起きた。
出演して頂いた方のほとんどが
譜面がなくても
すぐに演奏出来る方ばかりだったので、
一人で演奏するはずの方が、
5人編成になったり、
3人編成のはずが4人編成になったり、
HONZIのイベントらしい夜になった。
アタシは、
Alanと熊谷太輔さんと三人で
「小人の行進」、「海老痛」、
「DE LA SIESTA」をやった。
その後、本地大輔さん、熊谷太輔さんと
「じゃれあい」を演奏した。
(ソワレさんも「じゃれあい」を歌った。
とても素敵だった。)
そして、Alanと太田さんにも入って頂いて
「雨で洗われた丸い月」を歌った。
何度も泣きそうになったけど、
なんとか大丈夫だった。
でも、本編の最後に、
本地大輔さんと大輔さんの奥様が
HONZIのために演奏されている時は、
ステージの横でたくさん泣いた。
悲しいとか淋しいとか…
そういうだけではなく
感謝の気持ちも含まれていた涙かもしれない。
アンコールに
「ガティーラ・ガータ」をみんなでやった。
終演後、HONZIのお母さんとお話しした。
楽しんで頂けたみたいでよかった。

2月16日
MANDA-LA2に到着すると
熊坂ファミリーがもうサウンドチェックをしていた。
ほうすけくんはカウンターのところで宿題をやっていた。
「HONZI LOVE CONNECTION」は
ほうすけくんの成長の記録でもある。
今日のメンバーももの凄かった。
アタシは、河村さん、譲さん、るっちゃん、
ベチコ、大地くんの編成で、
歌わせで頂いたりした。
「灰の記憶」もその編成で歌ったのだが、
みんなの集中感が凄くて、
アタシは歌いながら、
違う世界に一気に跳んだ。
今日の本編最後の「ザペファラ」は
特別な編成で演奏して頂いた。
Alan、るっちゃん、スパン子ちゃんの
アコーディオン三台に、
河村さんがギター、コントラバスは熊ちゃん、
ほうすけくんと大地くんでツインドラム、
ヴァイオリンは、もちろん、ベチコ!!!
圧巻のパフォーマンスだった!!!
今日はヨタロウさん、映美ちゃん、
Abuさん、葉子さんも参加して頂いて、
もの凄く熱い時間になった。
ホテルに戻ってもう数時間…
まだ頭も体も興奮している。
眠らないままで秩父に帰る?

|

« みっち。の日々 | トップページ | みっち。の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。